« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月23日 (土)

チヨチヨさん

ベランダで羽化したまま飛び立てなかったシジミ蝶を保護してから1週間が経ちます。
最初はじっとしているばかりでしたが、最近は時々場所を移動しています。

そして夕べはなんと、脱脂綿に吸わせて置いている砂糖水を飲んでくれましたsign01

Photo

ただそれだけなのに、やけに嬉しくて、一人で小躍りしてしまいました。

この蝶は、芋虫の頃からベランダで観察していたので、言わば顔見知り(勝手に)。

Photo_2

↑ これが幼少時代happy01の姿であります。
最近は、「チヨチヨさん」と名付けて、呼びかけたりしていますcute

私の詩も童話も、たいてい身近な自然や生き物、風景からアイディアをもらっています。
何か心に引っかかることがあっても、それがすぐに作品にはならず、自分の中で熟成されるのに時間がかかります。
だから、日常的にじっくり接していたり、メモして何度も自分の中で思い起こしたりしないと、作品にはなっていきません。(たまーに一気に作品になる時もありますが)
今のチヨチヨさんとの日々も、いつか詩や童話になっていくかもしれませんが、それはまだまだずっと先のことでしょう。
でも、だからこそ貴重な時間ですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

一気に冬へ

11月後半から、眩暈に風邪と立て続けに体調を崩しましたsweat01
急激な気温変化に身体がついていけなかったと思われます。
寒さで力が入ってしまったのか、肩こり、首こりも酷くて、眩暈の一因ではないかと自分では思っています。

そんな中、11月末には児童文学の勉強会で福岡へ、次の週には熊本へ帰省をして来ました。
体調をなだめながらの綱渡りのようでしたが、幸い悪化することなく、どちらでも楽しい時間を過ごすことができました。

博多駅の前はクリスマスのイルミネーションが華やかshine

Photo_3

かつて駅そばのビルで仕事をしていたのでなじみの場所ですが、博多駅内はすっかり変わってしまって、キョロキョロオタオタ状態でしたcoldsweats01

長崎駅に戻ると、こちらもすっかりクリスマスモードxmas

17_2

しかし、年々、クリスマスの飾りつけが早くなっていますね。
なんだか急かされているようで、私はあまり早くなるのは好きではありませんが。

帰省では実家の猫たちとも2か月ぶりくらいに会いましたが、くろぶーは相変わらずの病院通い。
肝臓の数値異常が続いていて心配です。
しろぴーは、成長して人見知りが出て来たらしく、すっかり警戒されてしまいましたsweat01

Photo_4

完全に、怪しい奴を見る目つきですdanger トホホ。

猫も性格がそれぞれで、面白いですね。

我が家の猫らも、寒くなって来ると二匹の距離が近くなります。

Photo_5

気忙しくなる年末ですが、できるだけマイペースでまいりましょう。
皆さま、風邪にもご注意をclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

ベランダの自然

ベランダのコナラの紅葉が今、とても綺麗です。shine

17

Photo

今年も2個、ドングリを収穫?しましたhappy01
春の若葉や秋のドングリ、紅葉といつも私に自然の変化を感じさせてくれる存在です。

去年の秋、実家の庭から移植したスミレも、春に続きこの秋も花を咲かせました。

2017

先日帰省した実家の庭でも、たくさんのスレミの花を見ました。

この寒さの中、遅れて羽化してしまったシジミ蝶も発見。

12

飛び立つのを期待していましたが、羽も広がりきれていないのか、ずっとベランダ内に留まり続けるばかり…。
そのうち身体が横に倒れて来たので、凍死する前にと、現在はうちの中に入れ、見守っています。

Photo_2

砂糖水も飲まず時々向きを変えながら、ただじっとしています。
寒くなったかと思うと、急に暖かい日もあるので、昆虫も惑わされてしまいますね。

我が家のベランダは、園芸種の花は少なく、樹や草が多いので、私にとって一番身近な自然でもあります。
これからも、ベランダで自然観察をする日々を続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »