散歩

2020年9月20日 (日)

ようやく秋めいて

先日の台風10号、大丈夫でしたか?
うちは被害はありませんでしたが、長崎では場所によっては数日間停電になったところもありました。
とにかく今回は風の音がすごくて、ほとんど眠れませんでした💦
もう今年は大きな台風が来ないといいのですが…。

周辺の木々は、昨年に続き、広葉樹の葉は塩害で茶色くなって落ちてしまっているものが多数。
今年も綺麗な紅葉は望めそうにありません。
梅雨の長雨もあって、ベランダで長年楽しませてもらった鉢植えのラベンダーやゼラニウムが、いくつも枯れてしまいました😢
今年の夏は、植物にとっても過酷だったようです。

それでも先週あたりからこちらも、急に秋めいて来ました。
近所でも、彼岸花が咲き始めています。

Photo_20200920194501

毎年、気付くくとニョキニョキと土から顔を出し、あっという間に咲いているのが不思議です。
最近はいろいろな色の彼岸花を見かけますね。
こちらは↓白(というよりアイボリー?)のもの。

Photo_20200920194701

彼岸花というと赤のイメージですが、他の色もなかなか素敵です✨

猛暑だった夏も、ようやく重い腰を上げてくれたようで、ホッとしています。
異常気象に振り回されながらも、植物や生き物たちは、ちゃんと季節の営みを忘れていません。
気持ちの良い季節を、私達も精一杯楽しみたいですね🍁



| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

今年も合歓(ネム)の花

7月に入りました。
2020年も後半突入です。
今年は新型コロナウィルス流行で、春以降、普段のペースがすっかり狂ってしまい、あたふたしているうちに前半が飛び去って行った気がします💦
でも人類がどんなに右往左往していようとも、自然はおかまいなし。(当たり前ですが)
淡々と変化していくもの。
毎年、桜以上に私が楽しみにしている、合歓の花がうちの近所でも咲き始めました😊

Photo_20200629115001
ふうわりとしたピンク色の花を見ると、気持ちが和らぎます。
九州の山では合歓をよく見かけます。
暖かい気候を好む植物なのでしょうか。
とても愛着があるので、拙著『あやめさんのひみつの野原』にも登場させたくらいです。
今年も時間があればまたゆっくり眺めに行こうと思います。
気分が重くなりがちな梅雨時の、貴重な楽しみです。

Photo_20200629153001  

Photo_20200629153601

Photo_20200629115402

近所の池では水蓮も咲いています。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

6年間、そして5匹

今の住まいに越して来てから、6年が過ぎました。
新しい場所に引っ越す度に、私がまずすることは、歩いて行ける近所や、バスで通る道沿いの動植物チェックです。
犬、猫、亀、野鳥や昆虫をよく見かける場所や、好きな花が咲く場所等、出会う度に自分の頭の中の地図に書き込んでいきます。
普段は忘れっぽいくせに、そういうことは不思議と忘れません😅
とはいえ、外にいる猫や野生動物は自由に動き回るので、会えるかどうかは運次第💦
空振りもしょっちゅうです。
それに比べ、外飼いされている犬は、散歩などに出ていない限り確実に会えるので、前を通る度に確認するのが楽しい習慣になります。

ここに来た当初、私が確認できた外飼いの犬は5匹でした。
近所の庭やガレージに3匹、バスの窓から見かけるのが2匹🐶
勝手に眺めては、楽しんできました。
でもこの6年間で、1匹、また1匹と減っていき、とうとう先日、すべての犬を見かけなくなってしまいました。
最後までいたご近所のワンちゃんも、一昨日、前を通ったら犬小屋が片付けられていました。
最近はずっと具合が悪そうでしたし、一度だけ飼い主さんと立ち話をした時、「病気なんです」とは聞いていましたが…。
おとなしくて人懐こそうな白いワンちゃんでした。
どの犬とも、一度も触れ合ったこともなく、勝手に私が眺めていただけの関係。
それでも、いなくなると寂しさと不安が(どうしたんだろう?と)募ります。
もういないとわかっても、未だに、犬小屋があったあたりを確認してしまいます。
6年というのはあっという間でも、命ある者にとって(人間も含め)決して短い時間では無いのですね。
確かに、私のまわりでもこの6年、いろいろな変化がありました。
良くも悪くも、変わらないことは何一つ無いのだと、改めて思います。

最近は外で飼われている犬はめっきり減りました。
それは犬にとっては、きっと幸せなこと。
それでももし、これからも外で暮らすにワンちゃんがいたら、こっそり見守りたいと思います🐶

Photo_20200611173101

↑ これは、前に住んでいた家のそばにいたワンちゃんです。
今も元気にしているのかなあ…。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

「山のきもち」

   山のきもち

山はいたくないのかな
からだに穴をあけられて
山はくすぐったくないのかな
おなかの中を列車が走って

トンネルにはいると
わたしはいつも考える
山はなにもいわないけれど
山のきもちが知りたくて
わたしはいつも耳をすます

                 「小さな詩集」9号より
~~~✿~~~✿~~~✿~~~✿~~✿~~~✿~~

先週のこと、近所の高速道路開通イベントで、特別に道路が歩けるというので参加して来ました。

Photo 

ほとんどがトンネルの中でしたが、普段は歩ける場所では無いので、なかなか面白かったです。
高速や橋などが開通した時に、よく歩けるイベントがありますが、参加したのは今回が初めて。
歩きながら、「私は今、山のおなかの中を歩いているんだなあ…」と、何か不思議な気持ちがしました。

Photo_1

トンネルの奥を見た光景。

Photo_2

トンネルの入り口をふり返っての一枚。
やはり自然の光が見えると、ホッとします。

Photo_3

山の桜も咲いていました🌸

今週からは車が走っています。
山はどんな音を聞いているでしょうか。



| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

小さい春

買い物がてら、小さい春を探して、近所を歩いて来ました。

Photo_2

ビオトープにはもうスミレが一輪
ホトケノザも小さな花が。

Photo_3

菜の花にはもうミツバチがいました。働き者です。

Photo


Photo_2

沈丁花も香り始める頃ですね。

Photo_3

こちらはハルノノゲシ。

Photo_4

暖かな日和で、カモたちものんびり眠っていました。

誰に教えられなくても、ちゃんと時期が来れば咲く花たち。
渡る鳥たち。
自然の生き物たちを見ると、いつも感心します

大人になると「トキメキ」が減るために、時間が早く過ぎるように感じるとか。
「チコちゃんに叱られる」という番組で言っていました。
私も何かで、大人は初めてする体験が減るから、とも聞いた記憶があります。
でも、季節ごとに見かけるものも、実は前と全く同じものは、何一つありません。
ちょっとしたことでも、楽しめる、面白がる心を、いくつになっても持っていられたら、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

小さな秋

今年の夏は格別な暑さでしたね。
自然災害も相次ぎ、落ち着かない気持ちのする夏でもありました。
9月も後半になり、ようやく秋めいてきた九州です。

うちの近所でも、小さな秋をチラホラ見つけることができます。

久しぶりにペンギン水族館のビオトープに行くと、葛の花が咲いていました。
葛の花はいい香りなので、上の方に咲いていても、香りで気付きます。

Photo

18

ヒガンバナの赤は、いつも印象的。
ニラも秋に花を咲かせます。

Photo_2

Photo_3

柿の実も色づいて。

池のそばにいた赤いトンボ。

18_2

少しも逃げずに、写真を撮らせてくれました!

我が家のベランダのコナラのドングリは、今年は豊作です

Photo_4

ドングリも実りに表年と裏年があるとか。
自然の森も豊作だといいのですが…。

そしてこれは、おまけ

Photo_5

先日行った、島原のホテルの庭に放し飼いにされていたウサギ。
やっぱりウサギは可愛いです

ただ、完全放し飼いの為に、子ウサギなど生まれても、次々と天敵(ヘビやカラスなど)にやられてしまうのだとか…。
なので、現在はオスが2匹残っているのみ、とのことでした。
