2020年10月10日 (土)

あとぜき

    あとぜき

久しぶりに降り立った
ふるさとの駅
待合室の扉に貼られた紙には
『あとぜき!』の大きな文字

子どものころ
扉を閉め忘れると
「あとぜき せんね!」と
よく祖母に言われたものだ

古い家の引き戸の玄関
きしむふすま
猫の爪あとがついた障子
時には足で閉めて
叱られたこともあったり

たったひとことが
時間を巻き戻す
たったひとことで
想いが動き出す

『あとぜき』をして入った
小さな待合室は
私の胸の中のように
ほんのりと温かだった

※「あとぜき」゙… 熊本地方の方言。開けた扉を閉める事。

~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆

この「あとぜき」という言葉、熊本以外の方はご存知ないかと思います。
上の※にも書いたように、「開けた扉を閉めること」を一言で表現したなんとも効率の良い熊本弁です😊

詩に書いたのは、何年も前に実際に見た光景です。
九州新幹線が開通してから、新八代駅を使うようになり、八代駅とは疎遠になっていました。
久々に降りて、待合室でこの張り紙を見た時には、とても懐かしい気持ちがしました。
「そうそうそう! こう言ってた!」と思わずにんまり。
子どもの頃、よく注意されていたことまで、くっついて思い出され、祖母や母の声まで蘇りました。
方言というのは、そういう力もあるんですね。
そんなことを書きたくて、詩にしてみました。

今回、詩にするにあたって、「あとぜき」が本当に熊本地方だけで使われているのか(九州共通の方言もありますので)などネットで調べたり、他県出身の友人に尋ねてみたりしてみたのですが、やはり熊本特有のようです。
そして今でもけっこう、熊本県内の建物などには扉に「あとぜき」と書いた紙が貼ってあるみたいなのです。
他所から来た人は、きっと”きょとん?”としてしまうでしょうね😁
新しい駅舎になった八代駅に、去年行った時には、もう「あとぜき」の張り紙はありませんでした。
それはそれで、ちょっと残念です。

Photo_20201010161501
雲もすっかり秋らしくなりました。

Photo_20201010161601
アキノノゲシ💛 あちこちで咲いています。





| | | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

福岡へ行って来ました

もう先々週末のことになりますが、福岡で開催された、日本児童文芸家協会主催の「童話塾In九州」に参加して来ました。

東京から童心社副編集長の橋口氏と、児童文芸家協会理事長の山本氏が来られて講演があり、九州各地で児童文学を書いておられる多くの方が参加されました。
九州にいるとなかなか、出版社や作家の方とじかにお会いする機会がありません。
今回は貴重な機会となりました。

橋口氏は、なぜ自分が児童文学を書いているのか(なぜ大人向けの小説ではなく児童文学なのか)、ということを改めて問われました。
社会状況から目を背けず真摯に向き合いながら、今を生きる子どもたちの心に届く作品を、丁寧に紡いでいかねばと気持ちが引き締まる思いがしました。
山本氏のお話は、とても実践的で面白く、すぐに自分でも試してみたくなるようなものでした。
独自の視点を見つける工夫と、それを読者に共感されるものにしなければならない、という話には深く頷かされました。

普段は独りで、離れた場所でそれぞれ書いている、九州内の書き手の方々ともいろいろお話できて、とても前向きな刺激をもらえた時間でした。
ご尽力くださった実行委員会の皆様、ありがとうございました。

翌日は糸島に住む友人に会いに行き、前々から行きたかった手作りの猫グッズを販売されている「のび工房」さんへお邪魔しました。
薪ストーブの香りに包まれたお店の中には、楽しい猫の絵が描かれた小物やカード、ファイルなど、あれもこれも欲しくなります。
何匹も猫さんたちが姿を見せてくれるし、店主のお二人と(姉妹でされています)のお話も楽しくて、時間を忘れて長居してしまいました。
猫好きの方には特におすすめのお店です!(土日のみの営業ですのでご注意を!)

今年最後の旅となりましたが、創作への意欲も湧きましたし、友人と良い時間を過ごせたし、忘れられない二日間でした。

Photo_20191209080401

↑ のび工房さんにて。薪ストーブの前で寝ていた猫、がっちゃん🐱


| | | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

佐賀へ小旅行(維新博)

先日、佐賀へ1泊の小旅行をしてきました。
隣県ですが、佐賀市内をゆっくり観光したのは、今回が初めて。
現在、県内で開催中の、肥前さが幕末維新博覧会を観に行くのが第一目的でした。
高校時代に、幕末好きだった元歴女としては、やはり見逃せないイベントですので…

よく薩長土肥と言われますが、その中で肥前は他に比べて話題になることが少なく感じます。
私も、大隈重信、江藤新平などの名はすぐ思いつきますが、他にどんな人物がいたのかなど、知らないことだらけでした。
なので、今回、いろいろなことを知ることができて、とても刺激的な旅になりました!

