« 「朝焼け 夕焼け」 | トップページ | 空渡る龍? »

2010年7月20日 (火)

夏到来

ついに、梅雨が明けましたsun
とたんに夏日が続いています。
うちの近所でも、セミの抜け殻を見かけるようなりました。

Photo_3

セミは短命のイメージですが、実は昆虫の中では群を抜いて長生きです。
なにしろ、幼虫時代は土の中で、何年も生き続けるのですから。
長いのになると、17年間も土の中で暮らす種類もいるくらいです。
地上に出てからは10日~20日ほどといわれています。
地中で過ごす長さに比べれば、あまりに短い地上の時間。
いったいどんな時計watchが、セミの体の中で動いているのかな、と思います。

セミの鳴き声は、まさに夏の象徴sports
みなさんはどのセミの鳴き声が、印象深いですか?
私はヒグラシとツクツクボーシが鳴いていると、何をしていても、たいてい手を止めて耳を澄ませてしまいます。
ヒグラシは名前のとおり、夕暮れに「カナカナカナ」と、もの悲しくも聞こえる声で鳴くイメージですが、明け方にも鳴きます。
夏の夜明けに聞く、カナカナの鳴き声は、ひんやりとした早朝の空気のように爽やかですdiamond
一方、ツクツクボーシは、子供の頃から特に印象深いセミの声で、この鳴き声を聞くと、「ああ、夏休みも終わりなんだなあ…」と寂しい気持ちになったものです。
今は夏休みはありませんが、それでもこの声を聞くと、心の隅の方がキュッと切なくなるのは、子供の頃の印象が強く胸にきざまれているからでしょうかconfident

Photo

|

« 「朝焼け 夕焼け」 | トップページ | 空渡る龍? »

生き物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

梅雨が明けたとたんにスッパリと夏になりましたねsun
セミ、我が家のあたりでも、うるさいくらいに鳴いてますよclub
もう20年以上前、住んでいた社宅のまわりは栗の木などたくさんの木があって、話し声が聞き取れないほどたくさんのセミが鳴いていました。まさに“せみしぐれ”sign03
子供たちはみんな虫かごと虫網をもってかけまわります。
その当時3歳だった我が息子、一匹も捕まえることができなくて、虫かごには抜け殻がひとつだけcoldsweats01
それでも嬉しそうに汗だくで帰ってきました。
そんな夏もあったなあ~confidentsportsせみしぐれはあの頃を懐かしく思い出させてくれますchick

投稿: ひさちゃん | 2010年7月20日 (火) 23時55分

>ひさちゃんさん
息子さんのエピソード、可愛いですねshine
虫かごの中に、ひとつだけ転がってるセミの抜け殻が目に浮かびましたeye
一匹も捕まえられなくて、せめて抜け殻でも…と幼心に思われたのでしょうね。
セミって、声はすれども姿は見えず、で、たまに姿を確認できると、私は今も嬉しくなってしまいますhappy01

投稿: りとるこっとん | 2010年7月21日 (水) 07時29分

蝉は土の中で17年間も生きているなんて知らなかったです。地上に出てからは10日から20日というのは本当にはかないですねclub
10代まではツクツクボウシの鳴き声を聞くと夏休みの終わりを感じてさびしくなりましたが、今の私は・・・・秋の始まりを感じて、涼しさも覚えて少し希望diamondを感じます。
けれども夏の終わりの寂しさはずっと感じるんだろうなぁspadeと思います。
暑い夏。だるい夏。センチメンタルになる夏。高校野球の夏。亡くなった大好きなおじいちゃんを思い出す夏。
夏休み、海水浴、花火大会、お盆・・・いろんな思い出が詰まっている夏sun

投稿: のら吉 | 2010年7月22日 (木) 09時14分

>のら吉さん
17年ゼミという種類のがいて(アメリカのセミです)、17年ごとに大発生するんですよ。
町中がセミだらけの映像をテレビで観たことがありますが、すごかったですsweat01
子供の頃の夏って、時間がゆっくり流れていた気がしますねsnail
一番思い出がたくさん残っている季節かもしれませんshine

投稿: りとるこっとん | 2010年7月22日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/48920407

この記事へのトラックバック一覧です: 夏到来:

« 「朝焼け 夕焼け」 | トップページ | 空渡る龍? »