« ふるさとの川 | トップページ | 蜂の観察 »

2020年7月23日 (木)

西沢杏子詩集『なんじゃらもんじゃら ともだち』

詩人、児童文学作家の西沢杏子さんが新しい詩集『なんじゃらもんじゃら ともだち』(てらいんく刊)を上梓されました📖
現代詩でも活躍されている著者の、今回は、初の小学生グレードの詩集とのこと。
楽しくて、想像力を刺激される詩が33編収録されています。
ちょこちょこ虫が登場するのも、こよなく虫を愛する著者ならではです🐜
あとがきも、「ミラクル・フルーツ」という詩になっていて、最後まで楽しむことができました。
この詩の「ミラクルが口いっぱいから/胸いっぱいにひろがる/魔法のことばを さがしつづける!」という言葉が力強く心に残ります。

中でも特に私が好きだった詩をひとつご紹介。

   海のにおい

世界を旅する 海
海のにおいは 世界のにおい
世界の なかで
わたしは およぐ

地球を旅する 海
海のにおいは 地球のにおい
地球の うえに
わたしは うかぶ

青空を旅する 海
海のにおいは 空のにおい
空の はてまで
わたしは もぐる

Photo_20200723083801

|

« ふるさとの川 | トップページ | 蜂の観察 »

」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふるさとの川 | トップページ | 蜂の観察 »