« 白根厚子詩集『母のすりばち』 | トップページ | 今年も合歓(ネム)の花 »

2020年6月25日 (木)

赤い首輪

   赤い首輪

顔見知りの野良猫

きょう 道で会ったら
赤い首輪をはめていた

ぼさぼさだった毛並みも
つやが出たみたい
顔つきも
柔らかくなって

「おうちができたんだね」
声をかけたら
「ナーン」
返事した

赤い首輪の鈴も
チリリと鳴った

               「こっとんノート」より

Photo_20200624202301

~ ✿ ~ ✿ ~ ✿ ~ ✿ ~ ✿ ~ ✿ ~ ✿ ~ ✿

子どもの頃、実家で飼っていたチビという雄猫が、半年間、いなくなっていたことがあります。
諦めた頃に戻って来た時、びっくりしたのは、顔つきがすっかり険しくなっていたことでした。
薄汚れているのはもちろん、なんとも言えない迫力ある顔をしていたことを覚えています。
外暮らしをしていた半年間の厳しい日々を想像させるものでした。
それが、家に戻って過ごすうちに、みるみる元の顔つきに戻っていきました。
チビにとって、我が家は安心して過ごせる大切な場所だったのですね。

上記の詩、「赤い首輪」は実家の猫、黒猫のくろぶーがモデルです。
くろぶーも元はふらりと現れた野良猫。
道行く人に愛嬌を振りまいて、ごはんをもらって生きて来たようです。
去勢手術はされていたので、どこかの飼い猫だったとも思われます。
その後大怪我をしたこともあり、完全部屋飼いになり、今では毛並みもつやつや、ふかふか。
元気に過ごしています。

野良猫の生活は過酷です。
飼い猫の平均寿命が15年と言われるなか、野良猫は3~5年とも。
今は子猫が産まれる時期でもあり、各地で子猫が保護されているようです。
一匹でも多く、良き飼い主と巡り合って、幸せな一生を過ごして欲しいと思っています🐱

Photo_20200624202401 


 

|

« 白根厚子詩集『母のすりばち』 | トップページ | 今年も合歓(ネム)の花 »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白根厚子詩集『母のすりばち』 | トップページ | 今年も合歓(ネム)の花 »