特に印象に残ったのは、当時の領主、鍋島直正が充実させた教育。
弘道館という藩校で学んだ藩士の中から、多くの逸材が育っていました。
また、他藩からも優秀な人材を引き抜いたり、当時は最先端だった研究の奨励もしていて、文化的に進んだ藩だったのだと感心しました。

Photo_2

駅から続く大通りのそこここに、佐賀出身で活躍した人々のモニュメントがありました。

佐賀市は大空襲に遭わなかったということで、古い家も結構残っていて、城下町の趣も楽しめます。

Photo_3

二日目の午後には、佐賀県在住で、創作活動をしている友人に案内もしてもらい、とても良い時間を過ごすことができました。
旅も近場への1泊なら、気負わず気楽に行けますね。
また何かしら心のアンテナが反応したら、こんな感じの小旅行をしてみたいものです。

Photo_4

Photo_5

銀杏やもみじの黄葉、紅葉が見頃でした

Photo_6

お濠にはまだカメが!
暖かい日だったので、うっかり出て来たのでしょうか

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

一気に冬へ

11月後半から、眩暈に風邪と立て続けに体調を崩しました
急激な気温変化に身体がついていけなかったと思われます。
寒さで力が入ってしまったのか、肩こり、首こりも酷くて、眩暈の一因ではないかと自分では思っています。

そんな中、11月末には児童文学の勉強会で福岡へ、次の週には熊本へ帰省をして来ました。
体調をなだめながらの綱渡りのようでしたが、幸い悪化することなく、どちらでも楽しい時間を過ごすことができました。

博多駅の前はクリスマスのイルミネーションが華やか

Photo_3

かつて駅そばのビルで仕事をしていたのでなじみの場所ですが、博多駅内はすっかり変わってしまって、キョロキョロオタオタ状態でした

長崎駅に戻ると、こちらもすっかりクリスマスモード

17_2

しかし、年々、クリスマスの飾りつけが早くなっていますね。
なんだか急かされているようで、私はあまり早くなるのは好きではありませんが。

帰省では実家の猫たちとも2か月ぶりくらいに会いましたが、くろぶーは相変わらずの病院通い。
肝臓の数値異常が続いていて心配です。
しろぴーは、成長して人見知りが出て来たらしく、すっかり警戒されてしまいました

Photo_4

完全に、怪しい奴を見る目つきです トホホ。

猫も性格がそれぞれで、面白いですね。

我が家の猫らも、寒くなって来ると二匹の距離が近くなります。

Photo_5

気忙しくなる年末ですが、できるだけマイペースでまいりましょう。
皆さま、風邪にもご注意を

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

トーベ・ヤンソン展

偶然観たい美術展が続き、先月は北九州市で開催されていた「トーベ・ヤンソン展」にも行って来ました

Photo

↑写真は、トーベの島のアトリエを再現した部屋。

北九州在住の学生時代からの友人と一緒に見学できたのも、楽しかったです!

私にとっては、哲学書のような存在でもある、ムーミンシリーズの原画をじっくりと観ることができ、ただただ感激
あまりに興奮して熱く語ってしまい、同行の友人にはうるさかったかもしれません

前日は福岡市で、やはり学生時代からの友人と夕飯を食べ、いろんな話に花が咲き、時間を忘れて盛り上がりました。

東京、福岡と旅が続いた今年の前半は、私にとって忘れ難いものになりました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

動かない鳥

Photo


先日の東京行きでは、最終日に、弟と上野動物園を見学しました。
上野動物園に行くのは、高校の修学旅行の自由行動で、パンダを見て以来です。
写真は、“動かない鳥”で有名なハシビロコウ。
たしかに、じぃっとしていたので、写真を撮りやすかったです。
顔も何ともユニークで、印象的でした。

東京では、日本児童文学者協会の催しにも参加したので、「小さな詩集」のはたちさんや、今年の三越左千夫少年詩賞を受賞された西沢さん、15年ぶりくらいにお会いした作家さんらと、言葉を交わせて、とても刺激的な時間を過ごしました。

また、懐かしい友人とも会って、楽しい時間を共有でき、盛りだくさんの良い旅でした。
旅はいくつかの条件が整わないとできないものなので、できる時には思い切って行っておきたいなと、改めて思った次第です

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

鳥獣戯画展

もう先々月末のことになってしまいましたが…。
(月日の経つのが速くて愕然とします
東京国立博物館で開催されていた、「鳥獣戯画 高山寺の至宝展」を観て来ました。
昨年の秋に、京都で前期展示を観たので、今回は後期展示を見学。

Photo

Photo_8

Photo_9

高山寺の子犬像には、今回もじっくり対面できて、幸せでした

Photo_2

↑写真も撮れる、子犬像のレプリカがロビーに置いてありました!

