« 2019年11月 | トップページ | 2020年6月 »

2019年12月

2019年12月17日 (火)

ねこ新聞

月刊で発行されている「ねこ新聞」という新聞があります🐱
”富国強猫”(猫がゆったりと眠りながら暮らせる国は心が富む国)の思いのもとに、猫に関する詩やエッセイ、絵などが満載の、猫好きさんは思わず手に取りたくなる小さな新聞です。
一昨年前くらいから購読しているのですが、この度、12月号に私の詩を2編と絵を掲載していただきました。
詩集『宇宙のすみっこ』に収録されている詩、「やさしい音」「猫との関係」です。
パステル画も一緒に掲載されています。

物を書いておられて猫好きな方は多いので、この新聞には著名な方もたくさん寄稿されています。
今、連載されている方にはエッセイストの青木奈緒さんや作家で目医者の寒川猫持さん等。
他にも、今号には高田敏子さんの猫の詩、関川夏央さんのエッセイ等、猫に関する文章や絵、写真が満載です。
猫がお好きな方には、特におすすめの新聞です👍
気になった方は、チェックされてみて下さいね~。
       ↓
http://www.nekoshinbun.com/

Photo_20191217105401
我が家のゆず🐱
室内で傘を干していると、かならずやって来ます😊

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

福岡へ行って来ました

もう先々週末のことになりますが、福岡で開催された、日本児童文芸家協会主催の「童話塾In九州」に参加して来ました。

東京から童心社副編集長の橋口氏と、児童文芸家協会理事長の山本氏が来られて講演があり、九州各地で児童文学を書いておられる多くの方が参加されました。
九州にいるとなかなか、出版社や作家の方とじかにお会いする機会がありません。
今回は貴重な機会となりました。

橋口氏は、なぜ自分が児童文学を書いているのか(なぜ大人向けの小説ではなく児童文学なのか)、ということを改めて問われました。
社会状況から目を背けず真摯に向き合いながら、今を生きる子どもたちの心に届く作品を、丁寧に紡いでいかねばと気持ちが引き締まる思いがしました。
山本氏のお話は、とても実践的で面白く、すぐに自分でも試してみたくなるようなものでした。
独自の視点を見つける工夫と、それを読者に共感されるものにしなければならない、という話には深く頷かされました。

普段は独りで、離れた場所でそれぞれ書いている、九州内の書き手の方々ともいろいろお話できて、とても前向きな刺激をもらえた時間でした。
ご尽力くださった実行委員会の皆様、ありがとうございました。

翌日は糸島に住む友人に会いに行き、前々から行きたかった手作りの猫グッズを販売されている「のび工房」さんへお邪魔しました。
薪ストーブの香りに包まれたお店の中には、楽しい猫の絵が描かれた小物やカード、ファイルなど、あれもこれも欲しくなります。
何匹も猫さんたちが姿を見せてくれるし、店主のお二人と(姉妹でされています)のお話も楽しくて、時間を忘れて長居してしまいました。
猫好きの方には特におすすめのお店です!(土日のみの営業ですのでご注意を!)

今年最後の旅となりましたが、創作への意欲も湧きましたし、友人と良い時間を過ごせたし、忘れられない二日間でした。

Photo_20191209080401

↑ のび工房さんにて。薪ストーブの前で寝ていた猫、がっちゃん🐱


| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年6月 »