自然

2017年4月22日 (土)

いのち いきいき

去年、ベランダに実ったドングリが、芽を出しましたbud

Photo

↑ 先月末、私が帰省直前の様子です。
ドングリ(コナラ)の芽って、赤いのですねapple
その後、10日間近く家を空けていたので、心配していましたが、なんとか無事に成長中。

Photo_2

ちょっとヒョロヒョロしていますが、葉っぱも広がってきました。
葉っぱが広がると、小さくても樹らしくなってきます🌳

昨年実った二個のドングリのうちのもうひとつも、先週ようやく芽を出しました。
こちらはもう芽は出ないかな…と思っていましたが、なんとか頑張ってくれました。

先週、近所の楓の樹で、初めてコゲラを見ました!

Photo_4

日本では一番小型のキツツキとのことです。
可愛いですね~。

Photo_5

わかりにくいですが、コゲラがいる幹の反対側に丸い穴があります。
もしかしたら、巣穴かもしれません。
野生の生き物たちが懸命に生きている姿を見ると、励まされる思いがします。

……と、書いたのは1週間前のこと…。

ところが、残念なことに、昨日、同じ場所を通ったら、なんとその樹が半分ほどの高さに伐られてしまっていました。
コゲラの巣らしき穴があった部分も、無くなっていました。
これから通るたびに確認するのを楽しみにしていたのに…sweat02
あのコゲラはどうしたでしょうか…。
とても残念でたまりません。
でも野生動物はたくましいので、きっと別な場所に新たな棲家を見つけているだろうと思っています。
これからもコゲラの姿を探してみるつもりです。

生き抜いていくことは、どの生き物も大変ですね。
厳しくとも、動物も植物も、活き活きといのちを輝かせていますdiamond

Photo_6

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

スミレが咲いた♪

ベランダのスミレが、ようやく咲きました!cute

Photo

わずか3輪ですが、なんだかとても嬉しいです。
他の株も、これから花を咲かせてくれることを願います。

今回の帰省で、またスミレの株を持ち帰って来ました。

Photo_2

手前のとがった葉っぱは、ニワゼキショウかな?と追加したもの。
ベランダで、ささやなか自分用野原を楽しめれば、と思います。

実家の近くでは、レンゲと菜の花も咲いていました。

Photo_3

Photo_4

どちらも出会うと、懐かしさと童心を呼び起こしてくれる花ですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

春の青

昨年、実家の庭から持って来て、植木鉢に移植したスミレが、やっとつぼみをつけました!
咲くのを今か今かと待っているところです。
ちょうど帰省中に咲かないといいのですが…coldsweats01

Photo

ベランダでは、ラベンダーの花も咲いています。

Photo_2

近所にはオオイヌノフグリも。

Photo_3

春は青系の花が似合いますねcute
見ると清々しい気持ちになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

実家のスミレとどんぐりと

先月の帰省の折に、実家の庭からスミレの株と紫陽花の枝をいくつか持ち帰りました。
ベランダで育てられないかと考えたのです。

紫陽花は挿し木に、スミレは三株を植木鉢に移植しました。
今のところ、紫陽花は根が出て来る気配はありませんが、スミレの方は、一株はしっかり根付いたようで、新しい葉っぱを次々と出しています。

Photo

もう一株もなんとか根付きそうですが、一株は枯れてしまいましたsweat02
実家の庭では、秋にもスミレがよく咲くので、長崎でも咲いてくれることを期待して毎日様子を見ていますcute
いずれは実家の庭とも別れる日が来ますので、せめて愛着のあるスミレ、紫陽花、ニワゼキショウ、そしてニラは、少しだけでもベランダで育てられないかと思っています。(ニラは実用も兼ねてhappy01
スミレが一株あるだけで、なんだか実家の庭が近くに来たような気がしますshine

今日は先日植木鉢に植えた(埋めた?)ドングリの土を入れ替えようと(どうも保水力がいまいちの気がしたので)掘ってみたら、もうどちらも根を伸ばし始めていました。
それでも一鉢は土を替えましたが、なんだかかえって悪いことをしたような気がしたので、もう片方はそのままにしておくことにしました。
今回、掘ってみてわかったのは、ドングリって土の中で、先っぽのとがった方から根を出すんですね!
冬の間にしっかり根を伸ばして、春に芽を出してくれるのが楽しみですbud

その日によって、気温差が激しいですね。
体調に気を付けつつ、晩秋を楽しんでいきましょう。

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

ドングリ収穫♪

先日、ベランダのコナラのドングリを2個、収穫しましたhappy01

16

16_2

久々のベランダ産ドングリが嬉しくて、植えてみることにしました。
さて、来年の春、無事に芽が出て来るでしょうか?

