« アオサギの視点 | トップページ | 亀たちの夢は? »

2015年12月 3日 (木)

高田宏さん

作家の高田宏さんが、先月24日に亡くなられたことを、昨日の新聞で知りました。
83歳でした。

木と猫と雪がとてもお好きでした。
森や猫、ドリトル先生、自然等について書かれた文章に感銘を受け、送った手紙にお返事を下さり、以降、年賀状のやり取りもさせていただくように。
私の本を送ると、その都度、温かなコメントのお便りや、画家をされている次男の雄太さんの素敵な猫の絵葉書セットをお祝いに下さったこともありました。
葉書の隅に小さな猫のシールが貼ってあったり、うちの猫やウサギのことを尋ねられたりと、いつも優しさを感じるお便りでした。

一度だけお会いできたのは、2001年4月、高田さんが審査員のお一人だった「ゆきのまち幻想文学賞」で佳作に入選した時のこと。
青森の八甲田ホテルで泊りがけで行われた授賞式は、和やかで和気あいあいとしていて、今も忘れられない思い出です。
あんなに温かな授賞式は、それまでもその後も経験したことがありません。

最後にいただいたお便りは、去年の6月。
『たいくつなトラ』へのお礼と感想でした。
物語に登場したナンキンハゼのことにも触れて、「長崎のあちこちのナンキンハゼ並木はどんな並木より好きです」と書いておられました。
今年の年賀状へのお返事が無かったので、少し心配していましたが…。
亡くなられてしまったのかと思うと、淋しくてたまりません。

生まれ変われたら木か猫になりたい、と以前、書かれていたような記憶があります。
さて、どちらにしようか…と、今頃、思案されているのでしょうか。
心よりご冥福をお祈りいたします。

Photo

ナンキンハゼの赤い葉。

木のことば・森のことば (ちくまプリマー新書) 木のことば・森のことば (ちくまプリマー新書)
高田 宏

筑摩書房  2005-10-04
売り上げランキング : 28102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« アオサギの視点 | トップページ | 亀たちの夢は? »

その他」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/62794954

この記事へのトラックバック一覧です: 高田宏さん:

« アオサギの視点 | トップページ | 亀たちの夢は? »