« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

勝手に顔見知り

日中はまだ半袖でもいいくらいですが、朝夕はめっきり涼しくなりました。
秋は確実に深まっていっています。
先日、歩いて外出したら、また、いつものスッポン君がひなたぼっこをしていました。

Photo

夜の間に冷えた体を、温めているのでしょうか?
甲羅がつやつやとしています。
ちゃんと元気にしている姿を見ると、ホッとしますclover

川沿いには、近所の人達がいろんな植物を植えておられます。
今は白い花が綺麗に咲いています。
調べたら、タマスダレという名前とわかりました。面白い名前ですねhappy01

Photo_2

子供の頃に住んでいた家の生垣の根もとにも、この花がよく咲いていたので、見ると懐かしさを感じます。
秋の日ざしに、白が輝いていました。
ミントの花では、何羽ものセセリチョウ(イチモンジセセリ)がさかんに蜜を吸っていました。

Photo_8

地味なチョウですが、よく見るとつぶらな瞳がキュートですshine

Photo_3

葛の花も今が盛りと咲き、あたりに甘い香りを漂わせています。

帰路にはスッポン君、水中にいました。
そろそろ水も冷たいんじゃないかな?

Photo_4

何度も見かけるので、もうこちらは勝手に顔見知りの気分happy01

秋が終わる頃には、亀は冬眠に入りsleepy、しばらく見かけることもなくなります。
しっかり食べて、体力付けて、冬を乗り切って欲しいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

「タイムマシン」

Photo

   「タイムマシン」

星空はタイムマシン
見あげればいつも
何万年、何億年前の
光に満ちている

宇宙の果てまで見える
望遠鏡があったなら
遠い星に照らされた
惑星の上の
いのちも見えるだろうか

いつか
何億光年も離れた所から
何億年も後に
今の私を
見つけてくれる誰かが
いるかもしれない

星空の
タイムマシンの向こうで…

                   詩集『森のたまご』より

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:

いくつの頃だったでしょうか。
今、自分が見ている星の光が、何千年、何万年も前の光なのだと知ったのは。
はるかな過去の光を見ているのだということが、とても不思議で、感動的でした。
もともと好きだった星空が、もっと好きになりました。

中学のころには、天文学者に憧れて、毎晩、縁側で星を見上げていました。
毎日、星の詩ばかりも書いていました。
今読むと、詩ともいえないものばかりなのですが…sweat01
それほど好きだったのです。

今も、星を見ると、気持ちが落ち着きます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

「エノコログサ」

   「エノコログサ」

猫と遊ぶのも
楽しいけれど
風のおしゃべりを
聞くのが
いちばん好き

きょうも
エノコログサは
風のはなしに
うれしげに
うなずいている

いつかじぶんも
旅に出る日を
夢みながら
               
            (エノコログサ・別名ネコジャラシ)
                こっとんの葉ノートより    

Photo_3 

先日書いた詩に合わせて、パステル画を描いてみました。
今、道端のいたるところで、ネコジャラシが揺れています。
愛嬌のある姿で、いつも和ませてくれますshine

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

川辺の宝石

朝から降っていた雨がやんだのを見計らって、歩いて買い物に出ました。
いつもの川辺を、いつものスッポン君を探しながら歩いていたら、キラリと光る鳥を発見diamond
カワセミでしたsign01
この川でカワセミが飛ぶのは何度も見たことがありますが、いつも一瞬目の端をかすめていくばかり。一度も写真を撮れたことはありませんでした。
でも今日は、川中の石の上で一休みしていたので、初めて写す事ができましたcamera

Photo

かなり離れた場所にいたので、これでも最大限ズーム。
画像も粗くなりましたが、一応確認できるかと…sweat01
日の光に羽がきらめき、まさに、「川(水辺、渓流)の宝石」と呼ばれるにふさわしい美しさでした。

帰路には、葛の花が咲いていました。

Photo_3

葛の花は姿が見えていなくても、咲いているとすぐにわかります。
爽やかな甘い香りがあたりに漂っているからです。
マメ科の植物はいい香りのする花を咲かせるものが多いような気がします。

Photo_4

行きにカワセミを見かけた川辺では、一箇所に何羽ものアゲハチョウが集まって水を飲んでいました。
水たまりはあちこちあるのに、そこにばかり集まっています。
なにかそこだけ、おいしい味がするのでしょうか?

雨あがりの蒸し暑さに、歩いて行くか迷いましたが、カワセミに出会えたり、面白い光景にも遭遇でき、汗だくにはなりましたが、やはり歩きにして良かったと思った次第ですshoehappy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

パステル画・その2♪

先日紹介したパステル画ですが、あれからも、ほぼ1日に1枚のペースで、描いていますhappy01
描くのはいつも夜moon3
夕飯の後片づけが終わってから、お風呂に入るまでの時間を使っています。
なんとなく、そうやって絵に集中する時間を夜に持つと、1日が気持ち良くリセットされる気がして…。
でも、ちょっと凝ったのを描いたりすると、1時間以上あっという間に経って、お風呂の時間が遅くなってしまうのが、たまにキズですがsweat01

試行錯誤しながら描いたうちの何枚かですart

2

Photo_4 

なにこれ、ウサギばっかり! と言われそうなので、それ以外のも2枚aries cat

Photo_3 

Photo_4

これからもぼちぼちと続けながら、時々ご紹介できれば、と思いますsnail

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

夏空にサヨナラ

ようやく連日の熱帯夜から解放され、ホッとしています。

日曜日のことです。
買い物先で車に乗り込もうとしたら、面白い形の空の雲が目に入り、思わず写真を撮りましたcloud

Photo

ちょっとひいて撮るとこんな感じ。

Photo_2

なんだか、空から入道雲が「サヨナラ~」、と、手を振ってpaper挨拶をしているように見えました。(夫は、ガッツポーズをしているロボットに見えると言っていましたがcoldsweats01
暑かった今年の夏も、ようやく終わろうとしています。
今日はそれなりに気温は上がったものの、風がさらりとして爽やかでした。

散歩でも、小さなミノムシが揺れているのを見かけました。
写真を撮ろうとしたら、出していた顔を引っこめてしまいました。

Photo_3

秋の恥ずかしがりやくんも、そろそろ出番ですmaple

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

1年前の自分から

きのう、外出先から帰宅すると、郵便受けに、私あての絵手紙が届いていましたpostoffice
見ると、水彩色鉛筆を使って描いたらしい絵が…。
絵手紙なんて誰からだろう? と思って差出人の名前を見たら…。
私自身でしたcoldsweats01

ちょうど1年前のことです。
由布院へ旅行しました。
由布院に行った時に、よく立ち寄るのが、由布院美術館です。

Photo_2

自然に溶け込んだ建物のデザインも好きですし、常設展示されている、詩人で画家の佐藤渓の作品の、独特の雰囲気の中にも引き込まれます。
時間がゆっくりと流れているようで、ついつい長居してしまう場所です。
2階へ上がると、由布岳を見渡せる広い窓がある部屋に、机と椅子、水彩色鉛筆に筆、そしてハガキが置いてありました。
次の年の配達希望日に絵手紙を配達してくれる、タイムスリップ アートメールというものでした。
そこで、1年後の自分宛に書いた絵手紙が、きのう、ちゃんと届いたというわけです。
自分でもすっかり忘れていた、1年前の自分からの便りにびっくりするやらeye嬉しいやらnotes照れ臭いやらsweat01
ともかく、1年後、こうして元気に受け取れたことに、感謝shineです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

「いのちのダンス」

Photo

  「いのちのダンス」

アゲハ蝶が二匹
寄りそいながら
飛んでいく

短い時の中で
一度きりの夏の中で
よく出会ったね
やっと出会えたね
喜びが
羽のうえで はじける

セミたちの歌を
BGMに
木もれ日を
スポットライトに
二匹は踊る
風の中を
舞い続ける

夏の終わりの
いのちのダンス

         『子どものための少年詩集2007』より

Photo_2

この時期は、セミの亡骸や、2匹で舞い飛ぶ蝶やトンボをよく目にします。
台風が過ぎても蒸し暑さは相変わらずですが、虫たちにとっては確実に季節が流れていっているようです。
暑さが終わるのはうれしいけれど、夏が終わってしまうのも少しさびしいと思う、複雑な気分の今日このごろですthink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

