« 甘え下手 | トップページ | 草刈りと虫達と »

2015年9月 2日 (水)

しっぽたちの為にも!

先の大戦では、身近なペットである猫や犬も、たくさん犠牲になったことはご存知でしょうか?
食料不足や、兵士用の毛皮調達という理由などで、多くの犬猫が殺されました。
動物園の動物たちが殺されたことも、有名な話ですね。

私は椋鳩十さんの「マヤの一生」という作品で、子どもの頃にそのことを知りました。
読んだあとに熱を出したくらい、大泣きした作品です。
はじめて心の底から「戦争は絶対いやだっ!」と思いましたし、その気持ちは今も強く残っています。

戦争になったら、真っ先に犠牲になるのは弱い者たち。
平和な時には優しい人であっても、戦争になると心が変わってしまう人がたくさんいることも、「マヤの一生」で教えられました。

先日の日曜日には、安保法案反対のデモが各地で行われました。
私も、再び長崎のデモに参加して来ました。
今回は手作りのプラカードを持参して…。

Photo

ゆずも、賛同の声を上げてくれました!?happy01

当たり前のように子どもたちが笑い、若者が未来に夢を描き、ペット達も大切にされる。
そんな国で、世界であって欲しいと思います。

ささやかで大切な日常は、平和であってこそですねclover

|

« 甘え下手 | トップページ | 草刈りと虫達と »

平和」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お邪魔します。
反戦デモ、お疲れさまでした。
宮尾節子さんのアンソロジー「明日戦争がはじまる」は素晴らしい反響となったのではないでしょうか。
メディアのちからを大いに借りて、平和への輪が拡がればいいですね。
無関心な人たちも何かを切っ掛けとして賛同してくださると思います。
日本は世界平和への役割をリードしていく義務があるのではないでしょうか。
子供たちへの教育のあり方が大切だと思います。
詩や童話をたくさん読んでもらいたいですね。

投稿: 月虹 | 2015年9月 3日 (木) 13時11分

>月虹さん
コメントありがとうございますcute
宮尾節子さんの新しい詩も、またネットで話題になっていますね。
首相への「感謝状。」という、皮肉の効いた詩です。

いろんな人が、自分なりの表現で、行動で、思いを表明していくことが大切ですね。
表現者は特に、社会のことに敏感であらねばならない、と心してペンを握っていきたいと思いますpencil

投稿: りとるこっとん | 2015年9月 3日 (木) 17時22分

「ささやかで大切な日常は、平和であってこそ」
まさにそうですね。
大なり小なり、生きていると様々な問題が発生しますが、その解決手段として暴力を選択しなくていい社会を、私たち大人が作らないといけないな、と思います。

投稿: 詩音 | 2015年9月 6日 (日) 15時02分

>詩音さん
コメント、ありがとうございますribbon

「積極的平和」という言葉を提唱したガルトゥング博士によれば、ただ戦争の無い状態ではなく、抑圧や差別、貧困など構造的な暴力の無い状態をそう呼ぶそうです。
暴力という手段が、どんな場所でも使われることのない世界へつなげていけるよう、大人はしっかり考えないといけませんね。

投稿: りとるこっとん | 2015年9月 6日 (日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/62185550

この記事へのトラックバック一覧です: しっぽたちの為にも!:

« 甘え下手 | トップページ | 草刈りと虫達と »