放し飼いにするにしても、もっと守る対策をしてもらえないものか、と思ってしまいました。
可愛かったけれど、複雑な気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

自然のパレット

先週、久しぶりに近所のビオトープを歩いて来ました。

Photo

柿も色づき、秋らしい風景。

コオロギも丸々と成長し、生を謳歌しているよう。

Photo_2

夜には、虫の音がさぞにぎやかなことでしょう

亀のいる池では、小さなクサガメが甲羅干しをしていました。
スイレンの葉と比べれば大きさがわかるかと。
かわゆいです(^^)

16

今年も、亀たちの姿を見るのは、あと少し。
元気に冬を越して欲しいものです。

ここで、目がさめるようなピンク色のトンボを発見!

Photo_3

なんとも綺麗な色に、思わずシャッターを切りまくりました。

Photo_4

水面に雲と太陽が映り、トンボも空にいるようです
ちなみに下の影は私の日傘です。
帰宅後、調べてみたら、ベニトンボの♂だとわかりました。
もともとは南方に棲息するトンボだったのが、近年どんどん北上中とのこと。
これもまた温暖化の影響でしょうか。
にしても、こんなに綺麗なトンボが見られて、ちょっと得した気分になりました。

ほんとうに、自然のパレットは無限の色を秘めていますね
そしてなんと繊細なこと!
やはり自然に勝る芸術家はいないと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

亀たちの夢は?

Photo

初冬のビオトープでは、水蓮の葉もちらほら紅く染まっていました。
静まり返った池の底では、亀たちが夢を見ていることでしょう。
どんな夢を見ているのかな?
春にはまた、元気な姿を見れたらいいな
身一つで厳しい冬を越す、野生の生き物はすごいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月31日 (火)

亀たちに再会!

週末、ビオトープに行ったら、亀たちが冬眠から目覚めていました。

Photo

Photo_3

↑ こちらは、スッポンとクサガメのツーショット

近くにいたスタッフに尋ねると、毎年、これくらいには姿を現すとのこと。
今年も、亀たちののーんびりした姿を楽しめそうです
気になるチビガメはまだ見かけないので、時々チェックに行こうと思います。

去年の秋、それまで使っていたデジカメの調子が悪くなったため、しまいこんでいた古いデジカメを引っ張り出して使っていたのですが、先日ついに新しいデジカメを買いました
今回は念願の20倍ズーム付き!
トリミングも簡単にできるので、鳥や虫の写真も更に撮りやすそうです。

さっそくスズメを撮影。
ズームで撮った画像を、さらにズームアップしてトリミングしました。

Photo_2

↓ こちらは、巣作り用の草をくわえたツバメ。

Photo_4

そして、ただいま満開の、桜

2015

Photo_6

もう、ツツジも咲き始めていました。

Photo

今は被写体に困らない時期ですね。

しばらくは歩く距離も増えそうです
これで体重も減ってくれればいいのですが…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

オタマ誕生!♪

ペンギン水族館のビオトープにも春が来ました!

ヒキガエルの卵がかえり、オタマジャクシが出現

Photo_6

桃の花も咲いています!

Photo_7

菜の花の黄の色は、胸の中まで明るく照らしてくれるよう。

Photo_8

新たに水族館にお目見えしたヒゲペンギン。
人懐こくて、そばにやって来てくれました。
目の後ろから喉を通る黒いスジ模様が特徴です。

Photo_9

Photo_10

新入りだからか、先住のジェンツーペンギンから、つつかれたり、追い回されたりしていました
早く落ち着いて過ごせるようになりますように

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