« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

詩集『ズレる?』 

昨年のことですが、ボイスポエム「朗ら朗ら」のご縁で、詩人の西沢杏子さんと、お知り合いになることができました。
西沢さんは、以前、朝日新聞で虫の詩を連載されていて、私は毎回それを楽しみに読んでいました。
なので、お会いできてとても感激したのですが、生き物好きと、九州出身(西沢さんは佐賀県のご出身です)という共通点のおかげで、その後メールのやり取りなどもさせていたいています。

西沢さんは、“虫の落とし文”というHPを運営しておられて、そこには虫の写真を投稿することもできます。
http://www.ne.jp/asahi/mushino/otoshibumi/
(下に、リンクもあります)
虫だけでなく、本の紹介や自然、ご自宅の猫さんたちの写真もあったりして、とても楽しいHPですので、皆様もぜひ訪問されてみて下さいね。
私も実家の庭で見つけたツチイナゴの写真を、さっそく投稿させてもらったのですが、なんとそれが、2013年の珍しいで賞!にbell
賞品には、西沢さんの詩集『ズレる?』を希望して、送っていただきましたbook

ズレる?―西沢杏子詩集 (子ども詩のポケット) ズレる?―西沢杏子詩集 (子ども詩のポケット)
西沢 杏子

てらいんく 2005-08
売り上げランキング : 1996569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

鋭くて、時にはユニークな視点の詩の根底に流れる、命への温かな眼差しと深い共感を感じました。
ハッとさせられる詩がいくつもある、素敵な詩集でした。

西沢さんは童話の本もたくさん書かれています。
先日読んだ『むしむしたんけんたい』シリーズは、虫が好きな子はもちろん、苦手な子にこそぜひ読んでもらいたい!と思えるシリーズでした。
私も“むしむしたんけんたい”に入りたい!と思っちゃいました。

むしむしたんけんたい1 なきむしの巻 むしむしたんけんたい1 なきむしの巻
西沢 杏子 西原 みのり

大月書店 2013-05-24
売り上げランキング : 1175973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ↑ はシリーズ1巻目。他に「にんじゃむしの巻」と、「ふしぎむしの巻」が出ています。
どれもお話自体が楽しいうえに、虫の生態、飼い方などもわかって、お勧めです。

春になると虫達も次々と姿を現します。
今年はどんな虫に出会えるか、楽しみですdiamond
良い写真が撮れたら、また、“虫の落とし文”に投稿したいと思いますcamera

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

熊本シティエフエムにて

先日、詩集『宇宙のすみっこ』を担当してくださった編集者さんからメールがあり、熊本シティエフエムのパーソナリティー、政木ゆかさんから、ご自分の番組内でこの本を紹介したいというお話があったことを知りました。

詩集が出版された時に、私の出身県である熊本の新聞社やラジオ局などへも、出版社の方から送ってくださっていたとのこと。
それを今回、政木さんが手にして、気にいってくださったようです。
『宇宙のすみっこ』が出版されて、2年以上経っても、こうして目を止めてくださる方がいるというのは、本当にありがたいことです。

政木さんは、毎週火曜日12時6分~14時50分に放送されている、「ゆるるアフタヌーン」という番組を担当されています。
いつからからはわかりませんが、今後番組の中で機会がある毎に、詩集を紹介していってくださるということです。
長崎では聴けないのが、とっても残念sweat01
でも、火曜日に帰省していたら、ぜひ聴きたいと思います。
熊本県在住の方は、お時間が合えば、どうぞ聴かれてみて下さいねear

2014

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

今年も元宵団子

ランタンフェスティバルの最終日に昨日、夕方から、長崎の唐寺、崇福寺でふるまわれる元宵団子(げんしょうだんご)を、今年も友人と食べて来ましたhappy01

寒さもなんのその、30分以上並んだあとに食べた元宵団子の美味しかったこと!

Photo_2

これまでは白いお団子2個だったのが、今年は紅白に!
明るい色合いに、見ただけで気持ちが弾みましたnote

Photo_3

中には、ぎっしりとほど良い甘さの胡麻餡が詰まっています。
今年も幸せな瞬間とたくさん出会えますように…shine

Photo

食べたあとは、お線香をそなえてお参りしました。

Photo_4

すれ違った若い女性二人連れが、「わあ、千と千尋みたい~!」と言っていたのが、印象的でした。
本当に、幻想的な光景でした。

今年の冬は、やけに雪のニュースが続きますね。
大雪になっている地域の皆様は、怪我などされませんよう、どうぞお気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

猫欠乏症

先週はずっと実家に帰省していました。
このところ、隔週で母の世話に帰っている状況です。
連日、弟と一緒にフル回転で動き回り、帰宅はたいてい夜。
4泊5日だったのですが、それよりも、ずっと長くいたような気持ちになりました。

Photo

↑ 実家の外壁で冬越ししていたカタツムリsnail
   身ひとつで厳しい冬を越す生き物を見ると、いつも畏敬の念を抱きます。

家をしばらく離れていると、いつも猫欠乏症catになります。
今回も、帰省の途中から、むしょうにうちの猫達に会いたくなりました。
よその猫を見かけると、うちの猫を思い出し、夜寝ていると、また猫を思い出し…、といった具合です。
長崎に戻って、猫達をなでていると、やっと「家に戻って来た~!」と、ホッとします。
猫パワーをもらって、日常モードを回復していきます。

Photo_2

 ↑ 近所の駐車場に去年から現われた猫。豪華な長毛ですshine

良く似た長毛の三毛猫もいますので、多分きょうだい猫と思われます。
二匹ともとても綺麗だったので、最初はどこかの飼い猫かと思いましたが、どうやら野良のようthink
ごはんは誰かにもらっているようです。
近寄ったら逃げていましたが、先日、この茶トラの方が、初めて頭をなでさせてくれました。
なでたとたん、気持ち良さそうに座りこんだのには、ウルウルきてしまいました。
本当は、人間が好きなんだなあ…と。
この子達、だれか飼ってくれないものかと思ってやみません。
ごはんをあげている人達が、いずれちゃんと飼ってくれればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

不思議雲

数日前の朝、空に不思議な形の雲(?)が浮かんでいましたcloud

Photo_2

 ↑ 真ん中に写る、白い斜めの線がそうです。

Photo_3

 ↑ アップにするとこんな感じ。
 尾を引いて飛ぶ彗星のような形です。

Photo_4

 ↑ なんだか、何かが落下したあとにも見えないことも…。

これは、人工衛星か隕石が落ちたあとでは?
なんて、ひとりで盛り上がっていましたが、夫からは「ただのちょっと変わった形の雲でしょ」と笑われてしまいました。
特に何のニュースにもなっていないので、きっとそうだったのでしょうcoldsweats01

ただ、そんなことを考えたせいか、その夜は宇宙に浮かぶ人工衛星が、地上からもはっきり見える夢をみました。
ひとつだけでなく、いくつも雲の向こうに大きく浮かんでいて、それはそれは壮大な光景でしたnight
しかし、夢の後半には、そこから、ふいに巨大な鉄骨が地上へ落下してきて…という、おまけのストーリーまでついて…。
夢とはいえ、相当焦りましたsweat01(まるでパニック映画ですよねwobbly

夢は脳が昼間の記憶の整理をしている作業という説もあるとか。
とすれば、この夢は朝の雲の記憶を脳が整理していたということでしょうか?
日中はすっかり雲のことは忘れて過ごしていたのに、案外、脳にはインパクトがあったのかな? と思ったことでした。

Photo_5

 ↑ そこここで、水仙が綺麗に咲いています。
だんだん早春らしくなっていくのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »