« もう、レンゲ草 | トップページ | 「新しい町」 »

2014年4月10日 (木)

球磨川の夕陽と…

先週は、用事がありまた帰省していました。

実家の庭の植木の伐採、剪定が終ったので、確認をするのが目的でした。
大きくなり過ぎて、近所迷惑にもなっていたナンキンハゼ数本を根元から伐ってもらい、クスノキやホルトの木などは剪定を頼んだのですが、それ以外にもヤツデや夾竹桃もすっかり根もとから伐ってありました。
ヤツデは伐らなくて良かったんだけどなあ…とちょっと複雑な気持ち。
しかも、業者さんは気を利かせて草刈もしてくれていて、先日、たくさん咲いて喜んでいたスミレもすっかり姿を消していましたcrying
これはかなりショック…でした。
やはり、無理してでも帰って、作業当日に立ち会えば良かったです。
そうすれば、ヤツデやスミレは頼んで残してもらえたのに…。
植木屋さんにとっては、スミレは雑草ですもんね。仕方ありません。言っていなかった私が悪いのです。
がっかりしましたが、植物は強いので、スミレは遠からず生えてくることでしょう。
またそこから少しずつ増やしていきたいと思います。
せっかく庭がすっきり(し過ぎるくらい!?)になったので、また草が生い茂らないうちに、宿根の花を植えたりと、もう少し手入れができればなあと思っていますtulip

草むらが消えた庭で、ツチイナゴを見ました。

Photo

冬にも見かけましたが、もしかしたら、同じ個体でしょうか?
草むらが無くなって、戸惑っているかもしれませんね。

母の住む老人ホームから歩いて戻る時に渡った橋の上から見た、球磨川の上に輝く夕陽がとても綺麗で、足の疲れも忘れてしばし見とれましたshine

Photo_2

長崎への帰路、乗っていた特急の一本前の特急が人身事故に遭遇し、長崎本線が上下線とも1時間半近くのあいだ不通になりました。
私が乗る列車も、途中の駅で1時間半停車。
ドアが開いたので、ホームに降りて、夕陽を眺めたりしました。
亡くなった方のことを思うと、この日の夕陽は、やけに寂しく胸に沁みました。

Photo_3

来週は、長崎市内ですが、引越しをします。
今週から部屋の中に、少しずつ段ボール箱が増殖中…sweat01
空っぽになった棚など眺めながら、しみじみと、この部屋での10年間を思い返したりしている日々です。

|

« もう、レンゲ草 | トップページ | 「新しい町」 »

その他」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

長いことブログが更新されてなかったので、ちょっと心配していました。お元気そうで何よりです。庭のスミレ。残念ですね。植木屋さんも、スミレは知っているでしょうから、一言声をかけてほしかったですね。我が家の道端にも、数年前から名も知らぬ草花が群生して、それは見事なのですが、どうも雑草のようです。可憐な花も、散って葉っぱだけが生い茂ってくるとつい抜いてしまいますよね。お引越し、寂しくもありワクワク感もあり、いろいろですね。腰など痛めないようになさってください。

投稿: 浮雲 | 2014年4月11日 (金) 08時05分

>浮雲さん
ご心配おかけしました。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
なにやら気ぜわしいこと続きで、書きたいことはあるのに、なかなかマメに記事を書けずにいます。
引越しを終えて、年頭からのバタバタ続きにひと段落つけたいものです。

野の花はどれも、よく見ると花屋の花に負けないくらい可憐ですよね。
いつか庭を持って、好きな野の花がたくさん咲く、自分の野原にするのが夢です。
残念ながら、今回の引越し先にも庭はありませんが…。
ベランダ園芸を楽しもうと思いますtulip

投稿: りとるこっとん | 2014年4月11日 (金) 18時49分

クスノキがあるお庭なんて!ご実家のお庭、きっと素敵だろうなぁと想像しました。だからこそ余計に、スミレ、残念でしたね。
また、人身事故にも遭遇され、何かと心ざわつく一日だったのではないかな…と心配しました。
しかし、それでもツチイナゴは成長し、夕日は美しく世界を染めるんですよね。今回のブログ、拝読していて、まるで世の理の縮図みたいだなぁと感じました。
お引っ越しも大変でしょうから、どうぞご無理なさらないようにしてくださいね。

投稿: 詩音 | 2014年4月12日 (土) 14時20分

こんにちは、お邪魔します。
植木も放って置くと大変なことになりますよね。
うちの実家も我が家も手入れがおっつかない状態です。
野草の花が咲くと嬉しくて可愛くて、ついそのままにして仕舞います。
鉢に土を入れて置きますと野草の種が住み着いてくれて花を咲かせてくれるのは有り難いです。
球磨川の夕日は大きいですね、何度も眺めたことがあります。

投稿: 月虹 | 2014年4月12日 (土) 14時41分

>詩音さん
コメント、ありがとうございます。
クスノキは弟が子供の頃、近くの城跡公園から持ち帰って来た小さな芽が、成長しましたbud
ほぼ野放しでやってきた庭なので、近所の方からは素敵どころか、心配されていたようですsweat01
今回の帰省では、道行く人達がうちの庭を見て、「あら、綺麗になってる!」「すっきりしてる!」などと話されているのが家の中まで聞こえてきて、苦笑してしまいましたcoldsweats01
これからは弟と協力して、少しは素敵な庭にしていければと思います。

投稿: りとるこっとん | 2014年4月12日 (土) 21時27分

>月虹さん
コメント、ありがとうございます。
ほんとうに、植物の生命力はすごくて、毎日マメに世話をしないと、あっという間に手に負えなくなりますねsweat01
とはいえ、可愛い花を咲かせていると、私も残してしまいます。
月虹さんは、球磨川の夕日、何度も見られているとか。
私は今回はじめてしみじみ眺めたかもしれません。
これからは、時々眺めるようにしたいと思いますdiamond

投稿: りとるこっとん | 2014年4月12日 (土) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/59402527

この記事へのトラックバック一覧です: 球磨川の夕陽と…:

« もう、レンゲ草 | トップページ | 「新しい町」 »