« ベランダのお客さん | トップページ | 期日前投票へ »

2016年6月26日 (日)

梅雨晴間

2016_2

久々の記事アップです。
今日は梅雨の晴れ間。
ベランダの洗濯物がよく乾きそうです。

熊本で大地震があってから、2か月以上が過ぎました。
震災後、GW直前と今月頭、2度帰省をしていますが、新幹線の車窓から見える家々の屋根のブルーシートの数は、2か月経っても減ったという印象をほとんど受けませんでした。

実家のある八代でも、いまだ、夜は公民館などに泊まる人もいると聞きます。
新聞、ニュースともに、熊本ではいまも震災関連のことに多くが割かれ、隣県ながらすでに記事が小さくなっている長崎との違いを感じました。
熊本はまだ震災の只中であることを、改めて思います。

そんななか、今月の帰省の二日前には、長崎へ修学旅行に来た母校の小学生たちの碑巡りガイドをすることができました。
地震で怖い思いや不安な思いをたくさんしたであろう子ども達ですが、熱心に見学する表情や、やんちゃな姿に救われる思いもしました。

今年の梅雨は、各地で大雨が続きますね。
気を付けてお過ごし下さい。

Photo

側溝に咲いていた花。
どんな場所でも逞しく生き抜こうとする姿に胸を打たれました。

cute側溝に桃色の花梅雨晴間
cute側溝に花の灯りや梅雨晴間

|

« ベランダのお客さん | トップページ | 期日前投票へ »

その他」カテゴリの記事

俳句」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こっとんさん、こんばんは!

熊本の震災については、気掛かりな思いを抱えていました。
無力な私には、何も…コンビニ等で募金箱に、僅かな気持ちを入れることくらいしか結局できてません(>_<)

こっとんさんの故郷が熊本だということも存じ上げてはいたのですが、私、言葉下手だから、もし軽率なデリカシーに欠けたコメントを当方からしてしまったら…と思うと、なかなかコメントも出来ず、大変申し訳ありませんでした。

ご実家のほう、そして故郷の街も、本当に色々と大変なことと思いますが、状況はいかがでしょうか?
お困りのことあれば、ブログで発信していただければと、願っています。
もしかしたら、無力な私でも何か少しでも、お力添えできることが見付かるかも知れませんし。
どうかよろしくお願いいたします。

記事の最後の句は、こっとんさんの作品ですか?
とても素晴らしく、しみじみと味わいました。私の心にも、爽やかで暖かな灯りが灯った気がしました(^^)

近況ですが、今はエキストラとして、主に私はCMを中心にお仕事をさせていただいています。
演技経験ゼロの素人からのスタートですし、大変なこともありますが、ほとんど映っていなかったり、オンエア時にはカットされていることも多々ありますが…(;^_^A
でも充実感や達成感、みんなで作り上げたんだ!という共有できる喜びは、どんな困難をも忘れさせてくれます(^^)

不器用で才能も華もない私ですが、一生懸命にやっていたら、事務所のかたも解ってくださったのか、今は関係も良好になりました。

なお一層精進し、熱意のモチベーションを保てるように、そして毎回いつも感謝と誠意を忘れずに、今後もエキストラの世界で頑張って行こうと思います。

いつか画面にアップで映していただけたり、セリフがいただけるようになったら、こっとんさんにもお知らせしますので、ぜひ見てくださいね!
…なんて、まだまだまだまだ遠い先の話かも(;^_^A

投稿: 美香 | 2016年6月27日 (月) 00時24分

>美香さん
コメント、ありがとうございますcherry

私の実家や母の老人ホームは、何も問題ありませんので、ご安心を。
出身者といっても、私も地元の親戚や友人が一番困っている時には、ただただ心配するばかりで、何も役に立てず、無力感が募るばかりでした。
その後も、結局たいしたことはできていません。
私もこちらで、折に触れ、募金をしたりもしています。
それぞれが忘れずに、できることを少しでも続けていければ、それが一番ではないでしょうか。

最後のつたない俳句は、私のですcoldsweats01
時々、むしょうに俳句を作りたくなる波が来ることがありまして、今もそうなのです。
17音という短さと、季語の豊かさを楽しみながら自己流で楽しんでいますpencil

美香さんも、エキストラのお仕事、頑張っていますね!
真摯に努力する姿は、きっと誰かが見ていてくれます。
出演CM,観るのを楽しみにしていますnote
ぜひ、知らせて下さいね!


投稿: りとるこっとん | 2016年6月27日 (月) 20時21分

こんばんはお邪魔します。
こっとんさん、お元気そうで何よりでした。
わ、碑めぐりガイド!おつかれさまでした。
母校の小さな後輩たち、可愛かったでしょうね。真心こもったガイドさんにお礼の手紙が届いたりしたら素敵ですね。
素晴らしい活動ですね。大人でさえ、突然、音がするとびくっとしますから、子どもなら尚更余震に敏感だと思います。すべての子どもたちが愛に包まれますようにと祈りたいです。
側溝の花、少しだけの大地にしがみついて咲いているんですね。花は不思議です。

投稿: テル | 2016年6月28日 (火) 23時05分

>テルさん
コメント、ありがとうございますapple
地震後、少しは落ち着かれましたでしょうか。
今朝も、熊本では地震があっていますね。
地元の友人はいつまでも気が休まらないと言っています。
早く余震がおさまること、もう大きな地震が無いことを願うばかりです。
今年は大雨も多くて、心配が続きますね。
どうぞ、気を付けてお過ごし下さい。

熊本の小学校は、5月はことごとく修学旅行のガイド申し込みがキャンセルになったそうですが、母校は6月頭だったので、無事に来られたようです。
今回のガイドも、うまく伝えられたか自信はなく、反省点も多々ありますが、「卒業生です」と言ったら喜んでもらえたので、それだけでも良かったです。

植物の強さにはいつも驚かされますね。
時に圧倒されますが、励まされもしますdiamond

投稿: りとるこっとん | 2016年6月29日 (水) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/63832433

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨晴間:

« ベランダのお客さん | トップページ | 期日前投票へ »