« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月25日 (火)

「バンダナ」

 「バンダナ」

カメラの向こうで
犬の目が
「なぜ?」と言っていた
首に巻かれた
明るい色のバンダナが
余計に悲しい

最後の部屋へと
押しやられながら
やっぱり犬は
「なぜ?」
とカメラを見返した
「なぜ、捨てられたの?」
「なぜ、殺されるの?」

何十分か後に出てきたのは
バラバラの白い骨
黒い灰
あのバンダナは
もうどこにもなかった

                      詩集『森のたまご』より

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+.

かつて作家の辺見庸さんが犬の殺処分を取材していたテレビ番組を観て、書いた詩です。

先日、映画「犬と猫と人間と」のダイジェスト版を観て来ました。
本来は1時間半ちょっとの映画を20分ほどにまとめたものです。
空前のペットブームと言われるなか、安易にペットを飼っては捨てる心無い飼い主のせいで、今もおびただしい数のペット達が命を奪われているという現実を、わかってはいたものの、改めて否応なく突きつけられました。

イギリスでは、日本のようにペットショップで子犬や子猫をショーケースで並べて、展示販売することは無いということも(お店では小鳥などを扱っていました)、今回、初めて知りました。。
では飼いたい人はどうやっているかというと、保護施設から引き取ったり、ちゃんとしたブリーダーから直接買ったりしているそうです。

日本のような販売方法だと、どうしても売れやすくする為に、より幼い子犬や子猫を仕入れる傾向になり(それはごく小さいうちに親兄弟から引き離すとうことです)、安易な衝動買いも招き、更にお金目当ての劣悪な繁殖業者の存在も許すという、動物にとってはとても幸せといえない現実を作り出しています。
無責任な人に動物を飼わせない為にも、いつか日本もイギリスのような形になっていって欲しいと思いました。

その後にあった講演会で聴いた、「国の偉大さ、道徳的水準は、その国における動物の扱い方で判る」というガンジーの言葉が、とても強く心に残りましたdiamond

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

お知らせ

福岡の友人が、ペットライフサービスKittenを開業しましたのでお知らせしますbell

http://pls-kitten.com/

ペットの送迎やお散歩、そしてシッターのサービスをやっています。
サービスエリアは福岡西区、早良区(一部地域を除く)、城南区、糸島市(旧二丈町を除く)です。
エリア内でペットを飼われている方(またはペットのいるお知り合いがいる方)は、どうぞよろしくお願いいたしますcat

友人と知り合ったのは、WWFJ(世界自然保護基金)…パンダのマークの世界的動物保護団体です…の九州地区会員の集いででした。
彼女に誘われて、福岡市内の小学校で、「絶滅の危機にある動物たち」についての講習会のお手伝いをしたこともあります。
生き物への想いの強さと行動力には、いつも頭が下がるばかりです。
愛情を持ってペットのお世話をしてもらえますheart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

『アハメドくんのいのちのリレー』

友人が勧めてくれた本を紹介します。

アハメドくんの いのちのリレー アハメドくんの いのちのリレー
鎌田 實 安藤 俊彦

集英社 2011-08-26
売り上げランキング : 30364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005年、パレスチナ人の12歳の少年アハメド君は、イスラエル兵の狙撃により脳死に陥ります。彼の父親は、イスラエルの病院で打診された臓器移植を承諾し、アハメド君の臓器は移植されていき、何人ものイスラエル人の子供達を救いました。
このニュースを知り、ずっと忘れられずにいた鎌田實さんが、数年来の夢を叶えて作られた絵本です。
アハメド君のことはもちろん、その後、鎌田さんが会いに行った、アハメド君の心臓を移植してもらって元気になったイスラエルの少女と、その家族と会ったことなども綴られています。

アハメド君のお父さんが言った言葉、「武器を手に戦うことばかりが、戦いではありません。戦い方は、いろいろあるんです」というのが印象的でした。
お父さんは息子の臓器を敵であるイスラエル人も区別なく提供することで、静かに命に区別の無いことを訴え、人と人が憎みあう戦争というものの愚かさと戦っているのだと思いました。

今、世界に、日本に、広がっていっているのは、どちらかといえば、これとは反対の、不寛容、排除の感情のような気がします。
他者を認め合い、許し合い、共存の道を探っていく社会の方が、誰にとっても生き易い社会ではないかと思うのですが…。
不寛容は、人間同士だけでなく対生き物に関してもそうです。
同じ民族、同じ宗教、同じ階級、同じ文化、そして猫1匹歩いていない、虫も雑草も無い町があったとしたら…。
そんな町は、私には息苦しいとしか思えません。
他者への想像力、寛容さを失ってしまえば、残される道は戦争しかありません。
この絵本は、そうでない未来への人間の可能性を示していると感じました。
(臓器移植の是非は別として)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

小さな旅

先週のことになりますが、1泊で伊王島へ行って来ました。
長崎港から船に乗ってわずか20分ship
夕方に家を出発して、対岸の店で夕飯を食べ、それから船に乗り午後8時前に宿にチェックイン。
満月fullmoonを眺めながらお風呂に入って、あとはの~んびり。
翌朝は、午前4時半過ぎには目が覚めてしまいましたが、おかげで、綺麗な朝焼けと日の出を見ることができましたsun

Photo

夜明け前。手前の木はオリーブです。伊王島はオリーブで島おこしをしています。

Photo_2

部屋の窓から見る朝焼け。やしの木の右上には金星がdiamond

Photo_3

長崎市の向こうから日が昇りました。輝く海が神々しかったですshine
まるで田中一村の絵のような光景art
やはり早起きはいいものです。

その後は朝食を食べ、午前10時前の船に乗って島を発ち、11時前には帰宅するという、本当に泊まりに行っただけの「小さな旅」となりました。
それでも、十分のんびりできて、よい気分転換になりましたsnail
伊王島は昨年、橋でつながりましたが、やはり船で行った方が旅気分は味わうことができると思いますshipwave

Photo_4

海の中にあった守り神(?)

Photo_5

島で見かけた猫cat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »