« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月26日 (水)

甘え下手

我が家の最古株猫、楓との出逢いは、21世紀が始まった2001年の秋maple
当時住んでいた、福岡のマンション前の歩道に、うずくまっていたのを保護しました。
子猫がそういう所にうずくまっているなんて、ただ事ではありません。
近づくと、さすがに慌てて逃げようとしましたが、少し動いて、またすぐにうずくまってしまいました。
これは相当弱っていると判断し、そのまま保護。
抱き上げると、両目はめやにでふさがり、抵抗する力も無いようでした。

獣医さんに診てもらったところ、横隔膜が破裂してお腹に血が溜まり、肺も圧迫されている危険な状態ということが判明。
この状況で数日は経っているようだと言われました。
手術しないと命は持たないということで、即座に手術を依頼。
野良の子猫と判断され、「助かった場合はどうしますか」と獣医さんに尋ねられたので、反射的に「私が飼います」と答えていました。
手術中に一度心肺停止になるという危機を乗り越え、無事に生還し、晴れて我が家の猫となった次第ですcat

人見知りで、お客さんが来ると隠れてしまうし、猫も苦手そうでしたが、次々とやって来る新入り猫達をしぶしぶとでしょうが受け入れてくれています。
他の子に比べると、楓はとても甘え下手。
膝に乗ることもありません。
でも、気付くと一番私のそばにいるのは楓です。
ひっそりと横にいて、そっとひざの上に前足を乗せていたりします。
これが楓のせいいっぱいの甘えの感情表現なのでしょう。
それがまた、とてもいとおしくなりますshine
14年近く、共に過ごしてきた時間の絆を感じます。

Photo

高齢猫の域に入り、動物病院へ行く機会も増えましたが、大手術を乗り越えた命。
これまで3度の引っ越しも一緒に経験してきました。
これからも、できるだけ長生きして欲しいと願っていますclover

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

恐竜展へ

「ベランダの恐竜」

けさも
ベランダに恐竜やがやって来た
用心深くあたりをうかがい
口ばしでミカンをつつく

翼に変えた前足は
朝の光をやわらかく宿し
キバのかわりに
するどい口ばしと
歌を手に入れ
そして 空へ!

恐竜は滅びてなんかいない
きょうも すぐそばで
羽ばたきながら
さえずりながら
太古からの時の鎖を
つないでいる

                                                  こっとんの葉ノートより

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**

以前もご紹介した詩ですが…。

先日、長崎市科学館で開催中の、大恐竜展へ行って来ました。

Photo_3

長崎市の海岸で、国内最大のティラノサウルス科の歯の化石が見つかり、その展示もされているということで、ぜひ、観てみたかったのですeye

恐竜は絶滅したとよく言われますが、一部は鳥類としてしっかり命を繋いできました。

Photo

恐竜は絶滅などしていないのですね。

Photo_2

ティラノサウルス科の歯の化石。
日本では最大級だそうです。
私が歩いている同じ地面の上を、何億年も前に恐竜が闊歩していたかと思うと、大古の時間が急に身近になった気がしてワクワクします。
長い長い地球の時間の先端で、今、私たちは生きているんですね。
そしてもし、人類が地球上からいなくなっても、また、他の生物達が、この地面を歩いていくのでしょう。

Photo

Photo_2



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

夕暮れの空

今日の夕暮れの空。

Photo

雲がダイナミックに空を彩っていました。

今夜はペルセウス座流星群が一番見頃だとか。
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2015/perseids.html

いつも流星群の時は外に出てみますが、なかなか街中では明るすぎて、確認するのが難しいですねsweat01
子どもの頃は、家の縁側で夜空を眺めていて、流星群でなくても、流れ星をよく見かけていました。
毎回、願い事はし損なっていましたが…coldsweats01

今回も懲りずに、マンションのベランダか近所で、流星探しにチャレンジしてみようと思いますnight

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

長崎 原爆の日

昨日は、長崎原爆の日でした。

今年も、爆心を示すモニュメントの前で黙祷したあと、原爆資料館ガイドに向かいました。
午前10時前でしたが、次々と祈る人達の姿がありました。

201589_2

このモニュメントの上空500m地点で、一発の原子爆弾がさく裂しました。

201589_3

青い空がのぞき、周辺の木々では蝉がにぎやかに鳴いていました。
きっと70年前も、そうだったことでしょう。

原爆が投下された11時2分は、私は平和追悼祈念館地下の交流ラウンジにある、大型モニター前で迎え、黙祷しました。
昨年もこの場所で11時2分を過ごしましたが、今年はずい分人が多い印象でした。
平和公園での平和祈念式典も、今年は参加者がこれまでにないほど多く、10時前にはもう公園に入りづらいくらい人が溢れていたとも聞きました。
70年という節目もあるでしょうが、やはり、現状への不安を感じて居ても立ってもおられずに来られた方達もいるのではと思います。

今年もNHKが戦争に関する、良いドキュメント番組をたくさん放映していますね。
先日の、被爆直後の広島で写された、2枚の写真に関するNスペは、核兵器の非人道性が強く伝わって来るものでした。
今後も戦争に関する番組はできるだけ観ていきたいです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

被爆者手記の朗読を聴きに

先週の土曜日、被爆者手記の朗読を聴きに、爆心地近くの城山小学校へ行って来ました。
「平和祈念フェスタ in城山」で、紙芝居などのあとに、熊本シティエフエムでパーソナリテをされている政木ゆかさんが、城山小にゆかりの、二人の方の被爆体験を朗読されました。

Photo

政木ゆかさんとは、私の詩集「宇宙のすみっこ」が縁で知り合いました。
同世代、八代出身(なんと幼稚園と中学も同じでした!)という共通点もあり、とても親近感shine
朗読はさすがプロ!
柔らかな声で語られる被爆体験は胸に響き、引き込まれて聴きました。
熊本シティエフエムで担当されている「ゆるるアフタヌーン」(毎週火曜日12:06~)でも、平和や命をよくテーマに取り上げられているとか。
これまでの経験で得られたことや実績を活かして、もっともっと活躍していただきたいと思いました。

城山小学校には被爆校舎の一部が、現在も保存されています。
爆心地周辺に残る、貴重な被爆遺構のひとつで、国の文化財にも登録されています。
ボランティアガイドも常駐していて、詳しい説明も聴くことができますので、ぜひ、機会があれば訪れてみられて下さい。
http://www.nagasaki-city.ed.jp/shiroyama-e/

長崎は原爆の日が近づいて来ています。
今年も暑い夏になりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »