« イタタタ(*_*) | トップページ | 地震のこと… »

2011年3月 9日 (水)

春の詩ふたつ

Photo

「梅」

固くにぎりしめていた
春を
風の中に解き放ち

梅の花が咲いた


Photo_2

「つぼみ」

いく重にも
ねん入りに折りたたんだ
花びらの奥に
冬からもらった
強さをひそませ
つぼみは
春の合図を待っている
希望という輝きを
身にまとって

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°

先日(骨折前ですsweat01)川辺の道を歩いていて、椿の蕾の美しさに目を奪われましたlovely
幾重にも巻いた花びらが、まるで薔薇の花のようshine
咲いている花はもちろんですが、蕾もそれぞれが花とは違った美しさをそなえていることに、改めて気が付きました。
今の時期は、ほころびはじめた木の芽や、蕾を観察しながら歩くのも楽しそうです。

これからますます、花々が咲きそろう季節tulip
虫たちもやがて姿を現すことでしょう。
早くウォーキングを再開したいものですshoe

|

« イタタタ(*_*) | トップページ | 地震のこと… »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

椿のつぼみ、本当にバラのようですね。
骨折が治って、桜の咲く頃にはウォーキングができるようになっているといいですねcherryblossom
(完治するにはまだ早いかな?)

投稿: のら | 2011年3月11日 (金) 00時13分

>のらさん
ありがとうございます!
春のパワーをもらって、ぐんぐん治したいと思いますrock
お花見ウォーキング行きますともriceballcherryblossom

投稿: りとるこっとん | 2011年3月11日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/50976479

この記事へのトラックバック一覧です: 春の詩ふたつ:

« イタタタ(*_*) | トップページ | 地震のこと… »