« 「バス停の猫」 | トップページ | 「どんぐり ひとつ」 »

2010年12月 8日 (水)

秋から冬へ

地方によってはもうすっかり冬という場所もあるでしょうが、九州は今、秋から冬へ移ろうとしているところです。
近所でもサザンカが花を咲かせ始めました。

Photo_5

かと思うと、同じ場所にまだハイビスカスも咲いていたりして…。
ちょっと不思議な光景です

Photo_6

桜の葉も真っ赤に紅葉していました。

Photo_7

本来クモが苦手な私ですが、今年はコガネグモをいつになく観察してしまいました。(恐る恐るですが…)
芸術的な巣や、大きなメスの近くにいる、小さなオス…とか。
ずい分寒くなってきましたが、まだメスグモたちはがんばっています。(オスグモはどこへ?

Photo_8
ただ、今週続く雨で、ほとんどのクモが寿命を終えるのではないかと思います。
冷たい雨のなか、じっと耐えているコガネグモを見るとジンとしました。
これも、少し前にコガネグモを童話に登場させるために、生態などをいろいろ調べたからです。
やはり、“知る”ということは、相手への共感につながり、とても大事なのだと思いました。

から冬へ…。
気温は下がってきますが、寒いからこそ、心の温度は温かくしておきたいものです

|

« 「バス停の猫」 | トップページ | 「どんぐり ひとつ」 »

自然」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「知る」・・・って大事 にとても共感を覚えます。
お花や生き物の名前を覚えただけでも ぐんと親近感が沸いてきますし、生態を知ると尚更ですね。
今まで苦手だったものでも いとおしく感じるようになって・・・。

カマキリが苦手で見るのもダメだった我が、テレビでカマキリの生態などを知ってから かなり大丈夫になりました。
人間の世界もきっと同じだと思いますけど・・・対人間となると難しいですね。

投稿: zucca | 2010年12月 8日 (水) 21時54分

>zuccaさん
本当に、名前を覚えるだけでも、親近感がぜんぜん違いますね
人間同士も互いを知ることで、共感し合えることも多いですが、考え方の違いもはっきりしたりします。
生き物って、案外同種族との付き合いの方が難しかったりするようです
(うちの達を見てもそう感じます

投稿: りとるこっとん | 2010年12月 9日 (木) 16時25分

「知る」ことで共感を覚えるってありますよね。ただ、私はカエルがだめで、怖いのでいろいろ知ってたりするのですが、彼に関しては、ダメなものはダメでした(未だに写真もダメです)
相手への共感にも繋がると同時に、自分への振り返りにもなるよなぁ、などと思っています。
某先生から、カエルの話を書くためにカエルを飼ったことを伺い、また、苦手なのにクモの生態を調べたこっとんさんを知り、プロは凄い!!と改めて尊敬です。

投稿: 詩音 | 2010年12月11日 (土) 18時58分

>詩音さん
人によって、苦手な生き物が違うのも、面白いですね。
私もクモは今だにあまり近くでは見れませんし、大きな種類のは、図鑑の絵でも怖いですよ
ましてや、飼う域などには、とてもとても達することはできないでしょう
でも、これからも生態などは知っていきたいと思います。

投稿: りとるこっとん | 2010年12月11日 (土) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋から冬へ:

« 「バス停の猫」 | トップページ | 「どんぐり ひとつ」 »