人気の鳥獣戯画甲巻を観る列の異常な多さには驚きましたが、やはり動物の可愛さ、躍動感は際立っており、素晴らしかったです

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

今年もマイ雛

今日は桃の節句、雛祭りですね。
今年も、ささやかにマイ雛人形を飾りました。

15


ひとつひとつの高さが3cm弱の、小さなうさぎ雛セット。
ずいぶん前に買ったもので、お気に入りです
旧暦の桃の節句は、今年は4月21日ということですから、それまで飾っておこうと思います。

先日、久々にハウステンボスへ行きました。
寒い日でしたが、可愛らしいチューリップの姿に、気持ちも和みます

Photo

リニュアル後は初めて訪れましたが、前よりも賑わっていました。

Photo_2

近場ながら、旅気分を満喫することができました。

15

野の花も可憐さでは負けていません

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

京都へ

久しぶりの書き込みです

先日、京都国立博物館で開催中の「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展に行って来ました
美術作品の中でも、自然や生き物を表現したものが好きなのですが、鳥獣戯画の甲巻はうさぎ好きには、特にはずせません!
全巻修復後の初公開ということで、胸弾ませて出かけました。

Photo

開館時間の30分ほど前に着いたのですが、すでに歩道には長い列。
入場後も、鳥獣戯画の甲巻を観るのにはまた列に並ばねばならず、すごい人気ぶりでした。
伸びやかなタッチで描かれた、うさぎやかえる、猿達の活き活きとした姿はなんとも楽しくて、観ていても自然とこちらも顔がほころんできます。
描いた人が、生き物が好きで、心から楽しんで描いているのが、伝わってくるようでした。
甲巻を観る列に並んでいる間、見学している人たちを眺めていたのですが、どの人もみんな柔らかな良い表情になっていました

また、同時に展示されていた、高山寺所蔵の子犬像を観られたことも大きな収穫でした。
この子犬像、10数年前に何かで写真を観て以来、いつか実物を観てみたいと思い続けてきたものです。
実際に対面すると、いつまでも観ていたくなる愛らしさ
甲巻は立ち止まって観ることもできない混雑ぶりでしたが、こちらはゆっくりと心ゆくまで観ることができ、幸せなひとときでした。

高山寺の開祖である明恵上人は、動物を愛された方だと伝わっているとか。
そんな上人ゆかりのお寺だからこそ、鳥獣戯画や子犬像が、長い間大切に守られてきたことに納得です。

鳥獣戯画も子犬像も、作られてから800年という時を経ています。
それだけの長い時を越えても、なお多くの人の心を惹きつけるとは、なんと素敵なことでしょう。
目と心にたっぷり栄養をもらった、京都への旅でした







 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

伊藤遊さんに小学館児童出版文化賞!

このブログでも以前紹介しました伊藤遊さんが、『狛犬の佐助 迷子の巻』(ポプラ社)で、小学館児童出版文化賞を受賞されました!
http://cottonnoha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a683.html

14日の授賞式に私もご招待いただき、出席して来ました。

Photo

おめでとうございます

Photo_2

↑審査員もねじめ正一さんや角田光代さんなど、蒼々たる顔ぶれ。

神沢利子さんや角野栄子さんという、超ベテラン作家さんもいらっしゃっていて、私はただただ圧倒されてキョロキョロながめているばかり。(しっかりお料理は食べつつ
式の後のポプラ社さんとの食事会にもお誘いいただき、そこで伊藤さんとはたくさんお話しすることができました。
伊藤さんは、とても気さくで謙虚で楽しい方で、私も胸弾む貴重な時間を過ごすことができました。
出版された本が、1冊でも賞をもらえばすごいことなのに、それを何冊も…となるとほんの一握り。
これからまた、どんな伊藤ワールドと出会えるのか、ファンの一人としても楽しみにしています。

伊藤さんの『となりの蔵のつくも神』という本も、今年文庫化(ポプラ文庫)されています。
『狛犬の佐助』と同じく、絵は岡本順さん。こちらもとても楽しい本です。

となりの蔵のつくも神 (ポプラ文庫ピュアフル) となりの蔵のつくも神 (ポプラ文庫ピュアフル)
伊藤遊

ポプラ社 2013-07-05
売り上げランキング : 330381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | | コメント (4) | トラックバック (0)