« 映画『グスコーブドリの伝記』 | トップページ | 精霊流し »

2012年8月 7日 (火)

父が他界

先週の月曜日、7月30日に、父が亡くなりまして、急遽帰省し、仮通夜、本通夜、告別式をして、その後のさまざまな手続きなど急ぎのことをいくつか済ませ、一昨日(5日夜)長崎に戻って来ました。

7月27日に肺炎で入院して、4日目に息を引き取りました。
87歳でした。
先月の上旬から食欲が落ち、ほとんど食べれなくなっていたので、そちらを心配していたのですが、肺炎でこんなに急に亡くなるとは思ってもいませんでした。
酸素マスクはつけているものの、意識はあり、一応容態は安定していていると聞いていた為、もともと帰省を予定していた31日に戻って見舞いに…と思っていたのですが。
こちらでの用事をキャンセルして、入院後すぐの週末から帰省しておけば意識のあるうちに行って、声をかけてやれたのに、と悔やまれます。

外国航路の船乗りで、年に2ヶ月ほどしか家におらず、戻ってもあまり家族とは話をしない人でした。
父との、親子らしい思い出もほとんどありません。
会っても話す話題が無くて困りましたが、猫好きだったので、最近はうちの猫達の話や写真には喜んでいました。
晩年、私が長崎に住んでから、父が広島原爆の惨状を2日後に見ていたなどがわかり、そういう話を聞く機会があったのは良かったと思います。

脳梗塞で体が不自由になったあとは、自分でケアハウスを申し込み、そこで暮らしていました。
ずっと距離のある付き合いをしてきたので、父が実際にどんな人生で、どんなことを考えて生きてきたのか、ほとんど知らぬままでした。
亡くなってから、父とよく飲んでいたという従兄達や、世話をしてくださっていたヘルパーさんなどから、話を聞いて、「へえ、父にはそんな一面があったのか」などと驚いているところです。
最後まで家族の世話にはならず逝ったところが、父らしくもあると思います。
まだ残っている手続きなどがありますので、今後も母や弟と協力しながら、ひとつひとつしていく予定ですが、父について考える時間をもらったと思い、やっていくつもりです。

今回は、楓とゆずは留守番させ、メイだけは実家に連れて帰りました。
子猫の無邪気さで、その場を和ませてくれて、何かと助かりましたし、猫好きだった父も、久々に実家に猫がいる光景を、喜んでくれたことでしょうcat

Photo

|

« 映画『グスコーブドリの伝記』 | トップページ | 精霊流し »

その他」カテゴリの記事

コメント

お父様の突然のご逝去、お悔やみ申し上げます。
たいへんでしたね。
身近な人で、思い出を語り合うことが、いちばんの供養になると思います。
お父様のいろんなことを知るお話が聞けてよかったですね。
しばらくは、何かと忙しいと思いますが、無理をせずにがんばってください。

お留守の間、猫ちゃんたちがどうしているのか気になっていましたが安心しました。

投稿: ひさちゃん | 2012年8月 8日 (水) 00時07分

>ひさちゃんさん
ありがとうございますribbon
いろんな手続きをしながら、やはり人が1人この世を去るということは、大変なことなんだな、と思いました。
最期を通して、親からいろいろ学ばせてもらっているのかもしれませんね。
いろいろ考えることの多い夏です。

投稿: りとるこっとん | 2012年8月 8日 (水) 08時50分

いま、ブログを拝見して、驚きました。
突然のことで、どんなに驚かれたでしょう。
でも、別れるときは、
きっと、いつも 急で突然なのですね。

どうぞ お元気を出されてくださいね。
お父様はずっと、あなたのことを思って
おしあわせだったことと思います。
ご冥福をお祈りいたしております。

私も折に触れ、亡くなった父のことを思い出します。
もうすぐ、命日です。

これからも、いろいろ大変を思いますが、
どうぞお身体お大事になさってくださいね。

はたちよしこ

投稿: はたち | 2012年8月11日 (土) 20時25分

>はたちさん
ありがとうございます。
このところいろいろ重なり、ここにきてすっかり脱力状態ですwobbly
お盆を過ぎたら、気持ちを立て直して、動き出さねばと思います。

不思議なことですが、亡くなった今の方が、父のことを生前よりも近しく感じている自分がいます。
気づくと、心の中で話しかけてたりしています。
これからも時々思い出すことが、きっと一番の供養ですよね。

今年も厳しい残暑になりそうですね。
お盆過ぎの方が夏バテになりやすいそうです。
はたちさんも気をつけて過ごされますようにclover

投稿: りとるこっとん | 2012年8月12日 (日) 09時09分

まだお哀しみとお疲れの日々かと思います。

ブログを通じて、お父様のお姿を想っています。お会いしたことはなくても語っていただくとなにか親しい方になったようにおもえるから、不思議です。

少しでも多くのお父様の思い出と過ごされますように。
お体大切になさって下さいね。

投稿: otome | 2012年8月13日 (月) 14時36分

>otomeさん
ありがとうございます。
私自身、今までで一番、父のことを考えた2週間だったかもしれません。
まだ手続きなども残っていますので、ぼちぼちとやっていきたいと思いますsnail

投稿: りとるこっとん | 2012年8月13日 (月) 21時00分

訃報に驚いています。実は、長年使用してきたパソコンが故障し、いろいろ対策をとってみたものの、買い替えを迫られ、きょう、はじめてお父上の逝去を知った次第です。それにしても、まだ逝くには早い年齢ですね。わたしも、若いころ無線通信士として海外航路の貨物船に乗船していた時期がありました。
たくさんの思い出や想いを持って行かれたようですが、親戚の方からエピソードを聞かせてもらうことも供養になるのではないかとおもいます。
重ねて、心より哀悼の意を表します。
暑い日が続いています。くれぐれもおからだ大切になさってください。

投稿: 浮雲 | 2012年8月14日 (火) 07時59分

>浮雲さん
海外航路の貨物船に乗っておられたことがおありとか!
きっと貴重な体験をされたことでしょうね。
父の体験も、生前聞いてみれば良かったな、と今更ながら思います。

出身地が違ったうえに船の仕事だった為、地元には友人もおらず、親兄弟もすでに亡くなり、ささやかな葬儀でしたが、ここでみなさんに偲んでいただき、父も喜んでいると思います。
ほんとうにありがとうございますshine

浮雲さんはお体の調子いかがですか?
残暑厳しいですので、お大事にされて下さい。

投稿: りとるこっとん | 2012年8月14日 (火) 09時58分

久し振りにブログを覗いたら、お父様の訃報のお話で驚いています。
お父様のご冥福を心からお祈りします。

お父様も晩年になっていろいろ話ができて嬉しかったんじゃないでしょうかね。

まだまだ厳しい暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

投稿: たつろう | 2012年8月19日 (日) 23時25分

>たつろうさん
お久しぶりです!ありがとうございます。
私達も親を送る年代になったんだなあと、しみじみと思います。
一緒におれる時間を大事にしたいですね。

そちらも残暑が厳しいようですから、気をつけて過ごして下さいねclover

投稿: りとるこっとん | 2012年8月20日 (月) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/55362966

この記事へのトラックバック一覧です: 父が他界:

« 映画『グスコーブドリの伝記』 | トップページ | 精霊流し »