« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月

2016年4月14日 (木)

ベランダのお客さん

今日、ベランダの植木鉢を動かしたら、珍しいお客さんがいました。

Photo

ヤモリさんですcute
一軒家では珍しくないでしょうが、今のマンションに越して来てからは、初めて目撃。
急いで写真を撮りました。
このままベランダに棲みついてくれれば楽しいのですがnote

近所では、藤やつつじが咲いています。

16

16_2

つつじは、この時期の町の彩りには欠かせない花ですね。

九州の山は常緑樹中心ですが、それでも春には春の表情。

Photo_2

新緑が、まぶしいですshine

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

猫ブームに思う

最近、マスコミ等で猫ブームという言葉がしきりと聞かれるようになりました。
犬よりも猫の飼育数の方が多くなったとかいうニュースも。
先日は、ネコノミクスという言葉を使う経済評論家もテレビで観ました。

現在、猫3匹と暮している私ですが、こと、命あるものに関してのブームには正直あまりよい印象がありません。
これまでも、漫画やアニメの影響でアライグマやハスキー犬、ダルメシアンなどがブームになった記憶がありますが、その後、無責任な人に飼われた彼らがどうなったかを考えると、怒りの気持ちすら湧いてきます。
特に今回のようにネコノミクスなどという言葉が使われ、経済効果まで煽られるようになると、必ず命をお金としか思わない業者などが入ってくることでしょう。(今もいますが)
悪質なブリーダーやペットショップなどは、厳しく取り締まられる社会を望みます。

ブームとして取り上げると同時に、日本での殺処分の多さや、保護、地域猫活動なども、ちゃんと紹介してもらえるなら、まだ良い面もあると思います。
マスコミなどにすぐに影響されて、一時の気分で飼い、大人や病気になったら捨てるよう人には飼い主になって欲しくはありません。

猫は最近では、20年近く生きるものもいます。
最後まで大切な家族として面倒をみるのが飼い主の責任。
また、飼いたい人は、できればペットショップではなく、里親募集などで探してもらえればと願っています。
芸能人が、保護した犬や猫を飼っていると知ると、それだけで私の中でのその方への好感度数が急上昇するこの頃ですhappy01

ブームになることによって、幸せな猫が増えれば、もちろんそれに越したことはありません。

3

我が家の猫達。
みんな元野良ですが、今では私にとって、かけがえのない存在ですshine

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »