« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月15日 (水)

絵描きたちの平和のメッセージ原画展

昨日(11月14日)から19日(日)まで、長崎市の日本福音ルーテル長崎教会にて、「絵描きたちの平和のメッセージ原画展」が開催中です。(主催:とらねこ文庫)飯野和好さん、かこさとしさん、せなけいこさんなど、63名の絵描きさんたちが描いた、平和のメッセージの原画展です。

Photo

私も長崎県在住の作家のコーナーに、メッセージを寄せさせてもらいました。

Photo_2

展示スペースの一角に、長崎県在住作家のコーナーを作って下さっていました。
著作も置いてあります。

Photo_3

私は言葉のメッセージを出しています。

昨日、同じくメッセージを寄せられた佐世保の童話作家新井悦子さん、漫画家の大原由軌子さんと、見学に行きましたが、画家さんたちそれぞれの個性が光る絵とメッセージが心に響きました。
私の作品に絵を描いて下さった、たるいしまこさんや、北見葉湖さんの絵もあります。
メッセージに込めた各自の思いも、参加者の皆さんの前で語らせていただきました。
平和をテーマにしたブックトークも、とても良かったです。

他にも朗読会やコンサートなども予定されています。
なかなか見られない錚々たる顔ぶれの画家さんたちの原画と、平和への思いがこもったメッセージに出会える貴重な機会です。
興味のある方は、ぜひ、足をお運び下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

「カタバミの花」

 カタバミの花

ベランダにならんだ
植木ばちのすみっこで
カタバミが
カナリア色の花を
ぽっちりと咲かせた

いつのまにか
小さな青虫があらわれ
ハート型の葉をチリチリ食べて
米粒ほどのサナギに変わり
やがて 藤色のシジミチョウになった

飛び立つチョウに
穴だらけの葉で手を振ると
ひと仕事終えたカタバミは
ほっとしたように また
カナリア色の花を
ぽっちりとひらいた

                  こっとんの葉ノートより

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

上の詩は、もう15年も前に書いた詩ですが、今もうちの植木鉢の片すみにはカタバミが生えています。
先月のこと、葉っぱに小さな青虫を発見。

Photo

嬉しくなって、久々に成長観察をすることにしました。

やがて10月中旬くらいに、米粒大のサナギになっているのを確認。

Photo_3

それが3週間ほどで、淡い緑だったのが、黒に。

Photo_2

数日前から気づいていましたが、この写真を撮ったのは11月10日です。
一瞬、死んじゃったの!?と慌てましたが、調べてみるとこれは中でしっかり蝶になっている証拠とわかり、一安心。

そうして翌日の11月11日!
10時過ぎに気づくと、なんと羽化していました。
やっぱり、カタバミを食草にする、ヤマトシジミでしたclover

Photo

10時14分。最初に気づいた時の様子。
よくあんな小さなサナギに、入っていたものと感心します。
羽の模様ももうくっきりですね。
ヤマトシジミの羽は一見地味ですが、一番外側の模様が、チューリップの花が並んでいるように見えるのが可愛いのですtulip

Photo_4

10時26分の様子。

Photo_5

10時41分。
羽もずい分広がりました~。

そして、10時50分過ぎ、ついに飛翔shine

Photo_6

一度、ベランダの手すりにとまったあと、飛んで行きました。
感動の瞬間でした。
あんなに小さくてはかなげな羽で、広い世界へ飛んでいくのです。
短い蝶生を精一杯全うしてね、と願いました。

ちょっぴり、寂しくなりました…が、まだベランダのカタバミにはサナギがひとつと幼虫も数匹棲息中。
私の観察の日々は、もうしばらく続きます。
やったhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

金さん&銀さん

こちらは、かつて人気を博したあの双子のおばあさんたちのことではなくcoldsweats01、家の近所に咲く、金木犀と銀木犀です。

Photo

まだ蕾の頃に撮った写真ですが、すでに香りは遠くまで届いていました。

Photo_2

銀木犀は楚々とした佇まい。
金木犀よりも、香りの甘さが強いように思います。

木犀の香りがし出すと、秋の深まりを実感しますね。
この時期は、カマキリもふらふらと道に出て来やすい時期。

Photo_3

うちの周辺でも、よくぺったんこになってしまった、亡骸を見かけますwobbly
車では気を付けようもないですが、どうか、徒歩の時はカマキリを踏まないように、ご注意願いますm(__)m

Photo_4

秋の夕暮れshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

くろぶー&しろぴー

何やら、漫才コンビのような件名ですが、実家で弟が世話している猫たちの名前ですhappy01
そうなのです。
黒猫がいるというのは、前にこちらで書きましたが、夏に白い子猫が迷い込んで来て仲間に加わりました。
ぬれ縁の下に、ガリガリの子猫ががいたそうです。

くろぶーはオスですが、こちらは器量よしのメス。

Photo

Photo_2

青い目に全身白、というのは、我が家のメイと同じですが、猫も顔つきがいろいろです。

9月には母がまた、昨年末の右腕に続き、転倒で右大たい骨を骨折して手術、入院となり、私も何度か八代と長崎を行き来しました。
心穏やかでない日々の中、実家の2匹の猫たちには、ずい分癒されましたdiamond

その、くろぶー。
先日、右後ろ足を引きずって戻って来ました。
弟が翌日病院へ連れて行ったら、後ろ足の筋肉に相当なダメージを受けているとのこと。
血尿も出ていて、膀胱なども少し傷つけたのかもしれないそうです。
骨折はしていなかったので、点滴と飲み薬で、いまは屋内で療養中。
外傷はなかったので、どこかから激しく落ちたか、人間などに強く蹴られたか…、とも言われたとか。
猫は口がきけないので、何があったのかは知りようがありませんが、家の前を通る人たちからもよく声をかけられている人懐こい猫なので、もし人に何かされたのなら可哀想でなりません。
早く元気になりますように。

Photo_3

早くこんなのんきな姿を見せて欲しいものです。

Photo_4

白黒コンビですriceball

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »