« 「タンポポをつんで」 | トップページ | 物言わぬ生き証人 »

2010年5月 9日 (日)

水辺の哲学者

Dscn0107

先日、カモの親子を見かけた近所の川で、今日はアオサギを見ました。
この川では水鳥をよく見かけますが、特にアオサギに出会うと、とても得した気持ちになります。
独特の雰囲気を備えた鳥だからです。
友人で、アオサギのことを「じっとしている姿は哲学者のよう」、と言った人がいますが、まったく同感です。
水辺に佇む姿は凛として、孤高の哲学者の風格です。
他にもまぶしい白色が美しい、コサギもいました。
サギほどの大きさの鳥たちが、普通に近くにいることを嬉しく思います。
そうして、かつては、トキもこんな風に身近で見られる鳥だったのだろうな、とも。
いつかトキが日本各地に戻って来てくれる日はくるのでしょうか?
サギ達があたり前のように近くで暮らす風景を大事にしたいものですribbon

Dscn0114

|

« 「タンポポをつんで」 | トップページ | 物言わぬ生き証人 »

散歩」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

うちの家の前に広がるレンゲ畑を今日はお百姓さんが田植えの準備のためにトラクターで耕してました。掘り起された土の中からカエルや虫が出てくるのをアオサギとカラスが競い合うように追いかけてました。
トラクターの後ろをついて回る「哲学者」の微笑ましい光景でしたよ。

投稿: もぐら | 2010年5月 9日 (日) 16時45分

じっとしていれば「哲学者」も、食べ物のこととなると、そうもいかないようですねcoldsweats01

投稿: りとるこっとん | 2010年5月 9日 (日) 18時19分

 うちの家の前の日宇川にもアオサギがいますよ!確かに哲学者っぽいですよね。
 一ケ月前から「キョ・キョ・キョ」と一晩中ゆっくりとなく鳥がいて、鳥に詳しい義兄に携帯電話を通じて、聞いてもらったらヒクイナという珍しい鳥でした! ちなみにこの兄は今月の福音館の「たくさんの ふしぎ ゆかいな聞き耳ずきん」という本を書いているのでよかったら本屋さんで見てください!(宣伝しちゃってごめんなさい)
 そういえば、先日は白鳥が一羽・・・!?すぐに動物園職員風の二人がやってきて捕獲していきました! ハウステンボスからの逃亡の常習犯とのこと。カップルで逃げたのに、捕まって、恋の逃避行は失敗したようです。鳥の世界もいろいろありますね~

投稿: あらいぐま | 2010年5月 9日 (日) 21時43分

>あらいぐまさん
夜中に鳴く鳥って、たしかにいますね。これからは、注意して鳴き方も聞いてみようと思いますear
逃亡常習犯の白鳥がいるんですねsweat01
どこへ行きたかったのかなあ?
お義兄さまの本、チェックしてみますねeye

投稿: りとるこっとん | 2010年5月 9日 (日) 22時10分

アオサギ うちの近くの川にもいますよ。
孤高の哲学者・・・ほんと確かにそんな雰囲気ありますね。
りとるこっとんさん(ひらがなでした。失礼)
のブログに影響されて小さな草花や昆虫、鳥などを愛しむ心が再び芽生えたようです。
おとなになって現実的なことに振り回されて忘れてしまっていました。

このところ暖かくなったので雨が降ると庭の植物にナメクジがつきます。駆除剤をまいておくのですが今朝は見たこともないような小さな赤ちゃんナメクジがひっくり返っていました(。>0<。)生まれたばかりなのに・・とちょっと切なくなりました。
パンジーも守りたいけど赤ちゃんナメクジも
かわいそう・・・こんな気持ち久しぶり。
話がそれてごめんなさいヾ(_ _*)ハンセイ・・・

投稿: ひさちゃん | 2010年5月10日 (月) 23時40分

サギ、大好きheart04です。
初めて見たeyeのは八幡製鉄所のすぐ近くを流れる川でした。
全く自然のないところなのにサギが川を見て佇んでいました。子供心に「きれいな川にしなければ、このかっこいい鳥はいなくなる。」と真剣に思ったのを覚えています。
今では北九州もきれいな川が沢山増えましたが、もっともっと日本だけでなく世界にも沢山きれいな川shineが戻って欲しいなぁclover

投稿: のら | 2010年5月11日 (火) 00時45分

>ひさちゃんさん
小さな植物、動物への思いが復活、という言葉はとても嬉しいですshine
植物を育てていると、どうしても虫は天敵になったりしますよね。そのあたりの折り合い、難しいところですね。

投稿: りとるこっとん | 2010年5月11日 (火) 08時56分

>のらさん
サギって、目を引く鳥ですよねeye
こういう大型の鳥類がどこでも普通に見れる環境が残り続けていって欲しいものですconfident

投稿: りとるこっとん | 2010年5月11日 (火) 09時09分

夜中に、キョキョと鳴く鳥・・
というと、ホトトギスが思い出される私です。
今は、みかん(柑橘類)の花、
”花橘”の香りが漂ってくると、
深呼吸~幸せな気持ちになります。
私みたいなモンにも、
大和の心が受け継がれているんだな~
と思う季節です。
哲学者のサギさんから話が逸れて・・スミマセン!

投稿: Spica | 2010年5月12日 (水) 00時25分

>Spicaさん
みかんの花、いい香りですよね!
この頃、通り過ぎてから、爽やかな香りにハッとして振り返ると、みかんの花が咲いていることが良くありますhappy01

投稿: りとるこっとん | 2010年5月12日 (水) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/48313945

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の哲学者:

« 「タンポポをつんで」 | トップページ | 物言わぬ生き証人 »