« 「夜の陽だまり」 | トップページ | 「バス停の猫」 »

2010年12月 1日 (水)

いきものつながりアート展

現在、長崎県美術館2Fホールで開催中の、「いきものつながりアート展」を観てきました。
(11月27日~12月6日で開催中)
http://www.yamanekobo.com/2010ikimono.html

「海と山のはざま」というテーマで、国内の6人の作家さんの作品が展示してありました。
“いきものつながり”の“つながり”とは、食物連鎖・自然環境といった生き物のつながりと、「いきもの」という共通の関心で出会った人達のつながり、というふたつの意味がこもっているそう。
生き物大好きの私としては、これは行かねば! と思った次第happy01
今回参加されている作家さんは以下の方々です。

大田黒 摩利さん (絵画)
落合 けいこさん (ぬいぐるみ)
鈴木 勉さん   (バードカービング)
中川 雄三さん (写真)
松村 しのぶさん (フィギュア)
山村 日和さん (ステンドグラス)

どの作品もリアルで、活き活きとしていて、思わず見入ってしまいました。
生き物に対する愛情と、畏敬の念が感じられるものばかりでした。
会場は小さいですが、伝わってくる想いは大きなアート展ですart

ちなみに、ぬいぐるみ作家の落合けいこさんは、“やまね工房”を運営されていて、私はそこのぬいぐるみをいくつも持っています。
前に久住への旅で、ナビゲーター役で登場してくれたナキウサギも、ここのぬいぐるみです!
それから、松村しのぶさんは、私が一時期はまって、買いあさってしまったチョコエッグのオマケ(いわゆる食玩)の動物フィギュアの原型を造られた方。
今回は、入ってまず、松村さんのニホンカワウソのフィギュアに感動しましたshine
もし、お近くでいつか開催されることがあれば、動物好きな方はぜひ観に行かれてみて下さい。

私も生き物の素晴らしさ、いとおしさを表現し続けていきたいと思っていますので、おおいに刺激を受けることができました。

Photo_2

|

« 「夜の陽だまり」 | トップページ | 「バス停の猫」 »

生き物」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

コメント

かわいい写真smileheart01

美術館の近くにいながら、なかなか訪れず、知らずじまいになりそうでしたcoldsweats01

明日、是非是非行きたいと思いますdogshine


投稿: のら | 2010年12月 2日 (木) 17時40分

>のらさん
動物好きなのらさんなら、きっと楽しめると思いますよgood
ショップでは、やまね工房さんのぬいぐるみも販売していました。
ぜひ、見学しに行って下さいwink

投稿: りとるこっとん | 2010年12月 2日 (木) 20時57分

ぜひ出かけたくなるような内容ですね。わが街にも美術館があり、障害を持つ中高生の作品発表などを見に行くことはありますが、なんとなく遠い存在です。ただ、雰囲気がいいせいでしょうか、テレビドラマのロケに使われることが多いようです。自慢は、佐藤忠良の作品が数点展示されていることでしょうか。

投稿: 浮雲 | 2010年12月 7日 (火) 11時23分

>浮雲さん
佐藤忠良さんといえば、絵本「おおきなかぶ」の絵も描かれた方ですね!
ドラマのロケに使われる美術館なんて、きっと素敵なところなんでしょうねshine

投稿: りとるこっとん | 2010年12月 7日 (火) 14時12分

写真かわいい!!
面白そうなイベントですね…って既に終わっているcoldsweats01
趣味の関係上案内をいただくことが多いので、美術館やギャラリーはよく行きますが、絵画のほうが多いですもんね~。ぬいぐるみやフィギアの展示会heart04楽しそうだなぁ。立体もいいですねaries
ちなみに、触れる展示会でしたか?

投稿: 詩音 | 2010年12月11日 (土) 18時37分

>詩音さん
展示作品には触れることはできませんでしたsweat01
でも、ワークショップなどはあったかもしれません。
今回は東京と長崎でしか開催されなかったようですが、これからもいろんな場所で開催されていくといいなと思いましたdiamond

投稿: りとるこっとん | 2010年12月11日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/50184097

この記事へのトラックバック一覧です: いきものつながりアート展:

« 「夜の陽だまり」 | トップページ | 「バス停の猫」 »