« 巣立ち目指して | トップページ | 夏空の下 »

2010年7月29日 (木)

「百日草」

Photo

  「百日草」

百日草が咲いた
人知れず
ひっそりと そしてしたたかに
激しい雨が
花びらを 葉をたたいた
強い日差しが
じりじりと照らした
時には
てんとう虫が
その上でひととき
休んだりもした

青かった花びらは
日ごとに赤く染まった

百日草は咲いている
風に揺れながら
ひっそりと
だけど したたかに
息をしている……

                     詩集『森のたまご』より

Photo_2

子供の頃住んでいた家の庭には、夏になるといつも、さまざまな色の百日草が咲いていました。
祖母が植えてくれていたものです。
百日草は名前のとおり、花が長い期間咲いています。
最初は薄い緑色で開き、それが次第に色づき、やがて色あせ、それでも花としての形をギリギリまで保って咲いています。
はらはらと可憐に散る花が好きな人にとっては、しぶとい花に見えるのでしょう。
実際、『赤毛のアン』の続編の中で、アンは百日草が嫌い、というような一文が出てきます。
これを読んだ時は、「あらら…」と、百日草が気の毒に思えたものです。
私は百日草が好きです。
子供がよく絵に描くような、これぞ「花」 というような素朴な形と、色あせても咲き続ける強さが。
かつては、詩を書く時のペンネームにしていたこともありました。
最近はジニアという、西洋の名前でも呼ばれているようですが、私は百日草という名前の方が気に入っています。

夏を感じさせてくれる花は、いくつもありますが、私にとって百日草もまちがいなくそのひとつです。
この夏も猛暑に負けず、百日草はたくましく咲いています

Photo_3

|

« 巣立ち目指して | トップページ | 夏空の下 »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ひっそりと、したたかに・・・
なるほど、たしかにそうですね
そう聞くと私も百日草が好きになりそうです。
アンと同じように私もあまり好きではありませんでした
「あっ!開いた!」という感じでなく、いつの間にか咲いていてなんだかいつまでも咲いてるって気がして、いまひとつ可愛くない(ごめん)
だけど夏の花って、ひまわり(種をつけたまますっくと立ったまま朽ちます)などけっこう、たくましいですよね。
この暑さは植物も、たくましくなければ生きていけないんでしょうね
明日も暑くなりそうですねガンバー

投稿: ひさちゃん | 2010年7月29日 (木) 23時49分

>ひさちゃんさん
花の咲き方、散り方っていろんなのがあって、それぞれいいですね
数時間や1日だけ咲いて散っていく花も、その瞬間の美しさが好きです
今朝もセミの声がにぎやかです。
ほんと、暑くなりそうですね
たくましく過ごしましょう

投稿: りとるこっとん | 2010年7月30日 (金) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「百日草」:

« 巣立ち目指して | トップページ | 夏空の下 »