« 2017年6月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年7月

2017年7月28日 (金)

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げますcancer

梅雨が明けても、相変わらずの高湿度で、うちのあたりは朝は海からの霧で山がいつも霞んでいます。

17

気温というよりも、湿度にぐったりの毎日。
ゆずの夏お決まりのポーズ、「ロケット」(と、うちでは呼んでいます)が毎晩見られるようになりました。

Photo

と、それをあきれて見るメイ…、というわけではありませんがcoldsweats01

Photo_2

暑さにあえぎつつも、とりあえず人間も猫も生きておりますsweat01

そんななか、ベランダにはまたまたお客さまが。

Photo_3

ヨツスジトラカミキリというのだそうです。
黄色い縞々はアシナガバチに擬態しているとのこと。
この擬態という現象は、面白いですね。
自然はほんとうに不思議です。

もう一匹のお客さまは、相当久々に見た、ゴマダラカミキリdiamond

Photo_4

子どもの頃、通学路の柳の木にいるのをよく見つけていた、思い出の多い虫です。
私の好きな虫ベストファイブに入る虫なのです。
黒い身体に散らばる白い星が綺麗です。
捕まえるとキューキュー鳴くのも懐かしい!
足が一本、途中で切れています。
厳しい日々を生き抜いているんですね。

我が家のコナラの樹にとまらせました。

Photo_5

気に入ったらしく、一晩たった今朝も滞在中です。
短い一生、天寿を全うしてくれることを願います。

今年の夏は、例年よりも暑さがこたえます。
夏バテ、熱中症に気を付けて、過ごされますように。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

星野道夫写真展

長崎県美術館で開催中の、写真家・星野道夫没後20年特別展「星野道夫の旅」へ行って来ました。

Photo

96年にロシア・カムチャッカで熊に襲われ亡くなってから、もう20年以上が経つのですね。
生前から彼の写真は好きで、雑誌や本を買っていました。
長崎に越して来てすぐにも写真展があり、その時はボランティアとして参加した楽しい記憶があります。
星野さんの写真を見ると、生命への畏敬の念がいつも湧いてきます。
彼自身が深い敬意を持って写真を撮っていたからでしょう。
写真のみならず文章も素晴らしく、心に響く言葉を多く残しています。
もし存命なら、今も、素晴らしい写真を発表し続けていたであろうと思うと、早すぎる死が残念でなりません。

ベランダでは今年もコナラの実が成長中。

17

アラスカの大自然は素晴らしいですが、身近にある自然もありがたい存在です。
さて、今年はいくつドングリが収穫できるでしょうかhappy01

網戸にカミキリムシがとまっていました。

Photo_2

調べてみると、どうやら、オオヨツスジハナカミキリではないかと…。(多分?)
子どものころからカミキリムシ系は結構好きで、見かけると思わず近寄って見てしまいます。
またベランダに遊びに来てくれないかなーnote

長崎市の小中学校も、今日から夏休み。
外ではクマゼミの声が賑やかです。
いよいよ夏本番ですねsports

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

キンカンの花

ベランダでキンカンの花が咲きました。

Photo

久しぶりに果樹を育てたくなって、去年買ったものです。
うちのベランダは夏場は日当たりが悪いうえに、先日の台風で鉢が倒れて土がこぼれ、心配していましたので、尚更、花が咲いたのは嬉しい出来事でした。
顔を近づけると、とてもいい香りがしますshine
よく見ると蕾もたくさん!
キンカンにとってはベストな環境ではないでしょうが、ひとつでも実をつけられるよう、大事に世話したいと思います。

少し前ですが、近所ではヤギさんが、草刈りのお仕事中でありました。

Photo_2

ご苦労様ですconfident 

紫陽花がそろそろ色あせてましたが、かわりにつゆ草があちらこちらに。

17

どこにでもある花ですが、見る度に青の鮮やかさに目を奪われます。

梅雨の末期。
今年もまた、大きな被害が出てしまいましたね。
テレビに映し出される、変わり果てた町の光景に胸が痛みます。
最近、数十年に一度の大雨…というニュースがとても多くなった気がします。
地球の気候が変わってきていることを、実感せずにはおれません。
自然の猛威の前では、人間はほんとうに小さな存在です。

梅雨はもうしばらく続きます。
気を付けて過ごしていきましょう。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年10月 »