« 「梅雨の晴れ間」 | トップページ | 嵐のあと、嵐の前 »

2014年7月 3日 (木)

母校へ

最近、なかなか記事を書く気力が出なくて、半月以上前のことになってしまいますが…sweat01

先月半ば、帰省をした時に、母校の小学校へ『たいくつなトラ』を持って行きましたbook
『うさぎのラジオ』と『宇宙のすみっこ』を届けて以来なので、2年以上ぶりの訪問になります。
教頭先生に渡してから、図書室を見学させてもらい、あとは、しばらく一人で校庭を自由に歩き回らせてもらいました。

建物などはほとんど変わってしまった母校ですが、運動場横にある樹齢千年の大楠(通称、八王さん)だけは、昔のままです。
ただ、いつの間にかロープが張られ、根元への立ち入りが禁止されていました。
枝などが落ちてくるのが、危険ということなのでしょうか?

2014

小学生の頃は、八王さんの幹に空いた洞の中に入って、よくみんなで遊んだものです。
今でもそれは、懐かしくて大事な思い出のひとつになっていますshine

根元を踏まれないことは、樹齢を重ねた木とっても良いことかもしれませんが、八王さんの中に入って遊ぶことができないなんて、今の子どもたちがちょっと可哀想な気がしました。

今回、実家の庭に咲き乱れて(?)いたヒメジョオン。

Photo_6

少しだけ草刈りしましたが、これはそのままにしてきましたcoldsweats01

|

« 「梅雨の晴れ間」 | トップページ | 嵐のあと、嵐の前 »

その他」カテゴリの記事

物語」カテゴリの記事

コメント

八王さんはおとぎ話に出てくるような木ですねsign03
八王さんで遊んでいたなんて、夢のようで羨ましいですshine

ロープで囲まれて、八王さん、寂しそうthink

大木を守らなければいけないというのもあるかもしれませんが、子供たちが遊べながら、木もケアする事は出来ないのかなぁ?

投稿: マー | 2014年7月 3日 (木) 11時03分

こんにちは、お邪魔します。
樹齢千年とはすごいですねえ…
一度抱きついて耳をあててみたいです。

こっとんさんの母校はこっとんさんのご活躍を誇りにされていますでしょう。素晴らしいですね。

余談で恐縮ですが、わが母校の小学校は随分と前に過疎のため廃校になりました。
残念ではありますが二宮金次郎像と校庭は在学の頃のままです。

投稿: 月虹 | 2014年7月 3日 (木) 15時24分

>マーさん
「となりのトトロ」でトトロが住んでいたのも、楠の洞ですねhappy01
本当にあの中は、不思議な空間でした。
もしかしたら、ロープは一時的に張られていたかもしれませんし、そうだったらいいなと勝手に思っています。

投稿: りとるこっとん | 2014年7月 4日 (金) 17時50分

>月虹さん
母校が廃校になったのは、寂しいことでしょう。
今は二宮金次郎像が、校庭と一緒に、思い出も大切に守ってくれているかもしれませんねshine

投稿: りとるこっとん | 2014年7月 4日 (金) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/59851079

この記事へのトラックバック一覧です: 母校へ:

« 「梅雨の晴れ間」 | トップページ | 嵐のあと、嵐の前 »