« 尾まがり! | トップページ | いきものつながりアート展 »

2010年11月28日 (日)

「夜の陽だまり」

  「夜の陽だまり」

遠い窓のあかりが
闇の中で
またたいている
ひとつひとつの
輝きの奥に
いのちを抱いて

さまざまな
時間を 想いを
光の毛布でくるみ
あたためる

窓のあかりは
夜の陽だまり
いのちの居場所を
照らしている

                  こっとんの葉ノートより

Photo_2

最近は、暗くなるのがめっきり早くなりました。
日が暮れた帰り道、バスや電車の中から、家やビルの窓にともるあかりを見るのが好きです。
窓の向こうには、どんな人達がいて、どんな時間が流れているのだろう。
あかりの下で、何を思って過ごしているのだろう…。
そんなことを考えながら家に戻り、自分も小さな窓あかりのひとつを灯すのです。

遠くから見る窓のあかりは、どれも優しく、そして寂しげですshine

|

« 尾まがり! | トップページ | いきものつながりアート展 »

絵画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

家々の窓のあかりを見ていると「ああ、ここにも家族、生活がある。」とこころがほっこりしますねconfident
それぞれの日々のなかで笑ったり、泣いたり
たまには喧嘩したり悩んだり、愛したり・・・
「これ美味しいね。」て、なに食べてるんだろう。
そう思いながら見ているとなぜか涙がこぼれそうになることがあります。
人はみんな一生懸命に生きている、健気に生きている!すごいなーshineと胸がいっぱいになるのです。
自分も窓あかりのひとつ・・そうですよね。
それ、考えたことありませんでしたflairsweat01

投稿: ひさちゃん | 2010年11月29日 (月) 00時05分

>ひさちゃんさん
ほんと、窓あかりを見ていると、ささやかないとなみが、いとおしく感じますねcute
もしかしたら、自分の家のあかりも、どこかの誰かを励ましたり、ほっこりさせているかもしれませんshine

投稿: りとるこっとん | 2010年11月29日 (月) 00時20分

今まで住んだことのある福岡や広島に比べると、夜の街のパステル画も少し雰囲気が変わってて良い感じですねcute

長崎は街灯が少ない町。
通りから外れると真っ暗な道を歩くこと、しばしば。
そんな時、家やマンションの明かりがあるとホッとしますnight

と・・・よく考えたら、今私の住んでいる場所は、夜になると周りに人がいなくなる商業&工業地・・・・。
両隣に住民はいない。
怖ーいbearing

投稿: のら | 2010年12月 1日 (水) 00時11分

>のらさん
たしかに、長崎は入り組んだ細い道が多くて、そういうところは街灯が少なかったりして、夜に1人で歩くと怖いですねcoldsweats02
昼間は小道を歩き回るのが楽しくて好きなのですが…。
昼と夜で、街の表情って全く違うものですねnight

投稿: りとるこっとん | 2010年12月 1日 (水) 08時44分

夜の窓の灯。本当、癒されますよね。私、学生のころ、夜の散歩runが趣味だったので、深夜などに街中をぐるぐると歩き回っていたのですが、窓の灯を見ると、こころにも灯がともったような感覚になっていたのを思い出しました。
今では、怖くて…とても出来ない若気の至りの趣味ですcatface

投稿: 詩音 | 2010年12月11日 (土) 18時30分

>詩音さん
うわー、深夜の散歩、大胆でしたね。
たしかに怖いもの知らずの若さゆえにできたことかもcoldsweats01
長崎は夜景が綺麗な町なので、いつか見に来て下さいませnight

投稿: りとるこっとん | 2010年12月11日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/50137062

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜の陽だまり」:

« 尾まがり! | トップページ | いきものつながりアート展 »