« 『猫年 2月30日』 | トップページ | 詩「迷い道」 »

2018年3月10日 (土)

チヨチヨさんその後

前にシジミチョウのチヨチヨさんのことを書いてずい分経ってしまいました。
「チヨチヨさんはどうしていますか?」と気にかけて下さった方も何人もいらっしゃいました。
ありがとうございます。

チヨチヨさん、1月20日の夜に逝ってしまいました。
春の空に放してあげたかったのですが…。
その日の昼まではお皿の上にとまっていたのに、夜、寝る前に見たら、もう羽をたたんで倒れていました。
ちょうどその日、「小さな詩集」18号の原稿として、チヨチヨさんのことを書いた原稿を送ったばかりでした。
あっけない最期、でも最期までしっかり生き抜きました。
あんなに小さな命でも、しばらく時間を共有した存在がいなくなると、寂しいものですね。

今、チヨチヨさんは庭の植木鉢の片すみに眠っています。
この春には、ここからまたシジミチョウが羽化するかもしれません。
彼女(彼?)の分まで、自由を満喫し、生き抜いて欲しいと願います。

Photo

↑ チヨチヨさんが眠る植木鉢。実家から移植した、スミレやキュウリグサが今年も自然と生えて来て、花を咲かせてくれています。
ベランダの、小さな野原ですcute

18

18_2

花粉症かと思っていたら、風邪だったらしく、先週は発熱し寝込んでしまいました。
季節の変わり目、皆さまも体調に気を付けながら、三月を楽しまれますようにtulip

|

« 『猫年 2月30日』 | トップページ | 詩「迷い道」 »

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/66476955

この記事へのトラックバック一覧です: チヨチヨさんその後:

« 『猫年 2月30日』 | トップページ | 詩「迷い道」 »