« 秋から冬へ | トップページ | 水色首輪 »

2010年12月12日 (日)

「どんぐり ひとつ」

Photo

  「どんぐり ひとつ」

秋のおわりに
どんぐり ひとつ
リスがうめたよ
森の中
ほっくりあたたか
地面の下で
のんびり春の
夢をみる
木枯らしの歌を
ききながら

春になったら
どんぐり ひとつ
リスがわすれた
森の中
ほっこりやわらか
陽ざしをあびて
どんぐりゆっくり
芽をのばす
春風のうでに
むかえられ

                 こっとんの葉ノートより

Photo_2

リスは冬に備えて、森のあちこちにどんぐりを埋めるそうです。
そうして、埋めた場所を忘れて、そのままになるどんぐりも多いとか…。
そういうどんぐりは、春になると芽を出し、森を彩っていきます。
知らず知らず、リスたちは森作りに貢献しているってことですね
この秋も、きっとあちらこちらの森で、せっせとリスたちがどんぐりを埋めたはずです。
来年の春、忘れ物のどんぐりが、たくさん芽を出して森の仲間入りをすることでしょう

|

« 秋から冬へ | トップページ | 水色首輪 »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

コメント

やさしいメロディーをつけて歌にしたいようなすてきな詩ですね。
娘が幼い頃飼っていたリスを思い出しました。
かごの中でなく、そんな森で暮らしたかっただろうなあ

投稿: ひさちゃん | 2010年12月12日 (日) 23時24分

>ひさちゃんさん
ありがとうございます!
今回は童謡詩を書いてみました
上の、リスがどんぐりを持っている絵(秋バージョン)から発想した詩です
詩ができたあとに、今度は春バージョンの絵も描いてみました
リスを飼っておられたことがあるんですね!
リスって、ただ見ているだけでも癒されそうな、愛らしい姿かたちをしていますよね。
子供の頃、とてもリスが飼いたかった頃があったのを思い出しました

投稿: りとるこっとん | 2010年12月13日 (月) 10時09分

お久しぶりですぅ^^

癒されにやってきましたぁぁ。。あぁぁ。。

ふぉんわか気分をありがとうぉ~ですぅぅ^^

投稿: りぃー | 2010年12月13日 (月) 18時26分

>りぃーさん
お久しぶりです!
ごぶさたしていて、ごめんなさい
こちらだけは、ぼちぼちペースで更新しています。
ほんわかしてもらって、嬉しいです

投稿: りとるこっとん | 2010年12月13日 (月) 19時33分

かわいい

気持ちがやわらかくなりました

疲れてた心に温かいものが流れてきました

詩もパステル画も、大好きです

投稿: のら | 2010年12月15日 (水) 02時00分

>のらさん
ありがとうございます
ホッとしてもらえて、嬉しいです。
のらさんのコメントで、私の胸も温かくなりました

投稿: りとるこっとん | 2010年12月15日 (水) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんぐり ひとつ」:

« 秋から冬へ | トップページ | 水色首輪 »