« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

田中一村

金曜日、鹿児島市立美術館で開催中の、「田中一村 新たなる全貌」展を観に行きました。
鹿児島市内へ行くのは、もしかしたら、小学校の修学旅行ぶりだったかもしれません…coldsweats01
新八代から九州新幹線つばめに乗って行ったのですが、わずか40分ほどで鹿児島中央駅へ到着bullettrain
前は八代~鹿児島は2時間以上かかっていたような記憶があるので、まさにあっという間に着いた感じでした。
台風typhoonの影響でしょうか?
走り出した時、空に雲cloudがまるで直線をひいたように浮かんでいて、不思議な光景でした。

Photo

この雲の直線は、鹿児島県内、出水市の先くらいまで続いていました。

田中一村は50歳を過ぎて、千葉から奄美大島に移り住み、そこで亡くなるまで絵を描き続けた画家で、生前はほぼ無名でした。
それが没後、テレビで紹介されブームとも呼べる人気を博します。
私もずい分前に福岡のデパートで開催された「田中一村展」を観に行きましたが、今回は新発見の作品が数多く出展されることと、以前よりも芸術性への考察や調査がすすんでいるということで、ぜひ観たかったのです。

Photo_2

今回は奄美以前の時代に描かれた絵がたくさんあるのが印象的でした。
特に千葉在住時代に描かれた絵が、柔らかくて、温かみがあり、心惹かれました。
奄美で描いた晩年の作品はもちろん素晴らしく、圧倒されますが(特に写真の「アダンの海辺」は感動です)、鬼気迫るものも感じます。
くらべて、千葉のは優しい雰囲気が好きでした。
一人の画家が、模索、苦悩しつつ、自分の道を全うしていく姿が、時代ごとの絵を通して感じられる良い展覧会でしたshine
ぜひ、絵ハガキを親しい人達へのお土産に、と思っていたのに、今回は図録以外は販売されていないとのこと。
ちょっと残念でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

猫三様

猫と暮らしていると、時々、妙に人間くさい表情やしぐさに気付いて笑ってしまうことがありますcoldsweats01
先日も、ふと視線を感じて振り返ると、きなこと目が合いましたeye

Kinako

なんだか観察されていたみたいで、ドキリしましたsweat01
きなこは時々、すごく人間っぽい顔に見えることがあります。

窓の外を見ていたゆずが、何かに驚きこのポーズ。

Photo

外を歩いていた猫に反応したようですが、驚きが伝わってくる姿にこれまた笑えましたhappy01

楓は先日、ぬいぐるみの一員に…。

Photo_2

我が家のぬいぐるみコーナーに、溶け込んでいましたcute

少々落ち込んでいたり、疲れていても、猫たちの自然体な姿と、なにより、こちらに寄せてくれる信頼に、元気づけられる毎日ですclover

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

吉兆?

今朝から、網戸にけっこう立派なコガネグモがとまっています。
実は、たいていの生き物なら好きな私ですが、子供の頃からクモは苦手です。
昔は小さなハエトリグモにさえ震え上がっていましたが、今は小さいのならだいじょうぶ。
ですが…、やはりそれ以上の大きさとなると怖くて、近くでは見ることができません。
それが、今、網戸につかまって、しっかりこちらにお腹の模様を見せているではありませんかwobbly

Photo

一応、証拠写真camera
でも、やっぱり怖いので、遠めに写してみました。
真ん中より少し左上。わかるでしょうか?
足まで入れると体長は5cmほどになります。

普段なら、できればベランダから移動して欲しいと思うのですが、今回はちょっと嬉しいのです。
というのも、つい先日完成した童話に、まさにコガネグモを登場させていたからです。
しかも、重要な役どころsecret
その原稿を某所に発送したのがきのうpostoffice
その翌朝に、今までベランダでは一度も見かけたことがない立派なコガネグモが訪ねてくるなんて、これは、吉兆かも!shineと、思った次第。
結果がわかるのは当分先でしょうが、いずれいい知らせが届くといいな…と思います。
だから、コガネグモ氏にはいたいだけいてもらおうかとcoldsweats01

ちなみに、九州には(西日本全域に)アシダカグモという家の中で暮らす大きなクモがいます。
大物になると、足も入れて直径10cm以上のものも!
子供の頃は、家の中でよく遭遇していて、その度にしばらくその場所へは近づけなかったものです。
とはいえ、クモは悪さをするわけでもなく、人に危害を加えるわけでも(毒があるクモがもしいたら怖いですが)ありません。
だから、家の中からは出てもらう時がありますが、決して殺したりはしません。
それどころか、うちの実家のあたりでは、大きなクモを“コブ”と呼ぶ習慣があり、だから、夜のクモは「ヨルコブ」が転じて「ヨロコブ」→「喜ぶ」ということで縁起がいいと祖母はいつも言っていました。

