« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月27日 (木)

ドングリ収穫♪

先日、ベランダのコナラのドングリを2個、収穫しましたhappy01

16

16_2

久々のベランダ産ドングリが嬉しくて、植えてみることにしました。
さて、来年の春、無事に芽が出て来るでしょうか?

ドングリ時間はゆっくりです。
焦らず、楽しみに待ちたいと思いますbud

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

鳥獣戯画が九州に!

一昨年に京都で、昨年には東京で開催された「鳥獣戯画展」(「京都 高山寺と明恵上人 -特別公開 鳥獣戯画ー」)が、今年は遂に大宰府の九州国立博物館にやって来ました!(10月4日~11月20日)

鳥獣戯画も、高山寺の子犬像も大好きな私としては、これは行かないわけにはいきませんhappy01
というわけで、先週、前期展示を観て来ました。
何度観ても楽しいのは、作品自体の魅力はもちろんですが、それぞれの会場で展示や紹介に違った工夫がされていることもあります。
京都では博物館の前庭で鳥獣戯画のスタンプラリーができたり、東京はロビーに子犬像のレプリカと写真撮影できるコーナーがありました。
今回、九国は京都や東京のような会場外で楽しめる場はありませんでしたが、高山寺の開祖、明恵上人を漫画で紹介する冊子など、親しみやすくて面白いと思いました。
展示からも明恵上人の人物的魅力が、よく伝わってきました。

また、毎回、図録やグッズ等、違うのが出てくるので、それもまた楽しみのひとつです。
ついつい財布のひもが緩んでしまうのには、困りますが…moneybag
今回も可愛いグッズに、目移りしてしまいましたcoldsweats01

ただ、絵巻ということもあるのでしょうが、前期、後期両方いかないと、すべては観られません。
近年は、前期後期で作品を入れ替える展覧会が多いですね。
遠方の人間にとっては二度行くのは困難ですし、料金も二倍かかります。
主催者側の都合、思惑があるのでしょうが、見学者に親切な仕組みではないと思います。

特別展を観たあと、久しぶりに常設展示も見学しましたが、充実した内容に時間を忘れて過ごしました。
特に感動したのが、九万年前の阿蘇の噴火の火砕流で焼け焦げた樹木の展示です。
なんと、発見されたのが大分県の本匠村(現在は佐伯市)とのこと。
阿蘇からそんなところまで、火砕流が流れていったとは…。
スケールの大きさに驚くと同時に、九万年前の樹を目の前にした感動で、しばらく見入ってしまいました。

東京の「鳥獣戯画」展の、ものすごい行列と待ち時間を経験したので、覚悟して行きましたが、平日だったこともあってか、拍子抜けするくらいすぐ観ることができました。
それでも週末などは二時間待ちのこともあるとか。
終盤になるほど、来館者も増える可能性があります。
もし、行きたい方は、お早めに(^^)

Photo

Photo_2

博物館に隣接する、太宰府天満宮にあった大楠。
こういう大樹を見ると、いつも畏敬の念に打たれますshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

海のいのち

  海のいのち

クジラもマグロも
海に生きるすべてのもの
かれらは「資源」などではない
「いのち」だ
いつから人は
「いのち」を「資源」と
呼ぶようになったのか
まるで自分たちのために
存在するもののように

その言葉を聞くたびに
いつも胸がざわつく
行き過ぎた欲とごう慢の果てには
何が待っているのか

いつの日か人類が
この星からそっぽを向かれても
文句は言えまい
せめて他の生きものまで
道連れになりませんように

クジラもマグロも
海に生きるすべてのものは
「資源」などではない
かれらはまぎれもない
「いのち」だ

                    「小さな詩集」15号より

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°

以前から「海洋資源」という言葉に、違和感を抱いてきました。
命あるものを「資源」と表現することが、どうにも気持ち悪くて…。

先月のNHKのEテレ「100分de名著」では、熊本の作家 石牟礼道子さんの『苦海浄土』を取り上げていました。
水俣の漁師さんたちは、漁で得る海の生きものたちを「のさり」(授かりもの)と呼んでいたそうです。
この「のさり」の気持ちを失った人類の驕りが、今もなお、さまざまな問題を引き起こしている気がします。

どんなに文明が進もうとも、人間も地球に生かされている一生命であるという気持ちを、忘れないようにしたいと思っています。

Photo

ペンギン水族館にいたウミガメ。(期間限定でした)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »