« 「猫との関係」 | トップページ | 「虹色の瞳」 »

2010年5月16日 (日)

五月晴れの中をさるく

きのう、友人達と町歩きイベントの「さるく博」に参加して、長崎の町を歩いて来ましたhappy01
(“さるく”とは方言でぶらぶら歩き回る、というような意味)
何度も参加していますが、今回は外国人居留区だったあたりを、そこに住んでいた人達のエピソードを聞きながら歩くというコースでしたshoe

Photo_5

Photo_6

人が生きていれば、その数だけ物語があるもので、悲恋あり家族愛あり、理想や野心、成功もあれば失敗もあり…。
いつの時代も人間は、同じように笑ったり泣いたり悩んだりしながら生きてきたのだなあ、としみじみconfident
長崎は猫が多い町で、歩いていると猫にもよく会いますcat
猫を見るのも、私にとってはさるく楽しみの一つです。

Photo_7

Photo_8

以前、自分で行ったことのある場所でも、ガイドさんの話を聞きながら歩くと、また違った見え方がしてきてとても新鮮です。
今回のお楽しみは“さるき”だけではなく、その後のランチrestaurantもでした。(今回だけでなく、いつも、とも言えますがcoldsweats01
最後はホテルのレストランで、龍馬ブームらしく「お龍さんの初恋ランチ」をおいしくいただき、解散となりました。

Photo_9

気持ちの良い五月晴れの下、目も舌も楽しめた1日でしたnotes

|

« 「猫との関係」 | トップページ | 「虹色の瞳」 »

散歩」カテゴリの記事

コメント

さるくタノシソ&オイシソ~restaurantですね。
私はまだ参加したことないのですが、これを機にsoon
 ところで・・
最近、勝手にロシアheart04の私・・
GWに、稲佐のロシア人墓地に行きました。関係者以外立ち入りbanの札が下がってましたが、ドアが開いたので入ってみました。
美しい静寂の世界にうっとりshine
魅了されて、次の日も・・
母も連れて行ったところ、1時間半ぐらい座り込んでスケッチartしてました。脳の手術かれこれで10年ぶり~ビックリでした。
りとるこっとんさんも、よかったら、こっそりsecret”さるく”なさってください

投稿: Spica | 2010年5月16日 (日) 10時49分

>Spicaさん
稲佐にロシア人墓地があるって知りませんでしたeye
自分でオリジナルさるく、っていうのも楽しそうですねwink

投稿: りとるこっとん | 2010年5月16日 (日) 12時19分

悲恋の哀しすぎる結末・・・weep夜、思い出してちょっと怖かったですcoldsweats02
でも長崎って話題の宝石箱(?パクリ?)ですね!長崎人なのに知らないことがいっぱいあります。こうしていろいろな話を教えてもらってますます長崎が好きheart04になりました。

投稿: ひさちゃん | 2010年5月16日 (日) 15時55分

>ひさちゃんさん
うわ。
悲恋の後日談、忘れていたのに…。
思い出しちゃいましたcoldsweats02
ほんと、長崎はいろんな歴史が詰まってて(まさに宝石箱ring)、知れば知るほど興味深い町ですねgood

投稿: りとるこっとん | 2010年5月16日 (日) 16時10分

悲恋のお話heart03
蚊帳の外から気になります・・・
ところで、今日はひとりさるく
(勝手に出かけただけ)の帰りに、
図書館によって、
まぼろしの犬を、
きちんとご挨拶ができるカワイイお嬢ちゃんが座ってる机の前で読んで・・
予約のbookを取って帰ろう~としたら、
久しくご無沙汰の友人にバッタリgemini
思わず七草小屋のわすれもの(事前に在庫確認してた)をお勧めしました。
きっと彼女もfullfoot満足~
じゃなくて、好きだと思います。
ファンが増えるといいな~
btw,
りとるこっとんさんの他のbook探したんですけど貸し出し中、
怪談は人気があるんですねlovely
あ、まぼろしのdog
戦争を描いた作品集ということで、
緊張してbombbearing読み始めたのですが、
こういう切り口もあるんだ~~
りとるこっとんさんならではの、
優しいお話で嬉しかったです。

投稿: Spica | 2010年5月16日 (日) 17時46分

>Spicaさま
「まぼろしの犬」、読んでくださって、また、「七草小屋のふしぎなわすれもの」をお友達にご紹介もしていただき、ありがとうございますribbon
悲恋sweat02の後日談、お会いした時にでも~happy01

投稿: りとるこっとん | 2010年5月16日 (日) 18時59分

ひさちゃんさんの後姿が写っていますねhappy01
東山手界隈は本当にロマンチックですheart04
ずーっと願っていたら、いつか昔ながらの洋風建築の家に住めるかなぁ・・・・virgo
港が見える芝生の庭にcatがお昼寝していているのを、私は天井の高いリビングでcafeを飲みながらのんびり眺めていたいですcake

投稿: のら | 2010年5月17日 (月) 11時19分

>のらさん
洋館がたくさん残っているのは、嬉しいことですね。
しかも実際に住んでいる人がいるというのも、今回知りましたhouse
のらさんがいつか住めたら、遊びに行きたいなあnotes

投稿: りとるこっとん | 2010年5月17日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558447/48370308

この記事へのトラックバック一覧です: 五月晴れの中をさるく:

« 「猫との関係」 | トップページ | 「虹色の瞳」 »