さて、うちに現れた、コガネグモ氏、幸運を呼んでくれるといいなあ。
気長に、諦めずに次の作品を書きながら待ちたいと思いますpencil

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

槍ヶ岳を想う

少し前に、NHKで深夜に放送されていた、北アルプスや上高地の映像を録画して、時々観ています。
学生時代、ワンダーフォーゲル部に入っていて、夏には北アルプスで合宿をしました。
映し出される山々、特に実際に登った場所が映ったりすると、当時の思い出が蘇ってきて懐かしさがこみあげますconfident

北アルプスの山の中で、特に思い入れのあるのが、槍ヶ岳です。
私は北アルプス縦走を2回したのですが、1年の時は、富山県側から入り、槍ヶ岳を越えて上高地へ降りるというルートでした。
このルートの、最大の目標が槍ヶ岳spade
入山した頃は天気が悪く、来る日も来る日も雨とガス(霧)の中mist
まわりの景色を楽しむどころではありませんでしたsweat02
それゆえに、なおさら、槍ヶ岳を早くこの目で見てみたい! という想いが募り、何日も過ぎた頃に、ようやくはるか彼方にとがった槍の穂先が見えた時の感動は、今でも忘れられませんshine
あの頃に、さまざまな想いを分かち合った仲間たちは、今もかけがえのない友です。

膝を痛めて、本格的な登山はもうできませんが、遠くからでも槍ヶ岳が見える場所には、機会があればこれからも行きたいと思っています。
ちなみに、長野県の松本駅からは、晴れて見通しのいい日には、遠くに槍ヶ岳が見えます。
帰路、ここで槍ヶ岳の姿を見ると、なんもいえない切なさと懐かしさがこみ上げます。
そうして、また、必ず再会しに来るぞ、と思うのです。

Photo

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

まぼろしの爆心地を歩く

先週の土曜日、「幻の爆心地をたずねて」というさるくツアーに参加して来ましたshoe
長崎に落とされた原子爆弾の、最初の目標都市が福岡県の小倉だったことをご存知の方は多いでしょうが、長崎市の中でも本来の目標地点というのは、浦上地区ではなく違った場所でした。
そこが当日は雲に覆われていて、上空から見えなかった為に、現在の場所に投下されたのです。

Photo_5   

↑は、米軍が使っていた航空写真地図(復元)です。
白い線が交わっているところが、本来の投下目標地点。
説明するガイドさんの背中側には、市内中心部を流れる中島川(有名な眼鏡橋も架かっている川です)が流れています。
ここから現在の爆心地までは、3.4kmほど離れています。
米軍が想定していた原爆の有効破壊半径、2.3km円内に、県庁、市役所、駅、繁華街が現在もあります。
長崎の都市機能の完全な破壊が目的だったことがよくわかります。
今も昔も、最も人が集中する地区ですから、もしここに落とされていたら、更に大きな被害が出ていたことでしょう。
一般人が多くいようがいまいが、最も効果的な場所を狙う…。
戦争というものの、容赦の無さを、改めて突きつけられた思いがしました。
それと同時に、実際の爆心地になってしまった、浦上地区の悲運も感じずにはいられませんでした。

今回は、原爆の2次災害と言われる、火災が広がった道筋もたどりました。
ゴールは、当時、市内で最大の救護所として使われた、小学校(当時は国民学校)の跡地。(今は市立図書館になっています)
そこで解散となりました。

Photo_6

↑その小学校に、戦時中もあった二宮金次郎像。この像も被爆遺構ということになります。
すっかり変わってしまったあたりの景色を見ながら、金次郎像は何を思っているのでしょう。

今回、実際に火が燃え広がった経路に沿って歩いたり、本来の投下予定地点を確認したりと、自分の足で歩き、目で見れたのはとても良い体験でした。
わずかですが、当時のままのものが残っていることも知りました。(石垣や建物など)
現地を実際に訪ねることの大切を感じましたconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

秋の桜

今日、散歩の途中でカラスウリを見かけました。

Photo

夕日色の実が、秋に似合うなあ…、なんて思いながら歩いていたら、なんと桜が!eye

Photo_2

Photo_3

よく見ると、けっこうな数の花が咲いていました。
そういえば、季節はずれの桜のニュースを最近もテレビで見ました。
あわてものの桜が、あちこちにいるようですねcoldsweats01

このことを書こうとして、最初、秋桜、という題名にしました。
が、考えてみたら、「秋桜」といえばコスモスのこと…。
もしかしたら、いまが盛りのコスモスに負けじと、春の桜も咲いてみたのかもしれませんcherryblossom

