« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月23日 (水)

「新しい町」

 「新しい町」

新しい町は
他人の顔をしている
店も、田んぼも
のら猫も、すれ違う人達も
みんな
知らんぷりしているようだ

これから ここに住むの
よろしくね

自転車をこぎながら
つぶやいてみたけれど
やっぱり
淋しかった

                 こっとんの葉ノートより

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この詩は、ちょうど20年前に書いた詩です。
九州に戻って来て、最初に住んだ大分から福岡に引っ越した時に書きました。
この時から数えると、5回目の引越しを、17日に無事終えました。house

今回の引越しは、同じ長崎市内での移動ですが、今までほとんどなじみの無い地区へ移ったため、なんだかとても遠くへ引っ越して来た気分です。
窓から見える風景も、以前は山だらけでしたが、今回はアパート、一軒家、山、海といろいろ。
今まで窓から山だけ見ていた猫達は、遠目に見える車や人影に、最初は「ウーウー」うなっていましたcoldsweats01
猫達にとっては、海を見るのは初めてなので、どう思っているのでしょう?wave
猫がしゃべれるなら、聞いてみたいものです。
もっとも、猫がしゃべれるのなら、まずは引越しのことをよーく説明して、パニックにならないように出来たのですが…。

猫達は、荷物を運び出す間、お風呂場で隔離していました。
最初、お風呂場の中では自由にさせておこうと、キャリーバックから出してやったため、私が外に出る瞬間を狙って、猫らも強行脱出。
幸い脱衣所の扉を閉めていたので、部屋の中には飛び出さなかったものの、脱衣所空間は大混乱に陥りましたdashimpact
怪我人ならぬ、怪我猫が出なかったのがラッキーと思えるほどの大パニックでした。

その後、猫達は元の部屋に残し、人間だけが移動して、新しい部屋で荷物を受け取ったあと、夜に迎えに行きました。
ほんとうに長い長い1日で、人間も猫も、ヘトヘトになりましたgawk
何度やっても、引越しは疲れます。
そしていつも、住み慣れた場所を離れるのは、淋しいものです。

まだ荷物は片付いていませんが、猫達も徐々に新居に慣れてきていて(まだビクビクはしていますが)、私もなんとか日常のペースを取り戻しつつあります。
これから少しずつ、新しい町になじんでいければなと思います。

Photo

キャットタワーも新しくなりました。さっそく使ってくれていますcat

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

球磨川の夕陽と…

先週は、用事がありまた帰省していました。

実家の庭の植木の伐採、剪定が終ったので、確認をするのが目的でした。
大きくなり過ぎて、近所迷惑にもなっていたナンキンハゼ数本を根元から伐ってもらい、クスノキやホルトの木などは剪定を頼んだのですが、それ以外にもヤツデや夾竹桃もすっかり根もとから伐ってありました。
ヤツデは伐らなくて良かったんだけどなあ…とちょっと複雑な気持ち。
しかも、業者さんは気を利かせて草刈もしてくれていて、先日、たくさん咲いて喜んでいたスミレもすっかり姿を消していましたcrying
これはかなりショック…でした。
やはり、無理してでも帰って、作業当日に立ち会えば良かったです。
そうすれば、ヤツデやスミレは頼んで残してもらえたのに…。
植木屋さんにとっては、スミレは雑草ですもんね。仕方ありません。言っていなかった私が悪いのです。
がっかりしましたが、植物は強いので、スミレは遠からず生えてくることでしょう。
またそこから少しずつ増やしていきたいと思います。
せっかく庭がすっきり(し過ぎるくらい!?)になったので、また草が生い茂らないうちに、宿根の花を植えたりと、もう少し手入れができればなあと思っていますtulip

草むらが消えた庭で、ツチイナゴを見ました。

Photo

冬にも見かけましたが、もしかしたら、同じ個体でしょうか?
草むらが無くなって、戸惑っているかもしれませんね。

母の住む老人ホームから歩いて戻る時に渡った橋の上から見た、球磨川の上に輝く夕陽がとても綺麗で、足の疲れも忘れてしばし見とれましたshine

Photo_2

長崎への帰路、乗っていた特急の一本前の特急が人身事故に遭遇し、長崎本線が上下線とも1時間半近くのあいだ不通になりました。
私が乗る列車も、途中の駅で1時間半停車。
ドアが開いたので、ホームに降りて、夕陽を眺めたりしました。
亡くなった方のことを思うと、この日の夕陽は、やけに寂しく胸に沁みました。

Photo_3

来週は、長崎市内ですが、引越しをします。
今週から部屋の中に、少しずつ段ボール箱が増殖中…sweat01
空っぽになった棚など眺めながら、しみじみと、この部屋での10年間を思い返したりしている日々です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »