« 自然のパレット | トップページ | 鳥獣戯画が九州に! »

2016年10月15日 (土)

海のいのち

  海のいのち

クジラもマグロも
海に生きるすべてのもの
かれらは「資源」などではない
「いのち」だ
いつから人は
「いのち」を「資源」と
呼ぶようになったのか
まるで自分たちのために
存在するもののように

その言葉を聞くたびに
いつも胸がざわつく
行き過ぎた欲とごう慢の果てには
何が待っているのか

いつの日か人類が
この星からそっぽを向かれても
文句は言えまい
せめて他の生きものまで
道連れになりませんように

クジラもマグロも
海に生きるすべてのものは
「資源」などではない
かれらはまぎれもない
「いのち」だ

                    「小さな詩集」15号より

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°

以前から「海洋資源」という言葉に、違和感を抱いてきました。
命あるものを「資源」と表現することが、どうにも気持ち悪くて…。

先月のNHKのEテレ「100分de名著」では、熊本の作家 石牟礼道子さんの『苦海浄土』を取り上げていました。
水俣の漁師さんたちは、漁で得る海の生きものたちを「のさり」(授かりもの)と呼んでいたそうです。
この「のさり」の気持ちを失った人類の驕りが、今もなお、さまざまな問題を引き起こしている気がします。

どんなに文明が進もうとも、人間も地球に生かされている一生命であるという気持ちを、忘れないようにしたいと思っています。

Photo

ペンギン水族館にいたウミガメ。(期間限定でした)

|

« 自然のパレット | トップページ | 鳥獣戯画が九州に! »

生き物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
テルから末さんに改名しました。会社の同僚にそう呼ばれているんです。宜しくお願いします。
先日、水俣病資料館に行きました。
知っているつもりが知らないことの方がたくさんでした。
こっとんさんは石牟礼先生にお会いになられたことがありますか?こっとんさんと石牟礼先生と憧れのお二人の対談!実現したらいいなあ。
私事ですが「子どものための少年詩集2016」版に拙詩が掲載されます。読んだ子どもたちの感想も送られるそうで楽しみです。

「のさり」の謙虚さ、感謝の姿勢を再認識したいです。

投稿: 末さん | 2016年10月18日 (火) 13時01分

>末さんさん
コメント、ありがとうございますfish

水俣病資料館というのがあるのですね。
いつか行ってみたいものです。
石牟礼道子さんは、もうずいぶん前、福岡で講演を聴いたことがあります。
個人的にはもちろんお会いしたことはありません。
私にとっても、石牟礼さんははるか雲の上の、尊敬する作家さんですshine

「子どものための少年詩集2016」に詩が掲載されるとか。
おめでとうございます!
私の詩も掲載されますので、お仲間ですねhappy01
子どもたちからの感想、楽しみです。
励みになりますね。

投稿: りとるこっとん | 2016年10月18日 (火) 22時15分

こんばんは。
こっとんさん、今年も少年詩集に掲載されるんですね。何だか嬉しいやら恐縮するやらで。
でも楽しみです!
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 末さん | 2016年10月18日 (火) 23時54分

人間が利用している牛や豚などの家畜も今は産業動物とか経済動物と呼ばれています。
海洋生物も陸の動物たちも「いのち」
「いのち」を奪って自分たちも生かされている
という謙虚さを持っている世界の先住民の
心を失わないようにしたいものです。

投稿: じゅんすけ | 2016年10月30日 (日) 14時59分

>じゅんすけさん
コメント、ありがとうございますaries

なんだかもう、何もかもがお金に換算されて、その価値ばかりが重視されているような気がして、息苦しくなります。
経済ばかりが優先される社会は、人類も幸せにはしない気がしますね。

投稿: りとるこっとん | 2016年10月31日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/64304203

この記事へのトラックバック一覧です: 海のいのち:

« 自然のパレット | トップページ | 鳥獣戯画が九州に! »