ドングリ時間はゆっくりです。
焦らず、楽しみに待ちたいと思いますbud

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

海のいのち

  海のいのち

クジラもマグロも
海に生きるすべてのもの
かれらは「資源」などではない
「いのち」だ
いつから人は
「いのち」を「資源」と
呼ぶようになったのか
まるで自分たちのために
存在するもののように

その言葉を聞くたびに
いつも胸がざわつく
行き過ぎた欲とごう慢の果てには
何が待っているのか

いつの日か人類が
この星からそっぽを向かれても
文句は言えまい
せめて他の生きものまで
道連れになりませんように

クジラもマグロも
海に生きるすべてのものは
「資源」などではない
かれらはまぎれもない
「いのち」だ

                    「小さな詩集」15号より

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°

以前から「海洋資源」という言葉に、違和感を抱いてきました。
命あるものを「資源」と表現することが、どうにも気持ち悪くて…。

先月のNHKのEテレ「100分de名著」では、熊本の作家 石牟礼道子さんの『苦海浄土』を取り上げていました。
水俣の漁師さんたちは、漁で得る海の生きものたちを「のさり」(授かりもの)と呼んでいたそうです。
この「のさり」の気持ちを失った人類の驕りが、今もなお、さまざまな問題を引き起こしている気がします。

どんなに文明が進もうとも、人間も地球に生かされている一生命であるという気持ちを、忘れないようにしたいと思っています。

Photo

ペンギン水族館にいたウミガメ。(期間限定でした)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

自然のパレット

先週、久しぶりに近所のビオトープを歩いて来ました。

Photo

柿も色づき、秋らしい風景。

コオロギも丸々と成長し、生を謳歌しているよう。

Photo_2

夜には、虫の音がさぞにぎやかなことでしょうnote

亀のいる池では、小さなクサガメが甲羅干しをしていました。
スイレンの葉と比べれば大きさがわかるかと。
かわゆいです(^^)

16

今年も、亀たちの姿を見るのは、あと少し。
元気に冬を越して欲しいものです。

ここで、目がさめるようなピンク色のトンボを発見!

Photo_3

なんとも綺麗な色に、思わずシャッターを切りまくりました。

Photo_4

水面に雲と太陽が映り、トンボも空にいるようですshine
ちなみに下の影は私の日傘です。
帰宅後、調べてみたら、ベニトンボの♂だとわかりました。
もともとは南方に棲息するトンボだったのが、近年どんどん北上中とのこと。
これもまた温暖化の影響でしょうか。
にしても、こんなに綺麗なトンボが見られて、ちょっと得した気分になりました。

ほんとうに、自然のパレットは無限の色を秘めていますねart
そしてなんと繊細なこと!
やはり自然に勝る芸術家はいないと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

ドングリその後

今年、久々に実ったベランダのコナラの実。
結局、育ちきったのは2個だけですが、立派になりましたgood

16

16_2

どちらも丸々としています。
あとは茶色になれば、一人前(?)のどんぐりです!

このコナラも、福岡から一緒に越して来た我が家の一員です。
うさぎのラビも猫の楓も先立ってしまいましたが、このコナラともう一鉢、金のなる木(ネーミングがすごいですねsweat01)が、今も残る福岡組です。
コナラは、もし森の中に生えていれば、私の寿命などもはるかに超えて生きるはず。
やはり地球上の生物では、植物が一番強いですねbud

窮屈な鉢植えですが、できる限りに共に過ごしていければと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

どんぐり成長中

我が家の鉢植えのコナラ、今年も実をつけました。
昨年は結局育ちきれませんでしたが、今年はすくすくと成長中ですbud

Photo

↑ 少し前にはこんな感じ。

Photo

↑ 最近、緑色の実が見えて来ました。
 これがどんどん成長して、ご存知のどんぐりの形になりますgood

久々にベランダで実ったどんぐり。
ほんの2,3個ですが、それでも秋が楽しみです。

今日は立ち寄ったコンビニの床に、カブトムシ(♀)を見つけて保護。
すでに商品も手にしていたので、暴れるカブトムシを片手に握りしめたままレジで清算するという、挙動不審な怪しい女になってしまいましたcoldsweats01
その後、帰り道にある林の樹に逃がしました。

Photo_2

カブトムシもあまりの暑さに、コンビニを訪ねたのかな??
生き物たちとの一期一会に励まされながら、日々を過ごしていますdiamond

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

ウシガエル

先日の帰省で、久々にウシガエルの声を聞きましたtaurus
中学の頃、母校横の堀にウシガエルがいたので、よく聞いていた低くてお腹に響く、懐かしい声です。
近寄って見ると、カエルも発見!

Photo

帰省時はいつも、実家や母のホーム、買い出しと…、歩けるところには歩いて行くし、草刈りもするしで、特に夏場はヘトヘトになります。
でも、生き物を見かけると、一瞬疲れも吹き飛びます。
つくづく、生き物好きで得した~、と思える瞬間でもあります。

ところで、ウシガエルって、びっくりして逃げる時、「キャッ」と高い声(悲鳴?)を上げるのご存知ですか?
私は今回、初めて知りました。
何匹もひと声鳴いて、逃げていきました(ウシガエルには私はさぞや迷惑者だったことでしょうcoldsweats01)。
なかなか可愛い声でした。

今回は、シロテンハナムグリ(多分)も歩道で見つけて、近くの木につかまらせたりもしました。

Photo_2

緑銅色の中に、白い星が散りばめられた背中が綺麗です。

九州から東海地方は、今日、梅雨明けしましたね。
これから暑さ本番。
体調に気を付けながら、今年の夏を過ごしていきましょうsports

club 水路から響くバリトン牛蛙 club

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | 俳句 | 宇宙 | 平和 | 散歩 | | 映画 | 物語 | | 生き物 | 絵画 | 自然 | | 読書