« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

ひまわりの芽が

先月紹介しました、映画「ひまわり」を観に行った時に、ひまわりの種をもらいました。
種が5粒入っていたので、植木鉢に撒いてみたのですが、二本だけ芽が出ましたbud

Photo_3

Photo_4

種からひまわりを育てるのは、子供の頃以来ですhappy01
暑さの真っ只中で、芽が成長するには過酷な気候ですが、無事元気に育ってくれるでしょうか?
なんとか、花を咲かせて欲しいものです。
平和への願いこめて、大事に育てたいと思いますsun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

天然のクーラー

すっかり更新の間が空いてしまいまして、もう先々週のことになりますがcoldsweats01
七ヶ釜鍾乳洞という所へ行って来ました。
うだるような暑さなのに、入り口周辺の空気からして、もうひんやりsnow

Photo

鍾乳洞の中は14度とのことでした。
まさに天然のクーラーpenguin
夏にはぴったりの場所です。

Photo_2

膨大な時間の流れが創り出した光景に、暑さとともに、日常の悩みも、しばし忘れることができました。
やはり、自然は偉大ですdiamond

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

『いつも彼らはどこかに』

『いつも彼らはどこかに』小川洋子著(新潮社)を読みましたbook
新聞広告の“この世界が素晴らしいのは 動物たちがいるから”というコピーに、動物好きな私はすぐさま反応happy01
しかも表紙には、可愛らしい、心惹かれるリス達の絵…。
先日読んで感動した、『川の光 外伝』同様、動物達が主人公の短編集だと思ったのですが…。
想像とは全く違っていました。

どの話も、主人公は人間です。
本の帯には上記コピーとともに、“無力で内気で懸命な彼らのための物語”とあります。
これは、動物たちのことであると同時に、登場人物たちを指してもいます。
胸に孤独を抱えた人物たちの、淡々と流れる日々の中、そこはかとなく漂う、動物達の気配や存在感。
時には支え、時には心にさざなみを立て…。
期待していたものとは違っていましたが、共感できる部分も多々ありました。

個人的には「ビーバーの小枝」の中の最終ページにあった数行が、心に沁みました。

“森のどこかではビーバーが自分の棲みかをこしらえるため、太い木と格闘している。自分に与えられたささやかな歯で、諦めることも知らないまま幹を削ってゆく。不意に、その瞬間はやって来る。一本の木が倒れる。地面の揺れる音が森の奥に響き渡る。しかし誰も褒めてくれるものはいない。ビーバーは黙々と労働を続ける。”「ビーバーの小枝」より

いつも彼らはどこかに いつも彼らはどこかに
小川 洋子

新潮社 2013-05-31
売り上げランキング : 3836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »