« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

「夜の陽だまり」

  「夜の陽だまり」

遠い窓のあかりが
闇の中で
またたいている
ひとつひとつの
輝きの奥に
いのちを抱いて

さまざまな
時間を 想いを
光の毛布でくるみ
あたためる

窓のあかりは
夜の陽だまり
いのちの居場所を
照らしている

                  こっとんの葉ノートより

Photo_2

最近は、暗くなるのがめっきり早くなりました。
日が暮れた帰り道、バスや電車の中から、家やビルの窓にともるあかりを見るのが好きです。
窓の向こうには、どんな人達がいて、どんな時間が流れているのだろう。
あかりの下で、何を思って過ごしているのだろう…。
そんなことを考えながら家に戻り、自分も小さな窓あかりのひとつを灯すのです。

遠くから見る窓のあかりは、どれも優しく、そして寂しげですshine

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

尾まがり!

長崎では、しっぽが曲がった猫のことを、「尾まがり猫」と呼びますcat
なんでも、長崎の猫の尾まがり率は日本で一番高いとか!?
だから、外で猫に会うと、ついしっぽを見てしまいますeye
先日も、友人を待っていたら、白猫が寄って来ました。
見ると、立派な尾まがりenter

Photo

人懐こい猫で、友人が来るまで、私の膝の上に乗っていました。

我が家の三catでは、ゆずだけが尾まがりです。

Photo_2

見た目はおだんご型に見えますが、しっかり巻いていますtyphoon
後姿全体で見るとこんな感じ。

Photo_3

興味を持つものを見ている時は、短いしっぽがくるんくるんと回ります。
ほかの猫はびっくりした時など、しっぽの毛がぼわっと膨れますが、ゆずのしっぽはわかりませんsweat01
また、通りすがりに、しっぽの輪っかになっている部分に指をかけて引っ張ると、ころんと転がります。
なかなか楽しめる、興味深いしっぽです。

もし尾まがり猫コンテストがあったら、けっこういいセンいくかも…、と心ひそかに思っている飼い主ですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

雲の山並み

今朝は冷たい雨が降っていますrain
このところ20度前後の過ごしやすい日が続いていましたが、明日からまた気温が下がってくるようです。
今朝の雨は、寒さを連れてくる雨なのでしょう。
といっても、下がってもまだ15、6度なので、北国の人からは、そんなの寒いうちに入らない! と言われそうですが…coldsweats01

きのう、買い物がてら散歩に出たら、はるか向こうに白い山並みがfuji

Photo

と、思ったら雲でしたcloud
雲がまるで山のような形になっていました。
ふと、懐かしい北アルプスのことを考えました。
そろそろ雪化粧し始めるころでしょうか。

きのうは白に縁のある日(?)でした。

Photo_2
私が近くを通ったので、逃げてしまったシラサギの後姿です。(ちょっとボケていますがsweat01
羽を広げると、まぶしいほどの純白shine
生き物や自然の造形の美しさ、細やかさには、いつも感動させられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

秋色

最近、うちのあたりでもようやく、木々の葉が染まりました。

Photo

ナンキンハゼの紅葉です。
いつも鮮やかな赤apple
その後は、ポップコーンのような実をつけます。

Photo_2

近くの学校の銀杏の黄葉。
学校に銀杏はよく似合いますdiamond

うちの周辺の山は常緑樹が多いのですが、緑の中にもぽつんぽつんと紅葉した木が見られます。
常緑樹の森でも、四季の表情はちゃんと変化していますconfident

Photo_3

Photo_4

アキノノゲシupwardright
よくある野草ですが、こうして見ると、コスモスにも負けない可憐さshine

九州は、まだ外歩きが心地よい気候が続いています。
もう少しのあいだ、秋色を楽しみたいと思っていますmaple

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

「すみっこ」

「すみっこ」

ぽつん と
ひとりになれるのが
いい

自分の中に
もぐっていくことも
遠くまで
見渡すこともできるから

すみっこの席が好き
すみっこが
いい

                                  こっとんの葉ノートより
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo

原稿の推敲をする時、よく外へ出かけます。
一番よく行くのが、歩いて30分ほどのスーパーの中にある、パン屋のイートインコーナーですcafe
他にもフードコートや、カフェなど、何箇所か気に入りの場所があります。(どこも1人で入りやすい場所)
それらの店の、すみっこの席に座って推敲すると、不思議と家よりも集中してできるのです。
しかも窓際で、外が眺められれば、もう文句なしですgood
まわりが多少ざわざわしていても、気になりません。
それどころか、喧騒の中でひとり、すっと自分の世界の中にもぐっていく感覚が、心地よくもあります。

席だけではありません。
生きていくうえでも、すみっこの場所から、物事を見つめたり、考えたりするのは大事なことのような気がしています。

これからも、すみっこから、ささやかな発信をしていければ、と思っていますpencil

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

きなこ病院へ

今日は朝からきなこを動物病院へ連れて行きましたhospital
猫はもともとよく吐く動物ではあるのですが、きなこは他の猫に比べると特に回数が多く、3、4日に1回は吐きますsweat01
どれもだいたい、食事を食べてすぐにもどし、その後はケロっとしています。
食欲も他の猫より一番あるし、元気に走り回りもするのですが、今週は3日連続で吐いたので、やはり一度相談してみたがいいと思い、連れて行きましたrvcar
いろいろ先生と話して、餌のやり方などを変えて、もうしばらく様子をみることに。
(一応、胃の粘膜保護の薬もいただいて)
それでも、吐く頻度が変わらないようなら、本格的な検査をすることになります。
吐く瞬間はさすがに苦しそうなので、なんとか回数が減っていくといいなと思います。

病院への行き帰りは、いやがって怖がって大騒ぎでしたが、いざ診察台に乗ると、おりこうだったきなこ。
今はすっかり落ち着いて、さっきまでゆずと追いかけっこをしていましたdash

Photo

upwardrightは、ゆずと追いかけっこ中で、目がランランのきなこ

というわけで、普段は元気ですので、ご心配なくhappy01

Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

「コスモス」

Photo_2 


「コスモス」

いつか
桜の花のことを
春コスモスと
呼ばせてみたい

じぶんが
秋桜と
呼ばれるように

秋の風に吹かれながら
コスモスは
ときどき そう思う

               こっとんの葉ノートより

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

今、あちこちでコスモスが淡い色の花を風に揺らしています。
日本の秋の風景に欠かせないコスモスが、実はメキシコ原産の外来種だと知ったのは、いつのころだったでしょう。
控えめな雰囲気が、とても日本的に感じていたので、驚きました。
でも、地球の裏側からはるばる渡って来て、いまでは秋の花の代表格になっているのは、はかなげな姿とは違い、どんなところでも生き抜けるしたたかさがあったからでしょう。
そこがまた、この花の魅力のひとつなのかもしれませんshine

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

「小さな詩集」3号

参加している詩の同人誌「小さな詩集」の3号が、先月発行されましたpencil

Photo_2

今回は『博物誌』のような詩を、というテーマ特集。
『博物誌』とは、フランス人作家ジュール・ルナール(1864-1910)が書いた動物に関する短文や詩を一冊にまとめたものですbook
生き物たちをユニークな視点で見つめ表現した、詩の原点のような作品が詰まっています。
http://www.shinchosha.co.jp/book/206701/

これにならい、「小さな詩集」3号にも、生き物を題材にした詩が勢ぞろいしていますchickdog
同じテーマでも、描き方はそれぞれ。
こういう見方、感じ方もあるんだな、と気付ける、面白い一冊になっています。
もともと生き物が好きな私も、楽しく書くことができましたhappy01

今回書いた短い詩をひとつ…。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
  「うさぎ」

か弱きものの
ほこりをこめて
しなやかにのばす
草原のピースサイン

Photo_2

                   「小さな詩集」3号より

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

オコジョの夏冬(パステル)

そろそろ初雪の便りがあちこちから届き出しました。
山も雪化粧をし始める頃ですsnow
今年も厳しくて長い、山の冬が始まります。
野生動物達にとっても、最も厳しい季節です。

白銀の世界の中を生き抜く為に、冬になると毛色を白くすることを選んだ生き物達もいます。
オコジョもその一匹です。
私は写真でしかその姿を見たことはありませんが、冬の輝くばかりの白い毛をまとったオコジョに山で出会えたら、さぞかし感動するだろうと思います。

今回、夏毛、冬毛それぞれを、パステル&色鉛筆を使って描いてみました。

Photo_2 

Photo_3


どちらも、バックは槍ヶ岳spadeにしてみました。
特徴を出すのが、なかなか難かしく、反省点もポロポロsweat01

でも、山の風景などを想像しながら描くのはとても楽しかったので、オコジョにはまたチャレンジしたいものですhappy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »