« 『ヒロシマ・ナガサキ 二重被爆』 | トップページ | 『想像ラジオ』 »

2013年4月17日 (水)

山笑う

最近、俳句歳時記をよくめくっています。
季節ごとの季語を見ると、先人達の感性と言葉の豊かさに感動しますshine

山の四季の表現も、なるほどと感心するばかり。
今の時分ば、まさしく「山笑う」。
山のあちこちで、新緑がむくむくと、緑色の雲が湧くように輝いているのを見る度に、この言葉が頭に浮かびます。

Photo

ちなみに、夏は「山滴る」、秋は「山装う」、冬は「山眠る」diamond
春の山には他に「山覚める」もあります。

今は、道を歩いていても、様々な花が咲いていて、気持ちを和ませてくれます。

13

↑ 近所の公園で満開の桜。 紅華桜と思われます。

Photo_2
 
↑ クリーム色のモクレンも見かけました。

13_3

 ↑ 野生の藤の花も咲いています。

ままならないことも多い日々ですが、植物や生き物たちの活き活きとした姿に元気づけられています。

|

« 『ヒロシマ・ナガサキ 二重被爆』 | トップページ | 『想像ラジオ』 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/57179349

この記事へのトラックバック一覧です: 山笑う:

« 『ヒロシマ・ナガサキ 二重被爆』 | トップページ | 『想像ラジオ』 »