« 嵐のあと、嵐の前 | トップページ | 「セミの穴」 »

2014年8月17日 (日)

「地面の記憶」

  「地面の記憶」

あの日
どれほどの命が
燃え尽き 消えていったのか
あの日
どれほどの声が
どこにも届かず
不気味なきのこ雲の中に
吸い上げられていったのか

この地面は知っている
この地面は忘れない

人間も動物も
草も木も
そこにいた
あらゆる命のうえに訪れた
残酷な終止符
かき消された命の音
死の無音が
この場所を包んだ
八月のあの朝を

この地面は覚えている
この地面は忘れない

あの日
命に起こったすべてのことを
拾われなかった骨たちを抱いた
記憶の地層の奥から
静かに伝え続ける

あの日が
二度と来ないように
あんな日を
二度とどこにも
つくらないように……

                      詩集『宇宙のすみっこ』より

P1000519

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..

上記の詩を、先週火曜日(12日)に、熊本シティFMの「ゆるるアフタヌーン」でパーソナリティの政木ゆかさんが、女優の松岡優子さんと朗読して下さいました。
終戦記念日が近いということで、選んでくださったとのこと。
残念ながら長崎では聴けなかったのですが、心をこめて読んでいただけて、とてもありがたかったです。

先週は、7、8、9日と原爆資料館へ通いました。
出身地熊本の新聞社の記者さんが取材に来られたため、取材協力もしました。
私自身、熊本に住んでいたころは、原爆の日をほとんど意識せずに過ごしていたので、県内出身者がガイドをしているということで、少しでも興味を持ってもらえればと思い、引き受けた次第。
他の記事も送っていただいて読みましたが、被爆者や遺族の方、祈念式典など、とても真摯に取材されたことが伝わってくる、良いものでした。
私も取材を受けたことにより、また、初心に戻れた気持ちがしました。

今年の夏は、きっぱりと晴れた夏空を見る日が少ないです。
それでも、蝉たちは、毎日精一杯鳴いています。
まだまだ残暑は続きますが、皆様も元気にお過ごし下さいませsports

14

|

« 嵐のあと、嵐の前 | トップページ | 「セミの穴」 »

平和」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

「地面の記憶」とてもいい詩ですね!
爆心地あたりを歩いていると、私もそう思うことがあります。
残念ながら私は文才がないのでcoldsweats01、この詩に「そうですよね・・・」としみじみ思っていますclover
ところで今年の平和祈念式典での被爆者代表の「平和への誓い」はすばらしかったですね。まさに被爆地長崎の声だと思いました!
これって地方版にしか載らないのかしらね?
ぜひ日本中の人に知って欲しいです。

投稿: ひさちゃん | 2014年8月18日 (月) 23時22分

〉ひさちゃんさん
ありがとうございます!
爆心地に行くと、いつも厳粛な気持ちになります。

本当に今年の被爆者代表の言葉には、感動しましたshine
ネットなどでは紹介されているようですが、もっと取り上げられて欲しかったですね。
田上市長の「平和宣言」も良かったし、市民として誇りにも感じました。

投稿: りとるこっとん | 2014年8月19日 (火) 08時51分

こっとんさん、今年もお疲れ様でしたconfidentshine
(今、実家で一人で留守番中ですhappy01

長崎では毎月9日にサイレンが鳴り、8月9日にはTVの民間全局で中継が行われているのに、他の地域ではNHKのみ。
終戦記念日もNHK(高校野球では黙祷をしますが)だけ。

何処かの番組で若い世代に「8月15日は何の日ですか?」と質問して答えられたのは半分以下でした。

私自身も長崎に来る前は過去の戦争の事はほとんど知りませんでした。今でも勉強不足ですが、戦争の加害についても少しづつ学んでいます。

あと数年で戦争体験者はいなくなりますが、戦争について真実を学ぶことは大切だと思います。

戦争からは何も生まれない。ただ破壊と崩壊、憎しみだけが起こることを人間は学ばないといけないと思います。

素敵な詩を読んで改めて想いました。

これからもマイペースで頑張りますclover

投稿: マー | 2014年8月19日 (火) 13時03分

>マーさん
私も、まだまだ勉強中ですpencil
長崎では身近に頑張っている人がたくさんいるので、よい刺激をもらえます。
これからも、自分のペースで、自分にできることからしていきましょう。
細くてもいいから、長く…ですね。

投稿: りとるこっとん | 2014年8月19日 (火) 15時07分

おはようございます、お邪魔します。
随分まえに長崎の慰霊祭に参加しました。
学校では戦争の事実は教えても何故戦争になったのか、詳しいことを教えなかったように思います。また両親から戦争体験を聞いて置けば良かったと悔やまれます。
とは云えない日本が戦争と云う愚行に走ることは2度と無いでしょう。
憲法云々と云うまえに人間としての尊厳を持っていると思うからです。
FMでこっとんさんの詩が流れる好機にまだ恵まれないですが気をつけてはいるんですよ。

投稿: 月虹 | 2014年8月23日 (土) 10時28分

〉月虹さん
コメントありがとうございます。
戦争体験者が減っていくなか、せめて、自分の身内の体験は聞いておければ…と思いますよね。
私も亡くなった父から、もっと聞けば良かったと残念です。
ラジオ放送、次の機会には、早めにお知らせできればと思いますsweat01

投稿: りとるこっとん | 2014年8月23日 (土) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/60153547

この記事へのトラックバック一覧です: 「地面の記憶」:

« 嵐のあと、嵐の前 | トップページ | 「セミの穴」 »