2015年7月10日 (金)

トーベ・ヤンソン展

偶然観たい美術展が続き、先月は北九州市で開催されていた「トーベ・ヤンソン展」にも行って来ましたart

Photo

↑写真は、トーベの島のアトリエを再現した部屋。

北九州在住の学生時代からの友人と一緒に見学できたのも、楽しかったです!

私にとっては、哲学書のような存在でもある、ムーミンシリーズの原画をじっくりと観ることができ、ただただ感激shine
あまりに興奮して熱く語ってしまい、同行の友人にはうるさかったかもしれませんcoldsweats01

前日は福岡市で、やはり学生時代からの友人と夕飯を食べ、いろんな話に花が咲き、時間を忘れて盛り上がりました。

東京、福岡と旅が続いた今年の前半は、私にとって忘れ難いものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

動かない鳥

Photo


先日の東京行きでは、最終日に、弟と上野動物園を見学しました。
上野動物園に行くのは、高校の修学旅行の自由行動で、パンダを見て以来です。
写真は、“動かない鳥”で有名なハシビロコウ。
たしかに、じぃっとしていたので、写真を撮りやすかったです。
顔も何ともユニークで、印象的でした。

東京では、日本児童文学者協会の催しにも参加したので、「小さな詩集」のはたちさんや、今年の三越左千夫少年詩賞を受賞された西沢さん、15年ぶりくらいにお会いした作家さんらと、言葉を交わせて、とても刺激的な時間を過ごしました。

また、懐かしい友人とも会って、楽しい時間を共有でき、盛りだくさんの良い旅でした。
旅はいくつかの条件が整わないとできないものなので、できる時には思い切って行っておきたいなと、改めて思った次第ですairplane

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

鳥獣戯画展

もう先々月末のことになってしまいましたが…。
(月日の経つのが速くて愕然としますsweat01
東京国立博物館で開催されていた、「鳥獣戯画 高山寺の至宝展」を観て来ました。
昨年の秋に、京都で前期展示を観たので、今回は後期展示を見学。

Photo

Photo_8

Photo_9

高山寺の子犬像には、今回もじっくり対面できて、幸せでしたshine

Photo_2

↑写真も撮れる、子犬像のレプリカがロビーに置いてありました!

人気の鳥獣戯画甲巻を観る列の異常な多さには驚きましたが、やはり動物の可愛さ、躍動感は際立っており、素晴らしかったですdiamond

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

今年もマイ雛

今日は桃の節句、雛祭りですね。
今年も、ささやかにマイ雛人形を飾りました。

15


ひとつひとつの高さが3cm弱の、小さなうさぎ雛セット。
ずいぶん前に買ったもので、お気に入りですdiamond
旧暦の桃の節句は、今年は4月21日ということですから、それまで飾っておこうと思います。

先日、久々にハウステンボスへ行きました。
寒い日でしたが、可愛らしいチューリップの姿に、気持ちも和みますtulip

Photo

リニュアル後は初めて訪れましたが、前よりも賑わっていました。

Photo_2

近場ながら、旅気分を満喫することができました。

15

野の花も可憐さでは負けていませんcute

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

京都へ

久しぶりの書き込みですcoldsweats01

先日、京都国立博物館で開催中の「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展に行って来ましたbullettrain
美術作品の中でも、自然や生き物を表現したものが好きなのですが、鳥獣戯画の甲巻はうさぎ好きには、特にはずせません!
全巻修復後の初公開ということで、胸弾ませて出かけました。

Photo

開館時間の30分ほど前に着いたのですが、すでに歩道には長い列。
入場後も、鳥獣戯画の甲巻を観るのにはまた列に並ばねばならず、すごい人気ぶりでした。
伸びやかなタッチで描かれた、うさぎやかえる、猿達の活き活きとした姿はなんとも楽しくて、観ていても自然とこちらも顔がほころんできます。
描いた人が、生き物が好きで、心から楽しんで描いているのが、伝わってくるようでした。
甲巻を観る列に並んでいる間、見学している人たちを眺めていたのですが、どの人もみんな柔らかな良い表情になっていましたshine

また、同時に展示されていた、高山寺所蔵の子犬像を観られたことも大きな収穫でした。
この子犬像、10数年前に何かで写真を観て以来、いつか実物を観てみたいと思い続けてきたものです。
実際に対面すると、いつまでも観ていたくなる愛らしさcute
甲巻は立ち止まって観ることもできない混雑ぶりでしたが、こちらはゆっくりと心ゆくまで観ることができ、幸せなひとときでした。

高山寺の開祖である明恵上人は、動物を愛された方だと伝わっているとか。
そんな上人ゆかりのお寺だからこそ、鳥獣戯画や子犬像が、長い間大切に守られてきたことに納得です。

鳥獣戯画も子犬像も、作られてから800年という時を経ています。
それだけの長い時を越えても、なお多くの人の心を惹きつけるとは、なんと素敵なことでしょう。
目と心にたっぷり栄養をもらった、京都への旅でしたmaple







 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

伊藤遊さんに小学館児童出版文化賞!

このブログでも以前紹介しました伊藤遊さんが、『狛犬の佐助 迷子の巻』(ポプラ社)で、小学館児童出版文化賞を受賞されました!
http://cottonnoha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a683.html

14日の授賞式に私もご招待いただき、出席して来ました。

Photo

おめでとうございますshine

Photo_2

↑審査員もねじめ正一さんや角田光代さんなど、蒼々たる顔ぶれ。

神沢利子さんや角野栄子さんという、超ベテラン作家さんもいらっしゃっていて、私はただただ圧倒されてキョロキョロながめているばかり。(しっかりお料理は食べつつrestaurant
式の後のポプラ社さんとの食事会にもお誘いいただき、そこで伊藤さんとはたくさんお話しすることができました。
伊藤さんは、とても気さくで謙虚で楽しい方で、私も胸弾む貴重な時間を過ごすことができました。
出版された本が、1冊でも賞をもらえばすごいことなのに、それを何冊も…となるとほんの一握り。
これからまた、どんな伊藤ワールドと出会えるのか、ファンの一人としても楽しみにしています。

伊藤さんの『となりの蔵のつくも神』という本も、今年文庫化(ポプラ文庫)されています。
『狛犬の佐助』と同じく、絵は岡本順さん。こちらもとても楽しい本です。

となりの蔵のつくも神 (ポプラ文庫ピュアフル) となりの蔵のつくも神 (ポプラ文庫ピュアフル)
伊藤遊

ポプラ社 2013-07-05
売り上げランキング : 330381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

「ボイスポエム 朗ら朗ら」

先月27日に、東京・池袋で催された“「ボイスポエム 朗ら朗ら」を楽しむ会”に参加して来ましたbook
朗読文化研究会が発行している機関誌「朗ら朗ら」に掲載された詩、20編をまとめた「ボイスポエム 朗ら朗ら」を、会のメンバーのみなさんと一緒に朗読するという催しです。
ちょうど台風28号が関東に最接近する日の移動で、行けるかどうかギリギリまで気を揉みましたが、無事出発airplane

現地では、詩誌「小さな詩集」のお仲間はじめ、何人もの詩人の方々とお会いして、とても楽しい時間を過ごすことができました。
会場全体が温かくて和やかな雰囲気に包まれた、素敵な会でした。
声に出して詩を読むのも、いいものだなあとしみじみ感じましたshine

Photo

 ↑ 会場入り口には可愛い看板がありましたapple

東京在住の友人に会ったり、上野の国立科学博物館で「大恐竜展」、東京都美術館で「ターナー展」を鑑賞したりも。

Photo_2

 ↑ やはり本物は迫力です! テンション上がりましたhappy01

Photo_3

 ↑ 一日30食限定のパンダプレート。

最近は泊りがけで出かけるといえば、母の世話をする為の帰省ばかりだったので、久々に気持ちもリフレッシュできる、良い旅となりましたmaple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

小さな旅

先週のことになりますが、1泊で伊王島へ行って来ました。
長崎港から船に乗ってわずか20分ship
夕方に家を出発して、対岸の店で夕飯を食べ、それから船に乗り午後8時前に宿にチェックイン。
満月fullmoonを眺めながらお風呂に入って、あとはの~んびり。
翌朝は、午前4時半過ぎには目が覚めてしまいましたが、おかげで、綺麗な朝焼けと日の出を見ることができましたsun

Photo

夜明け前。手前の木はオリーブです。伊王島はオリーブで島おこしをしています。

Photo_2

部屋の窓から見る朝焼け。やしの木の右上には金星がdiamond

Photo_3

長崎市の向こうから日が昇りました。輝く海が神々しかったですshine
まるで田中一村の絵のような光景art
やはり早起きはいいものです。

その後は朝食を食べ、午前10時前の船に乗って島を発ち、11時前には帰宅するという、本当に泊まりに行っただけの「小さな旅」となりました。
それでも、十分のんびりできて、よい気分転換になりましたsnail
伊王島は昨年、橋でつながりましたが、やはり船で行った方が旅気分は味わうことができると思いますshipwave

Photo_4

海の中にあった守り神(?)

Photo_5

島で見かけた猫cat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

うさぎカフェ♪

さて、今回の上京は、感想画コンクール表彰式参加がメインの目的で、仕事の打ち合わせなどもあり、あちこちには行けませんでしたが、唯一、絶対行きたい!と思っていた場所には行って来ましたscissors
原宿にある、うさぎカフェ、Ra.a.g.f ですhappy01
http://raagf.com/shop/harajuku/

表参道からちょっと入った場所にあります。

Photo

  up 可愛い看板が目印eye

中に入ると、10畳ほどの、テーブルと座布団が置かれたスペースで、2匹のうさぎが元気に跳ね回っていました。

Photo_2

Photo_3

元気あり過ぎて、写真を撮るのも一苦労coldsweats01
しばらくすると、うさぎスタッフ交替recycle
うさぎ達が疲れないように、マメに交替させているのだと思います。

次に登場したのは、生後2ヶ月のロップイヤーの子うさぎ。
めちゃめちゃラブリーheart04

Photo_4

まだ耳は立っていますが、大きくなると耳が垂れる種類です。
でもたまに片耳が垂れている時もcute

Photo_4

可愛すぎるsign03diamond

Photo_5

一緒に登場した黒うさぎ。
かつてうちにいたラビを思い出して、ほろっとなりました。
 up うさぎ達にモテモテで大満足中clover

Photo_5

 up 待機中のうさぎスタッフ達

こちらでは、相性が良くて気に入ったうさぎがいれば、購入も可能とのこと。
みんな、よい家族とめぐり合えますようにconfident

久しぶりにうさぎと触れ合えて、楽しいひとときを過ごしました。
また行きたいなnote

前日には、猫カフェも初体験。

Photo_6

こちらもまったりできて楽しかったですcat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

読書感想画コンクール

先週の22日~24日で、久しぶりに東京へ行って来ましたairplane
というのも、24日に読書感想画コンクールの受賞者表彰式が、東京の如水会館という所で開催されたからです。
そこで、私の著書『七草小屋のふしぎな写真集』の感想画を描いてくれた、仙台市の小学5年生の女の子の絵が優良賞に入選したのですshine
指定図書になっていたわけではなく、自由課題での受賞。
それは、あまたある本の中から選んで描いてくれたということで、すごく嬉しいことです。
著者へも授賞式に招待状が届きますmail
受賞者も仙台から来るとのことでしたし、挿絵を描いてくださった画家の菊池恭子さんにも久々にお会いできるということで、いそいそと出かけて行きましたhappy01

厳かななかにも温かみのある表彰式が終わったあとは、立食のパーティがあり、そこで初めて入選作を見ることができましたart

Photo

会場の明かりが反射していて、イマイチの写りですが…sweat01
『七草小屋のふしぎな写真集』のなかの、第4章・たなばた音楽会のシーンを描いてくれていましたnight
絵の題名は「愛と希望のメッセージ」!!
色使いがとっても綺麗で、雰囲気もあり、ほんとうに素敵な絵でした。
高山植物もちゃんと調べて、ひとつひとつ丁寧に描いてくれていて、菊池さんと一緒に、ただただ感激diamond
受賞した女の子も、利発そうな可愛い子でした。
仙台市内のその子の通う学校は、地震で大きく傷み、現在は仮住まいのプレハブ校舎とか。
いろんな想いをしたなかで、この本を選び、描いてくれたことを思うと、著者としてはありがたく、そして嬉しいばかりです。
おかげで、私も貴重で素晴らしい体験をさせてもらった日でありました。

その後、編集者さんと菊池さんと3人で近くの北の丸公園を少しだけぶらぶらshoe

Photo_2

大きな木がたくさんあって、気持ちの良い公園でした。

Photo_3

隣接して建つ科学技術館。壁の穴が星型なのに注目!eye

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | 宇宙 | 平和 | 散歩 | | 物語 | | 生き物 | 絵画 | 自然 | | 読書