« 「ツバメ」 | トップページ | 「バス停で」 »

2010年6月19日 (土)

ゆずの気持ち

Photo_2

ゆずがうちの一員になってから、半年以上が過ぎました
来た当時、おそらく生後半年近かったと思われますので、やっと1歳を越えたくらい。
猫は1年で、人間にすれば20歳くらいになるといわれますので、もう立派な青年猫です(まだまだ性格は子猫のようですが
もともと人懐こい子だったので、すぐにうちに溶け込み、どの猫よりも伸び伸びと暮らしています。
愛嬌たっぷりの甘え上手
家族からもお客さんからも可愛がられる得な性格です

そんなゆずですが、うちに来た当初から、時折、ものすごく寂しげな声で鳴く時があります。
それは押入れの中だったり、納戸の荷物の上によじ登ってだったり、時には空っぽの浴槽の中や、廊下を歩きまわりながらだったりも…。
聞いているこちらまで、胸が締め付けられる声なのです
母猫を探しているのでしょうか?(ゆずは一人っ子でした)
それとも、半年間の野良暮らしの中で、何かひどく辛い経験をしたのでしょうか?
いつも、その鳴き声を聞く度に、ゆずはうちの一員になって本当に幸せなのかな? と、落ち着かない気持ちになってしまいます
こんな時、ゆずが口をきけたならいいのに…、と思います。
いったいどんな気持ちで鳴いているのか、小さな胸の奥の想いを、じっくりと聞いてみたいものです

Photo_3

|

« 「ツバメ」 | トップページ | 「バス停で」 »

」カテゴリの記事

コメント

ゆずちゃん時々悲しい声でないてるなんて切ないですね
でも寝姿を見ると幸せそうです


投稿: のら | 2010年6月20日 (日) 11時49分

>のらさん
そうなんです
お腹を出して、安心しきって寝ている姿を見ると、こちらもホッとしますし癒されます

投稿: りとるこっとん | 2010年6月20日 (日) 12時50分

ゆずちゃんの寝顔可愛いですね

つい最近ですが娘宅に、犬(ミニチュアダックスフンド♀生後2ヶ月)が仲間入りしました。ココと名前をつけて2人で夢中になっていてココ中心の日々です。
私と夫は動物は可愛いから好きですが触るのは苦手です。でも、一昨日恐る恐る抱っこしてみました~
温かい~!心臓の鼓動伝わるくらい小さくて食べたばかりのおなかはゴロゴロ鳴っています。尻尾を振りながら大きな目でこちらをみあげ信頼しきったように、全身を預けています
いっぺんで参りました
ココ目当てに娘宅訪問が増えそうですでも、さすがにまだココの気持ちはわかりません

投稿: ひさちゃん | 2010年6月22日 (火) 14時23分

>ひさちゃんさん
わあ~、娘さん、わんこを飼われたんですね
まだ生後2ヶ月だし、それはそれは可愛いことでしょう
ひさちゃんさんがメロメロになってる姿が目に浮かびます
哺乳類って、抱いた時の温かさに、癒されるんですよねえ。
私もいつか、ココちゃんと対面したいです

投稿: りとるこっとん | 2010年6月22日 (火) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆずの気持ち:

« 「ツバメ」 | トップページ | 「バス停で」 »