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

早朝の雲

今日は用事があって、いつもより早起きをしました。
早朝の空は、優しい表情をしていますshine
窓を開けると、ひんやりとした空気が部屋に入ってきました。

Photo

すじ雲というのでしょうか?
筆で柔らかに線を引いたような雲が、ゆっくりと西から東へ流れていっていました。
やっぱり早起きは気持ちがいいですねconfident
清々しい気持ちで、一日を始めることができました。

Photo_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

「かなぶんの握手」

Photo_2

「かなぶんの握手」

ビルの谷間で
ひっくり返っていた
かなぶんに
指を近づけたら
思いがけず強く
体中で
しがみついてきた

広い海で
一本のワラを見つけたように
ぎゅうっと
私の指を
抱きしめた

何のためらいも無く
何のかけひきも無く
私の心を
握りしめてきた

照りつける日差しの下
人とコンクリートの渦の中で
ひとり
溺れかけていた

金緑色のかなぶんの
握手に救われたのは
ほんとうは
私の方

                  詩集『森のたまご』より

Photo_3

先日、マンションの廊下で、カナブンを見つけました。
拾い上げると、しっかりと私の指にしがみついて来ました。
その感触に、かつて書いた詩を思い出した次第confident

女性は虫が苦手な人が多いですが、私は一部を除いて全く平気scissors
むしろ好きな方かもしれません。
特に、子供のころからなじみ深い虫は、懐かしさも重なって、出会うと嬉しくなるほどですnote
カナブンもそんな虫の一匹で、夏の夜によく部屋に飛び込んで来ていたのを捕まえて、飼ったりしていました。
だから今でも見かけると(カナブンはよく歩道でひっくり返ったりしているのです)、迷わず指を伸ばしてつかまらせ、近くの木に放してやります。
以前、バスの中にいるのを見つけ、捕まえて一緒に降り、近くの植え込みに放したこともありました。
バスを降りるまでの間、カナブンは私の手の中でおとなしくしていて、まるで一緒に旅をしているような気がしてきて、楽しかった記憶がありますbus
今回のカナブンは、ヤマボウシの枝につかまらせたら、羽を広げて元気に秋空の中へ飛び出していきましたdiamond

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

秋の動物(パステル)

秋は動物たちが冬に向けて、活発に活動する時期です。
きっと森の中でも、動物達が冬支度を始めている頃でしょうmaple

秋の森と動物のイメージでパステル画をいくつか描きましたart
細かい部分は色鉛筆も使っています。

2_2 
リスをモチーフに。
一応、ドングリ持ってますhappy01

友人のもぐらさんが先日リクエストくださった動物の中から…。
ヤマネです。

Photo_5 

モモンガを描こうと思いましたがなかなかうまく描けず、急遽ヤマネに変更sweat01
ヤマネは背中の黒い筋が特徴です。
冬にはピンポン玉みたいに丸まって冬眠する、愛らしくて興味深い動物です。
私の童話にも登場させたことがありますbook

最後は鹿。

Photo_6

ポイントはきのこsign02ですcatface

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2010年10月 5日 (火)

涼しくなったので(^^)

猫たちがcat丸くなりだしましたfullmoon
仰向け寝ばっかりだったきなこも、

Photo

かっちり丸まっていますeye
楓(ふう)はなぜか、この場所が大好き。

Photo_2
何かに囲まれていると、安心するのでしょうconfident
ゆずは猫用ベッドをひとりじめ…sleepy

Photo_3

とはいえ、これを書きながら、ふと横を見ると…。

Photo   

ゆずがこんなになってましたcoldsweats01

でもいずれ、もっと冷えてきたら、ホットカーペットの上に3匹が集合することでしょう。
ホットカーペの上で、猫達とまったり…catface
それもまた、寒い季節の楽しみでありますapple

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

常連&新顔さん

近所の川には鳥もたくさんいますdiamond

この日は、前日に雨が降ったあとだったので、カモたちも気持ち良さそうに日光浴中でした。

Photo_11

セキレイもよく見かける鳥です。
小さいし、よく動き回っているので、今まで写真を撮ったことはありませんでしたが、今回写してみました。
腰の部分の黄色が特徴の、キセキレイですchick

Photo_7

大きさはスズメくらい。
ちなみに、黄色い部分が白の、ハクセキレイもよく見かけます。
他にもサギ類はよくいますし、先日写した、カワセミも棲んでいます。
そして、最近、見かけるようになった鳥もeye

Photo

スズメを一回り大きくしたくらいで、サギと比べると、こんな感じです。(水面に映ったサギの影の頭付近にいます)

Photo_2

Photo_3 

図鑑やネットで調べてみましたがeyeglass、イソシギではないかと思います。
もしかしたら、前からいたのに、私が気づいていなかっただけかもしれませんが、初めての生き物を見つけると、また嬉しいものですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »