« お腹・お腹・お腹… | トップページ | 暑くても… »

2011年6月22日 (水)

「ねむのともし火」

Photo

「ねむのともし火」

向かいの山に
ことしも
ねむの花が咲いた

夕暮れの空気を
ふうわりと
淡く染めて

緑の山が
そこだけ ほお紅を
つけたみたいに

向いの山に
ことしも
もも色の
ともし火がともった

夏を呼ぶ
むかえ火のように

           『少年詩の学校』8号掲載

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

今年も大好きなねむの花の季節がやって来ました。
去年は、このピンク色の花を見かける度に、写真を撮っていました。
でも撮り始めたのが、満開を過ぎた頃でしたので、今年こそは、一番いい時期の花を撮りたいと思っていますcamera

隣のビルの駐車場にも、ねむの木が一本あるのですが、きのう、花が咲き始めているのに気付きました!

Photo_2

まだつぼみの方が多いですが、徐々に咲きそろっていくことでしょう。

はかなげで、ふうわりと柔らかなねむの花。
これからしばらくの間、あちらこちらで楽しめそうですshine

|

« お腹・お腹・お腹… | トップページ | 暑くても… »

」カテゴリの記事

コメント

「ねむのともし火」。素敵な詩ですねconfident

物語のような詩で心が暖かくなります。
ふうわりとという表現も素敵。

投稿: のら | 2011年6月23日 (木) 09時07分

>のらさん
ありがとうございますcherry
気をつけて見ていると、お近くにもねむの木があるかもしれません。(花の時期が見つけるのには最適ですwink
外歩きの時などに、探してみて下さいね!

投稿: りとるこっとん | 2011年6月23日 (木) 10時12分

数日前、伊豆半島の先端に近い下田市の下田公園に紫陽花を見に行く途中、大きなねむの木に「ほお紅」をさしたようなピンクの花が咲き誇っているのを見つけました。文字通り「ふうわりと」咲いていました。
通りすがりに偶然に出会ったこと、うれしいことでした。

投稿: 浮雲 | 2011年6月26日 (日) 08時36分

>浮雲さん
偶然、ねむの花が咲いている場面に出会うと、嬉しいものですねshine
思わぬ贈り物をもらった気持ちになりますpresent

投稿: りとるこっとん | 2011年6月26日 (日) 11時07分

花の先っぽは、ふわふわですか?
触ってみたくて…凄く気になります。

「緑の山が
そこだけ ほお紅を
つけたみたいに」

って、情景が目に浮かぶようです。ほんのり乙女色のお山。恋の季節でしょうか(笑)

投稿: 詩音 | 2011年6月29日 (水) 21時23分

>詩音さん
ネムの花はふわふわですよaries
とっても柔らかくて気持ちがいいので、機会があったら、ぜひ触ってみて下さい。

投稿: りとるこっとん | 2011年6月29日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/52010900

この記事へのトラックバック一覧です: 「ねむのともし火」:

« お腹・お腹・お腹… | トップページ | 暑くても… »