パステル画

下手の横好きで、絵を描くのが好きです。
時々、思い出したように、落書きのような絵を描いたりしています。
主に色鉛筆を使って描いていますが、ほのぼのとした優しいパステル画も好きで、自分でも描いてみたいと、ずい分前(多分、10年以上前)に48色のパステルを買いました。
でも使い方がわからず、長いこと引き出しの肥やしに…coldsweats02
それがこの夏、カルチャーセンターで7月から9月まで、月1回の計3回、パステルアートを教えてくれる講座を見つけ、思い切って受講してみました。

先週の土曜日で全3回が終了したのですが、毎回、童心にかえって絵を描くことができました。
ここの講座で教えてくれるのは、パステルをカッターナイフで削って粉にして、指先や綿棒で塗っていくという手法で、細かい部分は型などを使って描いていきます。
7月の第1回目に、先生のお手本を参考に描いたのが、この2枚ですart

Photo

初めてでもそれなりに描ける手軽さが楽しいsign03
2回目はこの2枚downwardright

2

左のは葉書サイズで、先生が持ち帰ってコピーして、絵葉書を作ってきて下さいましたpostoffice
右はあぶく。あぶくの球体感を出すのは、なかなか難しかったです…sweat02
そして下のが、最終回で描いた1枚です。光を表現する技法を教わりました。

3

3回の講座はあっという間でしたが、その中で、基本的な技法を教わることができました。

それできのうさっそく、自分で作った型を使って、オリジナルの作品を描いてみました。
宝の持ち腐れになっていたパステルが、ようやく活躍diamond

4

葉書サイズのを2枚、ちょっとずつ変えて描いてみました。
それからこちらが、今日描いた最新作happy01

Photo_2

ちょっと早目の秋のイメージで、大好きなウサギをモチーフに描きましたmaple
色を選んだり、構図を考えたりする時間も楽しく、これからもいろいろと工夫して、少しずつ描いていってみようと思いました。

絵を描いていると、2、3時間はまたたく間にたってしまいます。
自分でも驚く集中力!
詩や童話創作の方でも、この集中力が出て欲しいものです…pencil
とはいえ、飽きっぽい性格ゆえ、いつまで続くことやら、なのですが…sweat01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

ひさびさに目撃♪

このところの暑さに負けて、外出時はバスbusを利用することが多かったのですが、今日は歩いて出ましたshoe
少し早目に出て、いつもの川沿いの道を歩いていると、梅雨の中休みに見かけたスッポンを、ひさびさに目撃sign01eye
前に見かけた場所のすぐ近くなので、同じスッポンと考えて良さそうです。
Photo
今日はのんびりと頭まで水につかって、気持ち良さそうcancer
汗をふきふき歩いていた身にはなんとも羨ましいかぎりでした。

帰りも歩いたのですが、荷物の重さも相まって、さすがに途中でバテ、日陰を見つけて一休みしました。
荷物を置いた石塀には、小指のツメよりも小さなカタツムリがくっついていましたsnail
暑いうえに、雨も少なく、この夏はカタツムリにとってもさぞ大変なことでしょう。

Photo_3

それでも、小さな体でしっかり生き抜いていることに、共感しました。
川沿いでは、スズメたちも、木陰で休憩中happy01

Photo_4

猛暑を耐えているのは、人間ばかりではありませんsweat01
こうして近くで、いろんな生き物たちが共に生きていてくれることを知るだけで、私は嬉しくなりますdiamond

最近は、生物多様性の大事さも注目されてきましたが、ほんとうに、様々な種の生き物が生きていてこそ、地球は素晴らしいのだと思います。
もし人間しか住んでいない町があったりしたら…と、考えるだけでもゾッとしますsweat02
同様に、人間も、多様な人がいた方が、ずっとみんなが生きやすくなります。
様々な人々と様々な生き物。
排除し合うのではなく、認め合う世界であって欲しいものですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »