« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

読書感想画コンクール

先週の22日~24日で、久しぶりに東京へ行って来ましたairplane
というのも、24日に読書感想画コンクールの受賞者表彰式が、東京の如水会館という所で開催されたからです。
そこで、私の著書『七草小屋のふしぎな写真集』の感想画を描いてくれた、仙台市の小学5年生の女の子の絵が優良賞に入選したのですshine
指定図書になっていたわけではなく、自由課題での受賞。
それは、あまたある本の中から選んで描いてくれたということで、すごく嬉しいことです。
著者へも授賞式に招待状が届きますmail
受賞者も仙台から来るとのことでしたし、挿絵を描いてくださった画家の菊池恭子さんにも久々にお会いできるということで、いそいそと出かけて行きましたhappy01

厳かななかにも温かみのある表彰式が終わったあとは、立食のパーティがあり、そこで初めて入選作を見ることができましたart

Photo

会場の明かりが反射していて、イマイチの写りですが…sweat01
『七草小屋のふしぎな写真集』のなかの、第4章・たなばた音楽会のシーンを描いてくれていましたnight
絵の題名は「愛と希望のメッセージ」!!
色使いがとっても綺麗で、雰囲気もあり、ほんとうに素敵な絵でした。
高山植物もちゃんと調べて、ひとつひとつ丁寧に描いてくれていて、菊池さんと一緒に、ただただ感激diamond
受賞した女の子も、利発そうな可愛い子でした。
仙台市内のその子の通う学校は、地震で大きく傷み、現在は仮住まいのプレハブ校舎とか。
いろんな想いをしたなかで、この本を選び、描いてくれたことを思うと、著者としてはありがたく、そして嬉しいばかりです。
おかげで、私も貴重で素晴らしい体験をさせてもらった日でありました。

その後、編集者さんと菊池さんと3人で近くの北の丸公園を少しだけぶらぶらshoe

Photo_2

大きな木がたくさんあって、気持ちの良い公園でした。

Photo_3

隣接して建つ科学技術館。壁の穴が星型なのに注目!eye

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

ゆずテレビにハマる!?

先日、森の番組をテレビで観ていました。
すると、ホットカーペットの上で寝ていたゆずが、急に起きてきて、熱心に画面を観始めました。

Photo_4

どうも、テレビの向こうに森が広がっていると思ったらしく(?)、おもむろに裏側に回りこみました。

Photo_5

ニャーニャー鳴きながら、どうやら、森を探しているよう…。

Photo_6

「森はどこ???」

Photo_7

「どこ、どこ??」

Photo_8

「どこから入れるのーーー!」

散々探して、やっと諦めたようでしたが、その後も、熱心にテレビを観ていました。

Photo_9

ゆずは森に行きたかったのかな?

それ以来、ゆずはすっかりテレビにハマったらしく、しょちゅうこんな感じですhappy01

Photo

 up ゆず、古代人の骨を見る、の図(なかなか勉学心旺盛sign02です)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

少国民資料館へ

先週、小雪が舞うなか、原爆資料館でボランティアを一緒にしている仲間たちと、少国民資料館を見学しに行って来ました。

“少国民”というのは、先の大戦中に子供達のことを呼んでいた言葉です。
小学校も、当時は「国民学校」と言われてました。

Photo

 up 所狭しと展示された当時の資料 

この資料館は、市内在住の個人の方がおひとりで開設され、コツコツと集められてきた当時の資料が展示されています。
これだけの資料を個人で集められたことに、頭が下がります。
戦時中の教科書や、子供向けの読み物雑誌、漫画など、貴重な資料を、実際に手に取って見ることができました。

Photo_2

 up 戦後、黒塗りにされた教科書。
これを見て、当時の子供達は何を思ったことでしょう。

昭和18年に発行された、子供向け雑誌もありました。

Photo_3

開いてみると、執筆者の中には、有名な人の名前がいくつもbook

Photo_4

 up 私が好きな室生犀星や、住井すゑさんのお名前もありました。

昭和18年といえば、戦局もどんどん悪くなっていた頃。
内容までは読む時間はありませんでしたが、当時は書ける内容も限られていたこでしょう。
多くの作家が、戦時中は戦争に協力的な作品を書いていたと聞きます。

現在、子供向けの本を書いている者として、この事実は重く受け止めずにいられません。
自分がもしそういう立場になったら…。
これは自分自身にも突きつけられることだと感じました。

二度と、子供達が少国民と呼ばれるような時代が来ないことを願いますし、なにより大人はそんな社会に決してしてはいけない、と思いました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

元宵団子

きのうはランタンフェスティバルの最終日。
毎年、この日に唐寺の崇福寺で夕方から振舞われる、元宵団子(げんしょうだんご)をいただきに行って来ましたhappy01

旧暦の1月15日は、中国では元宵節と呼ばれています。
(ちなみに旧暦1月1日は春節)
その元宵節に幸福を祈って食べるのが、この元宵団子とのこと。

20101

2

 ↑ 今年は上手く写真が撮れなかったので、一昨年に撮ったものをかわりにアップcamera

ゆでたてのもちもちとした団子の中に、たっぷりと入った胡麻餡がほど良い甘さで、とっても美味しいのですgood
あいにくの雨でしたが、たくさんの人が来ていました。

Photo

 ↑ 崇福寺の門

帰りにランタンフェスティバルも一部見ることができましたdiamond

Dscn3241_3   

Dscn3246

 ↑ 中華街のランタン。あでやか~shine

Photo_2

 ↑ 今年初お目見えの、ピンク色のランタン。実際は、もっとはっきりしたピンク色でしたheart01

温かなランタンの灯りは、長崎の冬の夜にぴったりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

明日は立春ですが…

このところ、ほんとうに寒いですね!!

長崎もきのうは積雪となりましたsnow

Photo

Photo_2

ベランダの手すりに積もった雪で、作った雪熊だるまhappy01です。

昼前に雪はやみ、日が射してきましたが、風が強くて、向かいの山では雪煙が上がっていました。

Photo_3

今日も、北向きの窓から吹き込む風は氷のようでしたpenguin
でも、大雪に見舞われている地域のことを思えば、寒いなんて言ってられませんよね。

節分ということで、味付きのピーナッツを買って来て、年の数だけ食べました。
といっても、もはや、一気に全部食べては、かえってお腹を壊しそうな年齢になってしまったので、3時と、夕食後に半分ずつ、二度に分けて無事完食いたしましたdelicious

インフルエンザも各地で流行していますね。
私は去年は新型インフルエンザに罹りましたが、今年は何型も遠慮したいものです。
もうしばらくは寒い日が続きそうですが、体調に注意して、元気に残りの冬を過ごしたいですねclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »