« 絵本『へいわってどんなこと?』 | トップページ | 絵描きたちのメッセージが本に »

2018年11月29日 (木)

佐賀へ小旅行(維新博)

先日、佐賀へ1泊の小旅行をしてきました。
隣県ですが、佐賀市内をゆっくり観光したのは、今回が初めて。
現在、県内で開催中の、肥前さが幕末維新博覧会を観に行くのが第一目的でした。
高校時代に、幕末好きだった元歴女としては、やはり見逃せないイベントですので…

よく薩長土肥と言われますが、その中で肥前は他に比べて話題になることが少なく感じます。
私も、大隈重信、江藤新平などの名はすぐ思いつきますが、他にどんな人物がいたのかなど、知らないことだらけでした。
なので、今回、いろいろなことを知ることができて、とても刺激的な旅になりました!

特に印象に残ったのは、当時の領主、鍋島直正が充実させた教育。
弘道館という藩校で学んだ藩士の中から、多くの逸材が育っていました。
また、他藩からも優秀な人材を引き抜いたり、当時は最先端だった研究の奨励もしていて、文化的に進んだ藩だったのだと感心しました。

Photo_2

駅から続く大通りのそこここに、佐賀出身で活躍した人々のモニュメントがありました。

佐賀市は大空襲に遭わなかったということで、古い家も結構残っていて、城下町の趣も楽しめます。

Photo_3

二日目の午後には、佐賀県在住で、創作活動をしている友人に案内もしてもらい、とても良い時間を過ごすことができました。
旅も近場への1泊なら、気負わず気楽に行けますね。
また何かしら心のアンテナが反応したら、こんな感じの小旅行をしてみたいものです。

Photo_4

Photo_5

銀杏やもみじの黄葉、紅葉が見頃でした

Photo_6

お濠にはまだカメが!
暖かい日だったので、うっかり出て来たのでしょうか

|

« 絵本『へいわってどんなこと?』 | トップページ | 絵描きたちのメッセージが本に »

その他」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀へ小旅行(維新博):

« 絵本『へいわってどんなこと?』 | トップページ | 絵描きたちのメッセージが本に »