« 海のいのち | トップページ | ドングリ収穫♪ »

2016年10月21日 (金)

鳥獣戯画が九州に!

一昨年に京都で、昨年には東京で開催された「鳥獣戯画展」(「京都 高山寺と明恵上人 -特別公開 鳥獣戯画ー」)が、今年は遂に大宰府の九州国立博物館にやって来ました!(10月4日~11月20日)

鳥獣戯画も、高山寺の子犬像も大好きな私としては、これは行かないわけにはいきませんhappy01
というわけで、先週、前期展示を観て来ました。
何度観ても楽しいのは、作品自体の魅力はもちろんですが、それぞれの会場で展示や紹介に違った工夫がされていることもあります。
京都では博物館の前庭で鳥獣戯画のスタンプラリーができたり、東京はロビーに子犬像のレプリカと写真撮影できるコーナーがありました。
今回、九国は京都や東京のような会場外で楽しめる場はありませんでしたが、高山寺の開祖、明恵上人を漫画で紹介する冊子など、親しみやすくて面白いと思いました。
展示からも明恵上人の人物的魅力が、よく伝わってきました。

また、毎回、図録やグッズ等、違うのが出てくるので、それもまた楽しみのひとつです。
ついつい財布のひもが緩んでしまうのには、困りますが…moneybag
今回も可愛いグッズに、目移りしてしまいましたcoldsweats01

ただ、絵巻ということもあるのでしょうが、前期、後期両方いかないと、すべては観られません。
近年は、前期後期で作品を入れ替える展覧会が多いですね。
遠方の人間にとっては二度行くのは困難ですし、料金も二倍かかります。
主催者側の都合、思惑があるのでしょうが、見学者に親切な仕組みではないと思います。

特別展を観たあと、久しぶりに常設展示も見学しましたが、充実した内容に時間を忘れて過ごしました。
特に感動したのが、九万年前の阿蘇の噴火の火砕流で焼け焦げた樹木の展示です。
なんと、発見されたのが大分県の本匠村(現在は佐伯市)とのこと。
阿蘇からそんなところまで、火砕流が流れていったとは…。
スケールの大きさに驚くと同時に、九万年前の樹を目の前にした感動で、しばらく見入ってしまいました。

東京の「鳥獣戯画」展の、ものすごい行列と待ち時間を経験したので、覚悟して行きましたが、平日だったこともあってか、拍子抜けするくらいすぐ観ることができました。
それでも週末などは二時間待ちのこともあるとか。
終盤になるほど、来館者も増える可能性があります。
もし、行きたい方は、お早めに(^^)

Photo

Photo_2

博物館に隣接する、太宰府天満宮にあった大楠。
こういう大樹を見ると、いつも畏敬の念に打たれますshine

|

« 海のいのち | トップページ | ドングリ収穫♪ »

生き物」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
太宰府は昨日通りました、、寄りたかったなあ残念!
仙崎、下関と行ってきたんですが。
下関の唐戸市場前の亀山八幡宮の池に亀が数匹居たんです。それ見てつい、こっとんさんを思い出しました。

投稿: | 2016年10月23日 (日) 17時35分

>末さん
コメント、ありがとうございますmaple

仙崎、下関といえば、どちらも金子みすゞゆかりの地ですね!
ずいぶん前に、金子みすゞの故郷を巡るバスツアーに参加したことがあるのですが、その時の記憶が蘇りました
亀を見て、思い出していただけるとは、光栄ですhappy01

投稿: りとるこっとん | 2016年10月23日 (日) 22時06分

さすがに詳しい鳥獣戯画追っかけさんですね。
私は知識はほとんどありませんが観るのを
楽しみにしています。
九州国立博物館も初デビューです(^_^;)

投稿: じゅんすけ | 2016年10月30日 (日) 14時40分

>じゅんすけさん
九州国立博物館、まだ行ったことがないというのは意外でした!
常設展も面白いですよ。
「鳥獣戯画展」楽しんでもらえれば、”追っかけ人”としても嬉しいですhappy01

投稿: りとるこっとん | 2016年10月31日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/64348810

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥獣戯画が九州に!:

« 海のいのち | トップページ | ドングリ収穫♪ »