« 春の詩ふたつ | トップページ | 動物たちのこと・追記 »

2011年3月13日 (日)

地震のこと…

おとといの夕方から、就寝時以外は、ほとんどテレビの前から動けずにいます。
ニュージーランド地震のショックがまだ続いていたのに、まさか日本でこんなに大きな地震が起きてしまうなんて…。
伝わってくる被害の、あまりの大きさに言葉を失うばかりです。
家が、車が津波に流されていく映像や、それを呆然と見ている人々の姿を見るたびに胸が締め付けられます。
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
そして、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

あの日、うちの夫も出張で東京に行っていて、品川区で地震に遭遇しました。
ビルの18階にいたので、揺れがすごく、何かに掴まっていないと立っておられないほどだったそうです。
女性社員の中には、泣き出してしまった人もいたとか。
周辺の高層ビルが大きく揺れているのも見えて、とても怖かったとのこと。
夜、歩いてホテルまで移動する時には、歩道には歩行者があふれ、ホテルのロビーも帰宅困難な人達に開放され、とても、ものものしい雰囲気だったということでした。
その後も余震が続くなか、きのう、飛行機で長崎に戻って来ました。
都内在住の弟やメールで連絡が取れた友人達も何事も無く、胸をなでおろしました。
でも、被害に遭われた方々のことを思うと、気持ちは沈んだままです。
原発の状況も、非常に気になります。

今は、ただただ、安否不明となっている方々が、ひとりでも多く無事でおられること、救出されること、そして原発が最悪の事態にならないことを願ってやみません。

|

« 春の詩ふたつ | トップページ | 動物たちのこと・追記 »

その他」カテゴリの記事

コメント

今回の大地震は地獄を見ているかのようです。津波がこんなに怖いものだと知ってはいたものの、びっくりしましたし、何度見ても涙が出てしまいます。

一瞬で家族を亡くされた方などが泣いているとたまらなく苦しくなります。

改めて原子力発電の怖さ、自然の脅威(戦争などの爆撃で町や人が一瞬のうちに無くなる怖さにも似ている気がしました)を感じました。


投稿: のら | 2011年3月13日 (日) 23時20分

>のらさん
日に日に被害の甚大さが露になってきて、見ていても辛いですね。
これから少しずつ、私達にも協力できることがわかってくると思うので、寄付をはじめ、できることはしていきたいですね。

投稿: りとるこっとん | 2011年3月14日 (月) 10時21分

息子夫婦が仙台に住んでいます。
青葉区と若林区の職場でそれぞれ地震にあいました。
直後、余震の続くなか息子はずいぶん離れている若林小学校まで歩いて嫁を探しに行ったそうです。
夜になって「ふたりとも無事。若林小学校の体育館にいる。」と連絡がありほっと胸をなでおろしました。
でもテレビを見ていると、その若林区の荒浜に大津波がきて、200~300の遺体が打ち上げられているというので不安で眠ることができませんでした。携帯も通じなくなりました。
13日夜、ようやく電話があり、ふたりして自宅に戻ったとのことで、緊張が解けた途端に身体がガタガタ震えるようでした。
電気もガスもなく、まだまだ不自由な生活ですが、生きていてくれてほんとうによかったです。

投稿: ひさちゃん | 2011年3月15日 (火) 12時56分

テレビで被災地の様子を見ていると、こんなことがあるのだろうか、と怖ろしくなります。
こんなところに息子たちがいたのかと思うと身体が震えます。

それにしても
「我欲、物欲、金銭欲の日本人への天罰。
 津波をうまく利用して我欲を一回洗い落とす必要がある。」
と言った石原都知事に一言。
天罰は、その無神経で非情な貴方が受けるべきだ!

投稿: ひさちゃん | 2011年3月15日 (火) 13時24分

>ひさちゃんさん
本当に、本当に息子さん夫婦、ご無事で良かったです。
被害の大きさを知れば知るほど、そう思います。
若林区といえば、たくさんの犠牲者が出ている場所なので、連絡が取れるまで、どれほど胸がつぶれるような思いをされたことでしょう。
11日夜にご無事とお聞きしてホッとしていたのですが、その後もそんなに辛い時間を過ごされていたとは、思ってもいませんでした。
息子さん達は、今も不便な生活の中、ご夫婦で支えあってがんばっておられるんですね。
一刻も早く、支援の手が被災地全体に行き渡ることを祈ります。
そしてみんなで、被災者を支えていきたいですね。

投稿: りとるこっとん | 2011年3月15日 (火) 15時06分

>ひさちゃんさん
石原知事には、常々、作家でもある(あった?)はずなのに、他者への想像力が感じられず、言葉の使い方もあまりにひどいな、と思っていましたが…。
今回の言葉にもあきれ返ってしまいました。
無神経にも程があります!
これが日本の首都の長かと思うと、情けなくなりますね。

投稿: りとるこっとん | 2011年3月15日 (火) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/51105893

この記事へのトラックバック一覧です: 地震のこと…:

« 春の詩ふたつ | トップページ | 動物たちのこと・追記 »