« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月25日 (日)

ずっと傍らに本を

先日、近所のブックオフのレジで、高齢の男性が私の後ろに並ばれました。
ずい分ご高齢に見えましたが、嬉しそうに本を買っておられるお姿を見て、「私もいくつになっても読書を楽んでいたいな」としみじみ思いました。
そんなことを考えながら店の外へ出たとたん、ふと今の母のことが頭に浮かんできて、気付けば泣きながら歩いていました。
認知症にならなければ、きっと母も、今でも読書を楽しんでいたはずでした。

母はいつも本を傍らに置いていた印象があります。
母の部屋には大きな書棚もあったし、いつもそこここに本が置いてありました。(片付け下手、ということもありますが😅)
ベッドの枕元にも書見台を取り付けていて、夜は本を読みながら、そのまま寝入ってしまうことも度々でした。
何度私が、呆れて電気を消したことでしょう。
それもまた、今では懐かしい思い出です。

大好きだった読書も、生きがいだった短歌も、認知症が母から奪ってしまいました。
それを考えると、いつもやりきれない気持ちになります。
そして母を見るにつれ、自分も年を取ったら同じようになるのではないか、という不安に苛まれます。
できれば最期まで、読書を楽しめる健康状態であれればと願います。
これからますます深くなっていくだろう孤独とうまく付き合う為にも、私には本という伴侶が必要だと。
ずっと本を傍らに、生きていければと思っています📖

Photo_20201021220901

最近読んだ本と今読んでいる本、そしてこれから読む本📚
積ん読中の本もまだたくさんあります。
それをただ眺めるのも楽しかったりして…😊

Photo_20201021221001

ゆずが近ごろお気に入りの場所。
本棚の前の猫ベッドです🐱





| | | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

あとぜき

    あとぜき

久しぶりに降り立った
ふるさとの駅
待合室の扉に貼られた紙には
『あとぜき!』の大きな文字

子どものころ
扉を閉め忘れると
「あとぜき せんね!」と
よく祖母に言われたものだ

古い家の引き戸の玄関
きしむふすま
猫の爪あとがついた障子
時には足で閉めて
叱られたこともあったり

たったひとことが
時間を巻き戻す
たったひとことで
想いが動き出す

『あとぜき』をして入った
小さな待合室は
私の胸の中のように
ほんのりと温かだった

※「あとぜき」゙… 熊本地方の方言。開けた扉を閉める事。

~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆

この「あとぜき」という言葉、熊本以外の方はご存知ないかと思います。
上の※にも書いたように、「開けた扉を閉めること」を一言で表現したなんとも効率の良い熊本弁です😊

詩に書いたのは、何年も前に実際に見た光景です。
九州新幹線が開通してから、新八代駅を使うようになり、八代駅とは疎遠になっていました。
久々に降りて、待合室でこの張り紙を見た時には、とても懐かしい気持ちがしました。
「そうそうそう! こう言ってた!」と思わずにんまり。
子どもの頃、よく注意されていたことまで、くっついて思い出され、祖母や母の声まで蘇りました。
方言というのは、そういう力もあるんですね。
そんなことを書きたくて、詩にしてみました。

今回、詩にするにあたって、「あとぜき」が本当に熊本地方だけで使われているのか(九州共通の方言もありますので)などネットで調べたり、他県出身の友人に尋ねてみたりしてみたのですが、やはり熊本特有のようです。
そして今でもけっこう、熊本県内の建物などには扉に「あとぜき」と書いた紙が貼ってあるみたいなのです。
他所から来た人は、きっと”きょとん?”としてしまうでしょうね😁
新しい駅舎になった八代駅に、去年行った時には、もう「あとぜき」の張り紙はありませんでした。
それはそれで、ちょっと残念です。

Photo_20201010161501
雲もすっかり秋らしくなりました。

Photo_20201010161601
アキノノゲシ💛 あちこちで咲いています。





| | | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

やまね工房

やまね工房という、ぬいぐるみ工房がありました。
日本に棲むの野生動物のぬいぐるみを、丁寧に手作りし、販売していたところです。

私は子どもの頃からの、ぬいぐるみ好きです。
ぬいぐるみが好きな理由は人それぞれでしょうが、私の場合は動物好きの延長にあります。
なので、実際の動物らしさが、どこかしら残るものの方が好きです。
やまね工房さんのぬいぐるみは、適度にリアルで、可愛らしさも感じ、まさに私好みでした😊
かつては東急ハンズはじめ、上高地のビジターセンターなどでも買うことができました。
九州に戻ってからは、ネット通販でも何度か買ったことがあります。

そのやまね工房さんが、3年前に生産終了となり、残った在庫を直営店や、ネットで細々と販売するようになっていました。
そして今年の8月、ネット通販も、遂に終了しました。
とても残念です。
愛情を持って丁寧に物づくりをしているところが残っていける、そんな世の中になって欲しいと思います。

我が家のやまね工房のぬいぐるみ達。
これからも大切にしていきます。

Photo_20201002142401

前列左から、エゾナキウサギ、ヤマネ(信州)、エゾナキウサギ、エゾモモンガ。
後列はノウサギの子、ニホンリスの子、カヤネズミです💗
こうして見ると、げっ歯類ばっかり😅




 

| | | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »