« 2019年5月 | トップページ

2019年6月

2019年6月23日 (日)

俳句をひとつ

母が認知症と診断されてから、もう8年近くになります。
今は地元のグループホームで暮らしていますが、まだ、かろうじて字も読めます。
でも、私や弟の名前は時々覚束なくなって来ました。
そこで先月から、毎週1枚、母に絵葉書を送ることにしました。

母が喜びそうな絵柄の葉書を選び、季節のこと等のちょっとした文章を。
そのうえで、最後に俳句を一つ添えることにしました。
母は30歳から短歌をはじめ、地元の短歌会の主宰もし、それを生きがいにしていました。
私が書くことや読書が好きなのも、母に似たのかもしれません。
私の創作活動の一番の応援者、理解者でありました。
今話したことさえ、ほんの2、3分で忘れてしまう母ですが、私の拙い俳句が少しでも楽しい刺激になればと思っています。

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~

「もはやわが埒外にして生きつぐや沈黙の子の固き胸板」歌集『水脈』より
朝日新聞の折々の歌で紹介された、弟を詠んだ母の短歌です。(『新 折々の歌9』に掲載)

Photo_20190621135601

近所で見かけた紫陽花とブーゲンビリア✨



 

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

静岡と京都でも

今週は珍しく、連日の投稿になります😃

『あやめさんのひみつの野原』が、京都新聞主催の「おはなしを絵にするコンクール」そして「静岡県なつやすみ読書感想画コンクール」、それぞれの指定図書にも選定されました!

どちらも中学年部門です。
西日本に続き、2県もとは、とても嬉しくありがたいことです。
たくさん応募があるといいなあ。

京都府と静岡県の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします🎀

Dscn7379

物語に登場する、ドクダミ野原のヒキガエル、「ぬしどん」も楽しみに待っておりますよ~🐸✨

 

 

| | コメント (2)

2019年6月18日 (火)

ベランダの紫陽花

昨年、実家から持ち帰った枝を挿し木して、今年、蕾をつけた紫陽花。
うまく色づきませんでした💦

二鉢に4輪、蕾がついたのですが、かろうじてある程度色づいたのは1輪のみ。

Photo_22  
あとは途中で落ちたり、緑と茶色が入り混じったり。
うちのベランダは夏になるにつれ、日当たりが悪くのでそのせいでしょうか?
せっかく蕾をつけてくれたのに、申し訳ない気持ちです。

来年はもっと元気に花がつくといいのですが…。
植物育てもまだまだ勉強です。

| | コメント (2)

2019年6月17日 (月)

合歓の咲く頃

今年も近所の合歓の花が咲きました✨

2019

「今年も桜を見ることができた…」と感慨深く想う人は多いでしょうが、私は桜以上に合歓が「ああ、今年も見られた」と嬉しくなる花です。
近所を始め、バスの窓から見える合歓も、しっかりチェックしています。
なぜだか、とても心惹かれる花なのです。

そして、合歓の花が咲くころ、いつもすることが、ラッキョウ漬けと梅シロップ作り。
長崎に越して来てから、まずラッキョウを漬け始め、数年前から梅シロップ作りも恒例になりました。
面倒臭がりの私が、かろうじて続けている、プチスローライフです。
今年もささやかですが、それぞれ1キロずつ、仕込みを済ませました。

2019_1

年を重ねるごとに、毎年、何かを繰り返せることのありがたさも感じるようになりました。
かつて、実家の母もラッキョウを漬けていて、帰省すると時々持たせてくれました。
でも、施設暮らしの母にはもうその繰り返しをすることができません。
ずっと同じ日々は続かないのですよね。
だからこそ、今年もできる幸せを噛みしめて、自家製のラッキョウ漬けと梅シロップを、美味しくいただきたいと思います🎀

| | コメント (2)

« 2019年5月 | トップページ