« 小さなツリーの思い出☆彡 | トップページ | よいお年を☆ »

2011年12月29日 (木)

童話三昧

このところ、立て続けに、低・中学年向きの童話を読んでいますbook
主に寝る前、布団の中で読むことが多いのですが、最近読んだ本をあげると…。

『おしゃべりなカーテン』
『すずをならすのはだれ』
『コンタロウのひみつのでんわ』 以上 安房直子著

『たいこのひびきは森のうた』
『おちばおちばとんでいけ』
『お月さまにとんでいったデブール』
『おいなり山のひみつ』  以上 茂市久美子著

『とびらをあければ 魔法の時間』 朽木祥著

『森のお店やさん』 林原玉枝著

『こもり森のわすれなぐさ』 今村葦子著

『はらっぱのおはなし』 松居スーザン著

  (著者敬称は略させていただきました)

共通するのは生き物達の物語、または、ファンタジーということ。
理由は単純に、自分がそういう話が好きだからですhappy01
低・中学年向きの童話は、大人だったら、2、30分ほどで読み終えることができる長さのものが多いので、今から読書するぞ!と構えなくても大丈夫。
そうして、読み終えたあとは、お風呂につかったあとのように、胸の中が心地良いぬくもりに浸されていますconfident
やはり寝る前には、穏やかな気持ちになりたいものですし…cute
私の場合は、好きな作品を読むと、自分の創作意欲も刺激されるので、一石二鳥sign02でもあります。
どうやら寝る前のこの習慣、当分続きそうです。
大晦日の夜も読んで寝たら、良い初夢を見れるかなあnight

Photo

|

« 小さなツリーの思い出☆彡 | トップページ | よいお年を☆ »

物語」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

最近特に本を読んでいない私にとって、こっとんさんのような感じで童話を読むのはいいかも!と思いました。
かたい頭を柔らかく優しくしてくれそうですconfidentheart04

投稿: のら | 2011年12月30日 (金) 11時21分

はじめまして、呼戯人(コギト)と申します。歳を取って(五十五歳)、定年後に何をしようかと考え、詩や童話を読んだり書いたりして過ごそうかと思ったりしているこの頃です。りとるこっとんさんは詩集や童話を出版して凄いですね。今度、読まさせて頂きます。童話はあまり読んだことがないので、色々教えてください。

投稿: 呼戯人 | 2011年12月30日 (金) 13時04分

>のらさん
童話は大人が読んでも楽しめるものがたくさんありますbook
きっと気に入るものが見つかると思いますよ!
お試し下さいねwink

投稿: りとるこっとん | 2011年12月30日 (金) 14時05分

>呼戯人さん
コメントありがとうございますribbon
童話は子供だけの為のものと思われがちですが、大人が読んでも感動したり、大事なことに気付かされたりすることがたくさんあります。
ぜひ、機会を見つけて読まれてみて下さい。
きっとお好みのが見つけると思いますhappy01

投稿: りとるこっとん | 2011年12月30日 (金) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/53594127

この記事へのトラックバック一覧です: 童話三昧:

« 小さなツリーの思い出☆彡 | トップページ | よいお年を☆ »